鹿児島駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鹿児島駅」の項目を執筆しています。

鹿児島駅(かごしまえき)とは、かつて鹿児島市の中心であった駅である。お隣の鹿児島中央駅のロケット発着の関係で、当駅こそ現存するものの今となってはその面影もない、悲境駅のひとつである。

現在の鹿児島駅のイメージ。

概要[編集]

鹿児島駅は、九州の2大主要路線である鹿児島本線日豊本線の境界駅であった(現在でも名目上そうなっているらしいが実際は後述の通りである)。しかし、現在残されているのは、古臭い駅舎と海側のただっ広い貨物駅のみである。過去極大をほこっていた利用者はほとんど鹿児島中央駅に奪われ、今は日豊本線の特急が止まるくらいである。このまま衰退が進めば将来は秘境駅になってしまうのではないかと懸念されている。

周辺[編集]

駅と同じように駅周辺も鄙びてしまっている。昔は鹿児島港の近場にあり、また、県庁や市役所にも近く、かなりの賑わいを見せていた。しかし、下記のように鹿児島の中心としての地位を剥奪され、県庁も移転してしまった今となっては、周辺はシャッター商店街となり、まともに残っているのは市電の電停くらいである。現在のところ、市役所はまだ逃げ出していないが、現在の建物が老朽化すればどうなるかは分からない。だれか助けてあげてください。

路線[編集]

鹿児島本線
一応鹿児島本線の終着駅ではあるが、実際には多くの列車が鹿児島中央駅止まりなので誰も気にしない
日豊本線
一応日豊本線の終着駅ではあるが、実際にはすべての列車が鹿児島中央駅直通なので誰も気にしない。
指宿枕崎線
なんと一部の列車が鹿児島駅まで直通する。実際には殆どの乗客が鹿児島中央駅で降りるので誰も気にしない。
鹿児島市電
終点の電停である。実際には殆どの乗客が天文館で降りるので誰も気にしない。

歴史[編集]

  • 1901年 鹿児島の中心として鹿児島駅を開業。
  • 1913年 武駅(のちの鹿児島中央駅)が開業。このときはまだこの駅に中心を奪われるとは誰も想像しなかった。
  • 1914年 鹿児島市電が開業。以来鹿児島の中心駅として君臨し続けることになる。
  • 1945年 米帝の爆撃を食らう。竹槍の反撃も及ばず、200人以上があの世へ。このあたりから中心駅としての機能が怪しくなってくる。
  • 1971年 ついに"西"鹿児島駅に特急の終着駅の特権を奪われる。これ以降鹿児島駅は衰退を続けていくことに。
  • 2004年 西鹿児島駅が鹿児島中央駅に名称変更。引導を渡された形となった。新幹線も奪われ、鹿児島駅はこれからさらなる衰退が予想される。

隣の駅[編集]

鹿児島中央駅
鹿児島駅から中央駅としての権限を奪った張本人。鹿児島駅の数十倍の利用者を誇る。
竜ヶ水駅
「竜ヶ水には停まりません」という放送の通り、普通列車すらスルーする秘境駅
桜島桟橋通鹿児島市電
隣と言っても200メートルない距離なので歩いた方がマシである。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「鹿児島駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)