黄忠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「さすが矍鑠とした老将軍だのう。」
矍鑠将軍 について、劉備
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「黄忠」の項目を執筆しています。

黄忠(こうちゅう、Huáng Zhōng 生年不詳 - 220年)は、中国の代表的な長老武将である。字は漢升。弓の才に秀でており、若いころから戦場で弓一つで戦う矍鑠たる武将であった。子はひとり息子の黄敍。荊州北部の南陽郡出身。諸葛孔明の舅である襄陽郡の名士黄承彦いとこだという。

これが220年以降の怪物老将黄忠の姿である。

略要[編集]

もともと、前漢の宗族である荊州牧・劉表の「おい」の劉揺の武将だった。しかし、劉揺が孫策あるいは孫権と激戦して戦死すると、曹操が派遣した長沙郡太守韓玄を頼った。羅貫中(羅本)の『三国志演義』によると、長沙を攻め寄せた関羽と死闘を繰り広げ、光速の99.995%の速さで走る馬に乗った関羽の右肩に矢を当てることで勝利した。しかし、韓玄が「あやつは、関羽と八百長をやっておるのではないか?」と疑い、黄忠が帰還するとさっさと逮捕し「黄忠が犯した八百長はまことに大罪で、よって処刑である!!」と決定された。しかし、韓玄の客将の魏延が駆けつけて、黄忠の無罪を主張していきなり韓玄を斬り、黄忠を救助した。やがて、魏延とともに関羽に降伏し、劉備に仕えることになった。このときすでに年齢は60を超えていた。

やがて、劉備の攻めに勇んで参加し、劉備の嗣子劉封の配下として、本陣から一歩も動かずに敵将70余人を射止めると言う功績を残した。220年に病死した。

黄忠は死せず[編集]

これが羅貫中が妄想し、創りあげた華麗な黄忠(紫苑)像である。……巨乳ってレベルじゃねぇぞ

しかし、電波系の文献の『演義』では、黄忠は在命していることになっており、75歳の時に参加した夷陵の戦いにおいては暴走する劉備をわき目に見て、本陣から一歩も動かずにの将軍潘璋ら敵将を何十人もその矢で討ち取った。

81歳になった黄忠は、司馬仲達率いるの軍勢を目掛けて成都城から関中に向けて矢を打ちまくり蜀軍の本体が到着するころには関中は人一人残っておらず、諸葛亮らを驚かせた。

黄忠が87歳になった時、ついに五丈原の最終決戦が行われる。このときは老将軍自ら陣頭に立ち、兵士に混じってその矢を正確に敵に突き刺していった。

諸葛亮の仮病による嘘の死を知らせるため火をつけた矢を司馬懿の頭上を通るように放って、これを見た司馬懿は諸葛亮の死を知らせる流星と勘違いして見事に翌日ハメられる。

翌年、ついに最長老の黄忠は白寿を迎えた88歳で大往生したという。その顔は安らかだったといわれている。だが、死ぬ間際に「ジ・エンド」と叫んで爆発、多くの人に迷惑を掛けた。

とは言うものの、その強さはシニア部門では他の追随を許さない。彼と互角に戦える「老人」は、21世紀現在でも、磯野波平くらいしか居ないのではないだろうか?

関連項目[編集]


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
この黄忠は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)