鳥羽市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鳥羽市(とばし)とは、三重県に所属する市の一つである。

Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「鳥羽市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鳥羽市」の項目を執筆しています。

概要[編集]

鳥羽市は伊勢市志摩市の中間点に位置し、伊勢志摩地方と呼ばれる中で名前を飛ばされたかわいそうな街でもある。観光地としても有名だが、伊勢神宮を擁する伊勢市とパルケエスパーニャを擁する志摩市の間に挟まれ、影が薄い。二つとも大したことないじゃないかという人も結構いるが、それを言ったら鳥羽市の立場がなくなるため、あまり深くは言及しないこととする。

観光[編集]

鳥羽市は観光都市である、その鳥羽市にある観光地を紹介したい。

鳥羽水族館
一時は日本一の水族館と名乗っていた。その名の通り様々な水生生物を飼っており、どうぶつ奇想天外の常連でもある。だが、最近は日本一の水族館とは呼ばれなくなり、街とともに影がだんだんと薄くなっている。
ミキモト真珠島
養殖真珠と真珠殖産業を確立した御木本幸吉をたたえる場所。きらびやかな養殖真珠を見ることができる。ただ、天然真珠を売っていた諸外国からは反感を買い、所詮天然にはかなわない偽物の輝きとレッテルを張られたが、幸吉たちのおかげで養殖真珠も市民権を得ている。この島の中では天然真珠よりも養殖真珠のほうが価値が高い。
イルカ島
周辺にイルカがうようよと漂う島。遊覧船に乗ることで上陸することが出来る。
鳥羽城
水軍の城で、大手門が海側へ突出して築かれたため、鳥羽の動く城と呼ばれた。また、城の海側が黒色、山側が白色に塗られていたため、オセロ城、パトカー城とも呼ばれる。現在は鳥羽水族館の裏手にある低い丘が鳥羽城跡であるが、一見しただけではただの丘なので城マニアより丘マニアに人気がある。
ぶらじる丸
1996年まで鳥羽港に座礁していた難民船。当時はぶらじる丸に居住中のブラジル人の様子を見学できるパビリオンとして人気があった。

名物[編集]

鳥羽市の名物といえば牡蠣と真珠である。その他、海苔・アワビ・イセエビも採ることができる。そこで鳥羽市はこれらの名物を売っていこうと、とばーがーなるものを開発した。それはアワビや牡蠣、イセエビを海苔で何重にもくるみ、最後にパールパウダーをかけるという恐ろしく贅沢なバーガーである。しかし、鳥羽とバーガーをかけてとばーがーと名付けたものの、パンどころか炭水化物すら使っていないものをバーガーというのは少々無理があるのではということもちらほら出ている。

著名人[編集]


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鳥羽市」の項目を執筆しています。