鳥羽・伏見の戦い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鳥羽伏見の戦い(とばふしみのたたかい)

  1. 戊辰戦争の発端となった戦い。京都で起こった。
  2. 愛知県三重県の間で起こった戦争。本記事で詳述。
Disambiguation
このページは人間の頭がごちゃごちゃになるのを回避するための項目です。この項目を見た場合は、すばやくここからリンクされている別のページに移動した方が、頭のためになります。ここへリンクしているページがありましたら、他の人の頭をショートさせないためにも、ここから案内される各々のページへリンク変更をしてください。

開戦前[編集]

愛知県は紀伊半島の東の付け根に位置する県なので、三重県奈良県滋賀県京都市との繋がりが深いが、20世紀以降、三重県はクレヨンしんちゃんを起用した大胆な観光客招致を繰り広げた。三重県の伊勢市鳥羽市志摩市周辺は一大観光地として発展し、これによって三重県の財政は大いに潤うこととなった。

愛知県は観光客を奪還するために、まず国家予算3年分を投じて卜ヨ夕自動車を招致した。卜ヨ夕自動車は、名古屋市豊田市を中心に次々と事業を展開し、ミッドランドスクエアなどの観光スポットを生み出した。しかし卜ヨ夕の本業である自動車の一大イベントF1の開催地は、ホンダの地盤である三重県の鈴鹿市である。そのため、卜ヨ夕の最大の見せ場は三重県になってしまったのである。巨額の予算を投じて卜ヨ夕自動車を誘致しながら、計画倒れとなった愛知県民の怒りは、徐々に三重県に向けられるようになったのである。

発端[編集]

愛知県の大スター宮地佑紀生が、三重県鳥羽市の観光PRキャンペーンに抜擢された。三重県側は宮地に対して秘密裏に交渉を進めていたが、有力政治家の河村たかしがこれを暴露、三重県側に対して公式な謝罪を要求した。それに対して三重県の有力政治家岡田克也が、「河村たかしは三重県に本部を置く民主党の一味だ」と応酬した。このやりとりで両国関係は急速に悪化した。

2006年、三重県のやり方に反感を持った愛知県の極右少年が、三重県鳥羽市で、当地の至宝とされるミキモト真珠に向けて発砲。鳥羽市長の御木本幸吉がこれに激怒し、愛知県に対して戦闘準備を始めた。これを察知した愛知県側は、鳥羽市の真珠島の船着場に爆撃を行った(真珠湾攻撃)。こうして両国は戦闘に入った。最初の戦闘を鳥羽の戦いともいう。

経過[編集]

三重軍は伊勢神宮のご神託を得て神風特別攻撃隊を組織し、決死の戦闘を展開。拝金教の卜ヨ夕自動車は早々に見切りをつけて、愛知軍に対して一切の支援をしないことを決定。四日市市の守護神キユも参戦した三重軍の一方的な展開となった。

三重軍は、愛知県の首都名古屋市に攻め込むと、聖地ナゴヤ球場の攻略を目指した。これに対して、一時亡命中だった星野仙一が名古屋市内で参戦。落合博満との統一戦線を敷いた。さらに大砲Nori-99を導入し、三重軍の侵攻に対して果敢に反攻した。とくに名古屋駅の東側の伏見地区の戦闘は激しく(伏見の戦い)、一面が焼け野原となった末、愛知軍が勝利した。

終結とその後[編集]

伏見の戦いで両国は大いに疲弊し、京都市足利義昭を介して講和が成立した。

三重県は戦争の反省から、伊勢志摩地方に偏った観光立国の方針を改め、伊賀市忍者のPRを開始した。また、国土が疲弊したことからF1の開催が不可能となり、2007年から開催地は富士市に移った。

愛知県は、伏見の戦いで被害が大きかった白川公園で簡易住宅のテントが張られるようになった。さらに、挙国一致体制を敷いて指導力を発揮した星野仙一は、日本野戦軍(別名、日本野球チーム)の指揮官に抜擢されたが、北京野戦で敗北し、その評価は下落した。

関連項目[編集]