鼻行類

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
鼻行目
分類
界: 動物界 Animalia
門: 脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
綱: 哺乳綱 Mammalia
目: 鼻行目 Rhinogradentia
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鼻行類」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「鼻行類」の記事を執筆しています。

鼻行類(びこうるい、Rhinogradentia)はハナ○○という名を持ち、脊椎動物亜門・哺乳綱鼻行目に属する動物。南太平洋のハイアイアイ諸島に特産で、を捕食等に使用するという共通点はあるものの、科によって大きく異なる進化を遂げていた。しかし、某国水爆実験によってこの諸島全体が水没し、この群はこの世から姿を消した。ただし世界各地に近縁群が存在する、という説もある。

この生物群は、1942年スウェーデン人のエイナール・ペテルスン=シェムトクヴィストによって発見された。

おもな鼻行類[編集]

歩鼻類[編集]

脚が退化し、代わりに鼻を使い歩行する。

  • トビハナアルキ - 骨格と筋肉を持つ鼻で跳躍して移動する。
  • ナゾベーム - 4本の鼻を触手のように動かし移動する。
  • オニハナアルキ - ナゾベームを捕食する大型種。
  • ハナマルキ - お味噌なら。

類縁群か?[編集]

上記のように真の鼻行類は絶滅しているが、現存の他の群に類縁があるものが含まれるという説もある。代表的なものを以下に挙げる。なお、分類体系はそれらが鼻行類に類縁があるという観点から変更されている。

伸鼻類[編集]

非常に長い鼻を持つ。先端部で掴んだり、全体を使い巻きつかせたりできる。

  • オオハナノバシ - とも呼ばれる。大きな体と大きな耳が特徴。
  • ムカシハナノバシ - マンモスとも呼ばれる。長いと体毛が特徴。
  • ヒメトビハナノバシ - 伸鼻類でありながら体は小さく、異様に大きく発達した耳で滑空する。

掘鼻類[編集]

嗅覚が発達しており、大きな鼻で木の根などを掘り食べる。

  • ハナホジリ - イノシシとも呼ばれる。鋭い牙と長い体毛を持つ。
  • ハナホジリモドキ - とも呼ばれる。牙や体毛が退化し家畜化されている。フランストリュフを掘り出す目的で用いる。

固鼻類[編集]

固いコブのような鼻を持ち、繁殖期にセックスアピールとして使う。

尖鼻類[編集]

高く尖った鼻を持つ。非常に自意識過剰かつ好戦的であり、絶えず縄張り争いをしている。

  • シロハナトガリ - アメリカ人などと呼ばれる。世界の中心は自分たちだと思い込んでいる。
  • クロハナトガリ - アラブ人などと呼ばれる。世界の中心は自分たちだと思い込んでいる。

書籍「鼻行類」[編集]

1961年発行。ハラルト・シュテュンプケ著。専門書であるが一般書として販売されている。鼻行類について、ほとんど唯一の専門書であり、その価値は非常に高い。鼻行類についての記述のみでなく、現地人の文化や、鼻行類研究の歴史なども詳しく描かれている。また、巻末の参考文献一覧もほぼそのすべてを網羅しているので、学術的にも価値が高い。日本語訳版が現在でも購入可能。

関連項目[編集]