12月26日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

12月26日とは12月24日12月25日と続いたキリスト教国の支配が終焉を告げ連日男友達だけで過ごした勇敢な戦士達が安堵の息をつける一日である。

概要[編集]

「悪いけど時間は消させない」
12月26日 について、野上良太郎

この日は日本国が、12月のはじめあたりから続いていた欧米植民地時代から再び独立を果たす日であるといえる。毎年日本は外国の植民地になるが、必ずや独立する。欧米の植民地のまま新年の1月1日を迎える人はほとんどいない。

あるいは、上皇誕生日12月23日)とこの日の間にあるのはわずか2日だけなので、その間だけ東京の原宿などは時空世界)の大規模改変活動に巻き込まれているのかもしれない。いずれにせよ、日本人として平穏が戻ってホッとしているものは多いと思う。

国民にとっての26日[編集]

一昨日と昨日、外に出るのも億劫になり仕方なく昼飯を近くのコンビニに買いに行っていた2日間は終わり、町も赤と緑のセンスの欠片も微塵に感じ取れない装飾家々に不法侵入をする赤い服着た悪魔が居なくなり、年末を迎える平定が辺りを包んでいる。この日を境に来る年末に備えて準備をする訳だ。

さらに、彼女のいる友達にも堂々と遊びや誘いの連絡ができる。一昨日と昨日にひたすらそいつの携帯に絵文字だけのメールイタズラ電話していた時とは違い、対等の立場で会話できる。そいつが嫌な奴だった場合、いじめも出来る。受験生以外、大抵この日は暇になるから大勢でいじめが可能になるのだ。

一部の人たちは野上良太郎君の誕生日を祝うため再びケーキ屋へと向かう

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「12月26日」の項目を執筆しています。