鶴屋産業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鶴屋産業」の項目を執筆しています。

鶴屋産業株式会社(つるやさんぎょうかぶしきがいしゃ)は、東京都文京区に本社を設ける不動産会社である。

企業概要[編集]

戦後、1950年の設立であるとされている。紀州鉄道の親会社。

「同鉄道を傘下に収めた不動産会社」と世間では言われているが、当然それは間違いで、和歌山県御坊市にあったしょぼい鉄道会社「御坊臨港鉄道」が、ない金をはたいて買った「磐梯急行電鉄」の株が急騰!その勢いに乗じて買った土地が値上がり!ということで急激に成長した会社なのである。

不動産部門の利益が大きくなったので、1973年に名前をすこしかっこよく「紀州鉄道」に変えてみたり、本社を東京都千代田区に移してみたり。

「鶴カントリークラブ」なる会員制ゴルフ場の運営を行ったりしている。いうまでもないが「紀州鉄道グループの鶴屋産業」が正しい。「鉄道事業者というだけで、顧客から信頼されることが多いということを、こんな曲解をまでして活用しているのである。」というのは、国税対策としての陰謀である。決して騙されてはいけない。

なお、不動産業者が鉄道事業を行った例としては、他にこんなものがある。

中村電気軌道(後の名古屋市電)→ 火葬場への遺体輸送用
山万新交通システムを走らせて見たかった。社長の道楽。
九州旅客鉄道新幹線を走らせてみたかった、社長と地元政治家の道楽。

一般には、自らが開発した土地の価値をあげるためにしていた(小林一三五島慶太)のと逆の手法と言われるが、言うまでもないが「私企業」なので「社長の道楽」やギャンブルも十分許容されるものなのである。

紀州鉄道みたいに看板として鉄道事業に首を突っ込んだ例はないか、というと、これがあったのである。「日本硫黄」→「磐梯急行電鉄」を仕手株化して経営に乗り込んできたという経緯がある。まあ「丸石自転車」のはしりのようなものである。

関連項目[編集]


Uporg659371.jpg 株式会社鶴屋産業は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)