ケンカ (化学)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「喧嘩」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鹸化」の項目を執筆しています。

ケンカとは、敵対する二者を化学反応により共存させる方法である。

概要[編集]

自然界や人間社会においては個の特性により必然的に存在が敵対する物が存在し、その衝突によりその世界の安定を乱すことになる。そのため、安定した状態を得るために敵対する二者の関係を融和する方法が必要になる。敵対する二者間で人体に有毒な物質を使用したり、危険な方法を用いて反応させることによって、二者を共存させる方法をケンカという。

語源[編集]

ケンカの語源は定かではないが、一説には「化学反応」を表す英語chemical reactionがなまったものではないかといわれている。漢字では、人間同士が争う騒がしい様子を表す漢字を当てた「喧嘩」または、本来は敵対関係にある水と油を化学反応で融和させる「鹸化」の字が当てられる。

ケンカの文化[編集]

江戸時代東京においては「火事とケンカは江戸の華」と呼ばれるほどケンカが盛んであり、対立した当事者同士が自らの拳を用いてケンカを行っていた。これは両者が対立した関係を積極的に解消し、平和的な関係を築こうとする「江戸っ子気質」や「粋」と呼ばれる精神性から生まれたものである。現代においては危険が伴うため、ある程度管理された状態が必要である。

ケンカの例[編集]

子供同士が激しく対立し、暴力を伴う争いに発展した場合は先生が強権によりケンカをコントロールし半強制的に融和させることがある。大人同士の場合では警察によって行われることが多い。

冷戦時代のアメリカソ連は、一時期一触即発の状態にまで関係が悪化したが、核の力を用いることによって戦争の危機を免れ、平和的な関係のいしづえとなった。

特に「水と油」と言われるほどの対立関係にあり、決して混ざり合うことがない水と油においては、油にアルカリ性の劇薬を混ぜてケンカすると「界面活性剤」と呼ばれる、水に親しい部分(親水基)と油に親しい部分(親油基)を持つ八方美人な成分となって良く混ざるようになる。このことから「ケンカするほど仲が良い」という慣用句ができた。

関連項目[編集]