3.14教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

3.14教(さんてんいちよんきょう )とは、特に詰め込み教育を促進するため活動していた宗教の一つである。

信者数は凡そ1億人である。その信者のほとんどが年上の日本人であるため、年上の日本人に「3.14」っていったら、「あ、アレね。」とすぐにこたえてくれる素晴らしいものである。また、年上の日本人ならだれでも1人に1冊、聖書が配られた経験がある。

聖書[編集]

この聖書は主に詰め込み教育時代に発行された。聖書の名前は「楽しい算数」である。表紙には、「円周率は3.14」、裏表紙には「絶対正しい」 とデザインされている。この聖書は2000年ごろに新しく作られた聖書「新しい算数」よりも正しくて、優秀なのでぜひ、ご愛用いただきたい。

第1章 円周率~~素晴らしき3.14~~[編集]

聖書は動画で円周率の求め方の解説をしている。しかし、なぜか説得力が無い。

3.14教の宗徒にとって円周率とは3.14のことである。また、これは絶対正しいの意味で、真理そのもののことである。ただし、「3」や「およそ3」などで表現されている本を読むと、国の国際競争力が弱くなり、学力が低下して、将来危うくなる。もしそのような本が発行されれば、将来のため、直ちに攻撃して、聖書のように「3.14」に書き換えさせねばならない。また、3.14159265……も攻撃対象である。実用的で無いし、無駄に長いので頭が破裂する恐れがある。

第2章 円の面積の求め方~~円には3.14が必要だ~~[編集]

円の面積とは(半径)×(半径)×3.14のことである。これは絶対正しいの意味で、真理そのものである。ただし、「(半径)×(半径)×3」や「(半径)×(半径)×(およそ3)」などで表現されている本を読むと、国の国際競争力が弱くなり、学力が低下して、将来危うくなる。もしそのような本が発行されれば、将来のため、直ちに攻撃して、聖書のように「(半径)×(半径)×3.14」に書き換えさせねばならない。もちろん、ライプニッツの公式で得た円周率で円の面積を求めた式も攻撃しなければならない。その公式は複雑でめんどくさいので頭が爆発する危険がある。もしそんな公式を使う者がいれば、危険回避のために直ちに研究所で懲役40年の刑を課さなければならない。

第3章 円周とはなにか~~唯一神3.14は間違わない~~[編集]

円周とは(直径)×3.14のことである。これは絶対正しいの意味で、真理そのものである。ただし、「(直径)×3」や「(直径)×(およそ3)」などで表現されている本を読むと、国の国際競争力が弱くなり、学力が低下して、将来危うくなる。もしそのような本が発行されれば、将来のため、直ちに攻撃して、聖書のように「(直径)×3.14」に書き換えさせねばならない。また、2兆5769億8037万桁の円周率を使って求めた円周らは腹を切って死ぬべきだ。そして、彼らは消えて終わるものではない。唯一神3.14は地獄の中に火の中に投げ込む者だ。彼らの賛成者も同様だ。理由は唯一神3.14に逆らう者は自分が終わるべきだからだ。詳しくはニュースや雑誌で熟知すべし。

第4章 将来注意すべきこと[編集]

将来、円周率は「π」と表記しなければならない。そのときでも、絶対に「円周率は3.14」のことを忘れてはならない。ただし、忘れてしまうと、国の国際競争力が弱くなり、学力が低下して、将来危うくなる。もしそうなれば、将来のため、直ちに本屋に行って、祝福された聖書を購入しなければならない。それを怠れば、あなたは唯一神3.14によって粛清されるので気をつけよ。

熱心な信者たち[編集]

「国際競争力弱体!学力低下!将来不安!!」とスローガンを掲げ、将来の危険性について必死に訴えている信者たち
マスゴミ
新しく作られた聖書には円周率は3であると伝え、その聖書を持参した異教徒を「ゆとり」と名付け、将来の危険性を信者に必死に訴えた。また、国際競争力の弱体化はPISAで証明した。なぜか説得力がない。それは嘘なのだから。
受験産業
異教徒について、チラシで「新しい聖書では円周率はおよそ3と書かれている」と信者に訴えた上、「新しい聖書によって学力低下を招く」や「将来が危ない!」と聖書の通り忠実に警告した。なぜか東日本大震災後、このようなチラシが消えているのは誰も気にしない
就活サイト
異教徒の醜態ぶりを紹介し、聖書の教えが現実の世界で起きていることを示した。なぜか信者の方もよくみかけることについてはお察し下さい

結局[編集]

円周率は3.14も間違いだし3も間違いなので、これで学力低下したという議論は50歩100歩である。また円周率の値について、表現する数字は無限にあるので、限られたページしかなく、人間が見える範囲内の大きさで規格化された文字で使う本には絶対作れないので無理である。本は百貨店を作るのは不可能であるのに、信者たちは凄く期待しているので、何とも不思議だ。また、およそ3という数字は上記の動画を見ると、3.14よりも説得力があるし、混乱を招かない。むしろ改善している点があるのに、それに気づかないのは何て悲しいんだろう。

関連項目[編集]

彼も優秀な信者である。