1558年ワールドカップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

1558年ワールドカップは世界114の国と地域から選ばれた32チームが決勝大会を争った。開催国は前回優勝国である神聖ローマ帝国フェリペ2世擁するスペイン・ハプスブルグ家代表が優勝候補オスマン帝国代表を下し初優勝した。今大会でのスペインは日の沈まない国と形容される最盛期を迎え、このスペイン黄金期を大航海時代と呼ぶ。また連覇を狙う開催国・神聖ローマ帝国は準決勝でオスマン帝国に敗れ3位に終わった。期待された決勝戦でのスペインとのハプスブルグダービーは実現しなかった。

参加国 32の国と地域(予選参加国114)
優勝 スペイン・ハプスブルグ家(初)
準優勝 オスマン帝国
3位 神聖ローマ帝国
4位 リューリク朝モスクワ大公国
大会MVP フェリペ2世(スペイン)
大会得点王 イヴァン雷帝(モスクワ大公国)=8得点

地区予選[編集]

各地区予選は決勝大会の前年(1557年)に行われた。開催国は予選免除。前回優勝国と開催国が同じため、各地域別予選の決勝進出枠は31チームとなった。また南米5位と北中米カリブ海4位、アジア5位とオセアニア1位は大陸間プレーオフを行いそれぞれの勝者が決勝に進出する。各地域ごとの出場枠は下記の通り。

  • ヨーロッパ(13)
  • 南米(4.5)※注1
  • 北中米カリブ海(3.5)※注1
  • アジア(4.5)※注2
  • アフリカ(5)
  • オセアニア(0.5)※注2
  • 開催国(1)

※注1 南米5位と北中米カリブ海4位が大陸間プレーオフ ※注2 アジア5位とオセアニア1位が大陸間プレーオフ

決勝大会[編集]

各4カ国ずつ8組のグループリーグ上位2カ国が決勝トーナメント進出。

出場国[編集]

ヨーロッパ[編集]

出場国は14カ国(うち開催国枠1)

南米[編集]

出場国は5カ国。

北中米カリブ海[編集]

出場国は3カ国。

アジア[編集]

出場国は4カ国。

アフリカ[編集]

出場国は5カ国。

オセアニア[編集]

出場国は1カ国

日本代表[編集]

足利義輝監督のもと現役の戦国大名で固めたドリームチームで臨んだが、アジア最終予選で敗退した。 (詳細は1558年ワールドカップ日本代表の項を参照)

関連項目[編集]


Syazaai.jpg この項目「1558年ワールドカップ」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)