鼻たぶ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「鼻たぶ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

鼻たぶ(はな-)とは、の鼻腔の下の左右にある器官、またはそれに関する単位である。

概要[編集]

猫の顔面中央において発達した脂肪塊である。内部は袋状の空間があり、状況に応じて様々な機能を果たす。なごやかな球面カーブを描いた表面は無数の毛に覆われており、また糸状の感覚器を複数有する。成長に従って発達していき、最終的には長径3cm程までに達する。他の高等動物の好奇心を刺激する形状ではあるが、鼻腔、舌、ひげなど多くの感覚器官が近くにあり、猫自身は触られるとあまり心地のよいものでもないようである。

機能[編集]

衝撃吸収

緊急時衝撃吸収機能を有している。親猫に咥えられていた子猫が誤って落下した際などには、約0.1秒以内に鼻たぶが急速に膨らみ、個体に対する衝撃を最小限に抑える設計が為されている。

食料貯蓄

かりかりをしまう袋として機能している。平均的成猫で左右各2~3こ程度、生後3ヶ月の子猫でも最低いっこのかりかりを長期保存できるとされている。また、かりかりに不自由しない個体は毛玉をつめて遊んでいるという報告がされている[要出典]

あっちいけボタン

前述のように、感覚器官が集中している鼻たぶは猫にとって急所ともいえる場所である。よって、猫に近寄られることを望まない場合は、この鼻たぶをつついたり押したりくりくりしたり頬ずりしたりすると、猫はなんだかいやそうな顔をして離れていく。しかしながら、あっちいけボタンの操作に慣れていない場合、また幼少期から押され慣れている猫を相手にした場合は有効に機能せず、指を甘噛みされてしまうので注意が必要である。

記号としての鼻たぶ[編集]

ω(くしゅ)で表す。

柔らかさの単位としての鼻たぶ
1ω=0.32ぷに
ふかふか具合の単位としての鼻たぶ
毛に覆われて実までなかなか届かない加減を示す。毛ガニは0.2ω、パパイヤ鈴木の頭髪が30ω。
謎めかしさの単位としての鼻たぶ
よくみたらこれってなんだろうなという感情を示す単位。爪の根元の白い部分が0.5ω、ビクトリノクスのナイフの裏側についている器具の機能は2.5ω。

鼻たぶのようなもの[編集]

猫のフグリ.jpg


関連項目[編集]


この項目「鼻たぶ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)