鶴見区 (横浜市)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鶴見区 (横浜市)」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鶴見区 (横浜市)」の項目を執筆しています。

鶴見区(つるみく)とは、が見れる工場地帯だべ。

概要[編集]

海側に面しているため、東側は横浜市の埋め立て計画の一環で埋め立てられてしまってかわいそうな状況になっている。中には扇島という民間か企業領土問題が発生している(ただし首都高が増えるため通らせている)地域などもあってか、埋立地の評判は区民からはよろしくないようである。 しかし2000年代から鶴見小野周辺を強引かつアホみたいな財力をもって開発をはじめ大学や研究所を集め横浜サイエンスフロンティア地区とし、さらに横浜サイエンスフロンティア高校を作り上げ横浜市の技術と軍事の中心となりつつあるが、鶴見川が非常にデンジャラスな川になったり、淫夢が蔓延したり、廃人が集まったり、鶴見小野踏切の遮断機が下りた後の人間の横断による鶴見線遅延などの弊害も発生している。なお鶴見小野駅は名称は変更されなかった。しかしこの影響ででんこ達にとってとても効率の悪い激戦区となった。

区内には鶴見川という川の氾濫をもたらす装置があらかじめ付いており、中にはに落ちてもいいというデンジャラスな散歩を楽しんでいるおじいさんも存在するため、決して埋め立ててはいけないと江戸時代から決められている。なので、鶴見区は開発が難しい状態となっていて、川沿いは汚い一軒家と古臭いマンションが立ち並ぶ地域となっている。

川崎市に面した方はは横浜の負を象徴するが立ち並ぶ丘陵地になっていて、大きい公園がたくさん立ち並んでいる。この公園はもちろん税金で建てられたものである。鶴見区は市内でも有数の税収で儲けているエリアなので、このような遊びに手が回ってしまうのは仕方のないことだといえる。

鶴の生息について[編集]

の生息は未だに確認された事例がないのが現状である。区内には動物園などのテーマパークなどが少なく、自然で見れることが滅多にない。源頼朝がかつて源義経を倒して、将軍になったことを記念して、鎌倉から遠く離れたこの地に、鶴を放流したというも流れているが、真相は不明。ただし、仲間も存在するためそう心配することはない。

地域[編集]

矢向駅周辺
南武線が横浜市側に媚を売ったため、設立された(横浜線は媚を売っていないべ)。実際は川崎市の領分である。この他にも川崎駅尻手駅といった本当は川崎市なのに横浜市の駅といった前例が存在する。
南武線の列車が意味のない乗客が乗ってこない場所に停車する。幸せな場所にでも連れてってくれるのだろうか?
北半分は川崎市幸区にあるが、誰も気にしないじゃん。
鶴見駅周辺
京浜東北線とその他の鶴見線などのおまけに乗れる駅。周辺は一応名誉のある副都心とされている。朝鮮の人々がどこかにメモを書き残したが、ハングル日本語かどうかは不明なので、読めないべ。
国道駅
周囲は陸の孤島。国道はないどころかもいない。

生麦事件[編集]

現在の鶴見区生麦は、かつては岸村といった。ある日、2代将軍徳川秀忠の行列が水溜まりで立ち往生していたら、村人が水溜まりに生麦を撒いて行列が通れるようにした。秀忠は褒美として、村の名前を生麦村にさせたという。現在、「食べ物を粗末にするな!」を合言葉にバラエティー番組に四六時中クレームの電話をしている人々に、この生麦の話を教えないようにしましょう。

そして、この生麦が一躍有名になって、今なお歴史の教科書に登場する原因も、また行列であった。江戸から鹿児島へ帰る薩摩藩の大名行列と、横浜から川崎大師へ旅行するイギリス人の行列がバッタリ生麦村で鉢合わせてしまい、どっちが道を譲るかで「生麦、生米、生卵」の早口勝負が行われた。審査員は生麦村の名主達。日本人の薩摩藩士が勝つだろうと誰もが思ってたら、方言の訛りで生麦村の名主達は早口を聞き取れず、勝ったのはイギリス人だったという事件である。日本人が日本語の早口勝負でイギリス人に負けたという大事件は、日本中どころか欧米へスクープされた。

鶴見中継所[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

教育[編集]

この項目「鶴見区 (横浜市)」は、ハマっ子の執筆者がクラックをキメていた可能性もあるけど、今はまだクソの山じゃん。より愉快にしてくださる協力者を求めているべ。これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみようじゃん! (Portal:スタブ)