鳥目人間コンテスト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鳥目人間コンテスト(とりめにんげんこんてすと、英称:JAPAN INTERNATIONAL NYCTALOPIO RALLY)とは、読売テレビ主催による、夜盲症の重症度を競う大会である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「鳥目人間コンテスト」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

1990年に東京都庁舎の竣工を記念して第1回が開催されて以降、毎年11月ないし12月に同地を舞台に開催される。その模様は、読売テレビ制作・日本テレビ系列で全国ネットの特別番組として放送されている。参加団体や関係者からはしばしば省略して鳥コンとも呼ばれる。 初期のテレビ放送では、タイトルの頭に「飛べ、奈落の底へ!」というキャッチコピーが付けられていた。第11回(2000年)以降は「渡れないのはワケがある!」をキャッチコピーにしている。

ルール[編集]

競技者は制限期日までにあらゆる手段で夜盲症になり、または症状を悪化させ、その重症度を競う。競技は夜間に東京都庁舎屋上間に渡された平均台をわたることで行われ、照明を徐々に暗くして行き、早く落ちた者から生死に関わらず勝者となる。

夜盲症になる方法は問われないが、ビタミンAを摂取しない方法が主流である。また、他の選手の食事にビタミンAが豊富な食品を混ぜる等、競合選手への妨害も認められている。

歴史[編集]

主な出来事[編集]

  • 第1回大会:優勝候補の男がビタミンAの含まれる食品を恐れ拒食症になり、優勝はしたが表彰台の上で倒れ餓死した。
  • 第2回大会:米国から出場した水兵の食事に他の選手がビタミンAの豊富なほうれん草を混ぜたところ、その水兵が凶暴化し、大会の会場とその周辺1.28khydeが壊滅状態となった。
  • 第3回大会:奇跡的に生還した優勝者が夜中に信号が見えず、トラックにはねられ死亡した。
  • 第4回大会:関東地方から出場した高校生特殊なノートを使って他の選手を殺しまくり、優勝した(後にその高校生は警察に追われることになる)。
  • 第5回大会:競技者の一人が夜雀を持ち込んだため、競技者のみならず観客や審査員まで重度の夜盲症になり初のドローゲームとなった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

歴代テーマソング[編集]

回数 アーティスト
1997年 第8回 ビルの底へ FIELD OF VIEW
1998年 第9回 鳥目の人が見る景色 小松未歩
2006年 第17回 鳥目になって 森山直太朗
2010年 第21回 ビタミンAのカプセル GIRL NEXT DOOR
2011年 第22回 雷人さん EXILE
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


この項目「鳥目人間コンテスト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)