.hack

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「.hack」の項目を執筆しています。

.hackドットハック)とは、インターネット世代特有の感染症の一種である。

.hack//Roots[編集]

感染原因はいまだはっきりと解明されていないが、患者のほとんどが、オンラインゲームネトゲ)愛好者であることが確認されている。

.hack//G.U.[編集]

詳しくはこちらへ→.hack//G.U.
Rootsでの感染原因が解明されて全ての謎が明らかになるかも

.hack//G.U. Vol.1 再誕[編集]

主人公がネットゲーム(笑)で出会った年上のお姉さんと ニャンニャンしようと思ったら突然お姉さんに捲かれたという ありがちなお話www 捲かれた理由を探すため必死にヒィヒィ言いながら主人公が戦うお話である。

.hack// G.U.Vol.2 君想フ声[編集]

.hack//G.U. Vol.3 歩くような速さで[編集]

.hack//SIGN[編集]

患者に多く見られる症例として、ネットと現実の区別が付かなくなる、意識不明に陥る などが報告されている。
意識不明に陥った場合は、数分で回復するものから、数年間も回復しないといった重い症状までわかっている。


また、症状の頻度と具合により、医学会ではレベルを4段階に分別している。

.hack//感染拡大[編集]

比較的症状は軽く、完治した場合の後遺症もほとんどない。ただし、この段階では感染したことに気づかないも多い。 主人公が変な少女に逢ってデータ書き込み専用腕輪(どう考えてもチート以外の何者でもない)を託される。 しかし、それにより、主人公は羽男やら、管理者のオッサンに敵意むき出しにされたりと不幸の連鎖(ぷよぷよ13連鎖ほどのショック)である。

.hack//悪性変異[編集]

自覚症状はあまりなく、周りのに忠告を受けることで感染に気づくこと人が多い。日常生活に問題をきたすことはあまりないが、油断しておくと悪化する場合もある。

.hack//侵食汚染[編集]

この段階になると、感染していることがはっきり分かるようになる。入院が必要な場合も多い。突然心拍数が上がったり下がったりする。

.hack//絶対包囲[編集]

大抵のが意識不明に陥る。プレイヤーのキャラクターがゲームの中で発見されたという例もあり、詳細は不明。未帰還者と呼ばれる。 また、この話で主人公を取り巻く複雑な人間関係があきらかになる。

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「.hack」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)