黙認

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

黙認(もくにん)とは、本当はアレなんだけどしょうがないのでアレしてやる事である。

概要[編集]

大人の世界には大人の事情というものが存在するのであり、子どものように何でも白黒ハッキリつけたり出来ないのが常識でありお約束というものである。たとえば心情的には大いに共感していたり、事情が許す限り協力してやりたいけど、立場的にそれが許されなかったりする。あるいは、虫唾が走るほど憎たらしかったり、あらゆる手段をもってそいつの足を引っ張ってやりたいけど、やはり体面的にそれが許されなかったりする。そんな時、限りなくグレーなを仄めかしたり、限りなくグレーなをこれ見よがしに示したりする事で自分の意思を表示する行為、それが黙認である。

実践[編集]

例えばここにあるように、空気を読まないひたすらストレートな意思表示は往々にして無用な誤解による衝突を招き、手段が目的を害してしまう事が多々ある。意思表示が単なる誹謗中傷(例えばチラシの裏落書き)や自己満足に過ぎない(と自覚している)のであればそれでも構わないだろうが、もし本当に目的を達したいのであれば、少しは頭を使うべきである。どうすれば相手はこちらの思惑通りに動いてくれるのか。どうすればこちらが迷惑している事に気づいてくれるのか。あるいはもうどうしようもないのか。一口に黙認と言っても、このように複雑に絡み合う大人の思惑が交錯しているのであり、それを何を言われていないからと言って「何も言われない ⇒ 何をしてもOK ⇒ やりたい放題」と考えてしまう思考回路および行動は間違いなく死亡フラグを立ててしまうことになる(例:静観しておりましたが)ため、厳に注意が必要である。

関連項目[編集]