2015年のアルビレックス新潟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

2015年のアルビレックス新潟(2015ねんのアルビレックスにいがた)は2016年1月現在、8つの記事で構成されている。

なお、2015年よりJリーグは2シーズン制を導入、前期と後期の成績優秀チーム同士でシーズン終了後にトーナメントを行うという、日本のサッカーファンの意見をガン無視した改革を導入しているため、アルビレックスにもそれなりのチャンスがある。などと思っていたんだ、最初は。

最終的にこの制度を推進した電通死ね、サッカー協会いい加減にしろ、という話になるのは、ある意味お約束である。

記事名・リンク 内容
2015年のアルビレックス新潟・序章 2015年の始まりは、1人のレジェンドとの別れから始まった。そして、その別れがとてつもなく重いものだったと知るまで、わずか3ヶ月。
2015年のアルビレックス新潟・第一部 開幕直後から、なぜか勝てないアルビレックスが延々と繰り返される光景は、過去において大変によく見られていた光景だったため、当初はそれほど気にすることはなかった。その必要もなかった。しかし、まさか、その直後、いきなり心臓が止まるとは普通は思わない。
2015年のアルビレックス新潟・第二部 アルビレックス新潟の歴史上、最悪のニュースが飛び込んでくる直前の光景。それは、明らかに何かがおかしいと思うしかない不運の連続だった。
2015年のアルビレックス新潟・第三部 2015年5月。アルビレックスの歴史上最低最悪の瞬間の名に恥じぬばかりに、不安と混乱がチームに蔓延する中、チームの戦績は急降下。そして、まったく点が取れなくなったまま残留争いへと巻き込まれていく。けれど、幸いなことに、もっとひどい悪夢について、アルビレックスは2012年にすでに通過していた。ファンの覚悟は、もう完了していた。
2015年のアルビレックス新潟・第四部 夢や希望というものは、一番苦しいときに抱いてはいけないものである。ただただ、現実と立ち向かい、そして抗わないといけない。悲しいけれど、子供たちと初心者には厳しいアルビレックスの現実である。
2015年のアルビレックス新潟・第五部 一言で言えば、地獄。そして、わずかな希望が芽生えるからこそ、さらに厳しい地獄。
2015年のアルビレックス新潟・第六部 簡単なことである。サッカーにおける秋というものは、落ちるチームは落ちていく季節である。だったら、落ちないことしがみつくこと、耐え続けることでなぜだか降格圏を外れることもある。
2015年のアルビレックス新潟・第七部 喜べず。そして悲しめず。何よりも、楽しめないからこその苦しみ。ただ、それでも生き残ったことを義務としてもう1年戦う覚悟をする。
2015年のアルビレックス新潟・最終章 振り返れば、いつもの冬である。

なお、アルビレックスが降格の危機に陥ると情報量が激増するのは仕様であると同時に、降格の危機だからこそ、笑うしかない。本当に、笑うしかない。あわせて、日本のサッカーの中でも屈指の不運属性を持っているチームである以上、笑い飛ばすしかない。横浜フリューゲルスほどではないにしても。

関連項目[編集]

Disambiguation
このページは人間の頭がごちゃごちゃになるのを回避するための項目です。この項目を見た場合は、すばやくここからリンクされている別のページに移動した方が、頭のためになります。ここへリンクしているページがありましたら、他の人の頭をショートさせないためにも、ここから案内される各々のページへリンク変更をしてください。