5時間目

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

5時間目(ごじかんめ)とは、学校の時間割において4時間目と6時間目の間にある時間のことである。

眠気[編集]

給食を多く胃の中に取り入れた生徒が起こす症状で、昼休みに校庭でサッカーをした人などが感染する。また、例外として退屈な授業が長時間続いた時も多発する。また、授業が7時間ある場合、絶望感と共に眠気が促進されることがある。生物学的にも5時間目が一番眠くなることが、ネミーダ・ヨカエラ・シテケロー(1946-1990 生物学者)により証明されている。

小学一年生にとっての5時間目[編集]

多くの公立小学校では、一年生は五時間目の終了をもって帰りの会などに移行する。つまり小学一年生にとっては学校で勉強をせねばならない最後の時限となる。このため、一年生の教室においては5時間目の治安は著しく悪化するか、回復する場合が多い。

5時間目の授業[編集]

5時間目は前述の通り眠気を引き起こす為、できるだけ頭を使わないで出来る授業が好まれる。実際にある小学校で行われたアンケートの結果を元に下に示す。(音楽のみ両方に意見がある)

やってほしい授業[編集]

  • 自習 やってるふりしてこっそりサボれるから。
  • 音楽 (下手でない限り)流れる音楽が頭を癒す。

やってほしくない授業[編集]

  • 国語 頭が眠ってて漢字が覚えられない。
  • 算数・数学 頭が眠ってて理解できない。
  • 社会 頭が眠ってて理解できない。
  • 体育 頭が眠ってて注意力散漫になりケガをしてしまう。
  • 家庭科 頭が眠ってて裁縫針を検閲により削除
  • 図工 頭が眠ってて(以下略)
  • 音楽 頭が(以下略)
  • 理科 (省略)

メリット[編集]

眠い5時間目だからこそ、思わず眠っている間に5時間目が通り過ぎてしまい、と言う快楽の世界に浸りながら学業をこなせる利点がある。夢遊病の気があれば気付かれずまた時には日常では考えられない好成績を修められるので、生徒達は何とか夢遊病にかかろうと苦心している。

関連項目[編集]


俺はここにいるぜ。 5時間目って書きかけなんだろ?俺は一人で編集する。 (Portal:スタブ)