-1

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「-1」の項目を執筆しています。

-1(ひくいち)とは、0の前に存在すると思われている数であり、1と等しい。 ただし、この数字の存在は証明されていないため、概念としてのみこの数は存在する。

そもそもこの数は存在するのか[編集]

そもそも0より小さい数字は存在しないはずであるが、なぜ0の前に数があるのか。それは計算すると困る事が起きるからである。たとえば、 では解は1のみである(注意:上記のとおり、マイナスを考えない場合。マイナスを考えると、解は±1である)。

しかし、 だと、解は存在しなくなってしまう(虚数ではないが)。 そのため、1を足して0になる数を勝手に作ってしまった。それが、のちの-1である。 なお、なぜ1次方程式で気づかなかったのは、大きな謎である。 しかし、数学や相対単位を使う科学以外では、-1をはじめとする負の数に対しては否定的で、列車の型名にも使われていないし、-は接続詞として使われている。 ちなみに、2進数では、11111111のようにすべてのビットを1にすると、-1を表現できる。つまり、-1は最も大きい数である。

-1を使用してできること[編集]

  • 0より小さいものを表現できる(存在するのか?)。
  • 上記のように因数分解が簡単にできる。
  • その他の数学の問題も簡単に解ける。
  • 相対単位(℃や相対ハイドなど)も表現しやすい。
  • 寒い日も便利(気温が0を下回るため、ただし、0℃=273.15K)。
  • 長ったらしい数字を複数に分けることができる。
例)キハ200-503(今朝乗ってきた)

兵器としての-1[編集]

-1は、1の改良型であり、開発当初は新しい使い方が研究されていた。しかし、 - と 1 の間が離れているため、二刀流くらいしかすることがなく、1のように大量生産ができず、機動性も低いため、すぐに廃れてしまった。ただし、第二次世界大戦では、-と1を同時に発射する機構を装備した砲台が投入され、-1は再び日の目を見ることになった。

1と等しいことの証明[編集]


なので両方から2乗を取り除いて

関連項目[編集]

身長 この項目「-1」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)