62式7.62mm機関銃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

62式機関銃
種類 兵器のようなもの
製造国 日本
設計・製造 日特金属工業
住友重機械工業
口径 7.62mm
銃身長 524mm
ライフリング 軽量化の為省略
使用弾薬 7.62×51mm 減装薬
装弾数 ∞だが実質1発
作動方式 ガチャポン方式
全長 1200mm
重量 部隊の整備具合により様々
発射速度 最大約650発/分
持続発射速度80発/分(整備状況にもよる)
だが実質1発/分
銃口初速 855m/秒
有効射程 約800m

62式7.62mm機関銃(ろくにいしきななてんろくにみりきかんじゅう)とは日特金属工業(現:住友重機械工業)が1962年に世に問うた、日本の国防関連産業市場最大の暗部であり、ひいては戦前の旧日本陸海軍の対立構造や、明治維新以来日本の最高学府が引き摺り続けている旧帝大中心の学閥主義の闇をも内包した、日本の銃器開発史及び自衛隊史上最大級のタブーであり、防衛省も無かった事にしたい黒歴史。機械を設計する上でこれだけはやってはいけない泥縄的手法の集大成且つ、一技術者の純粋な情熱が誤ったベクトルに暴走した場合どういう結果を招くのかを子細に検証出来る失敗学の貴重な教材でもある。

おまけとしてとしての機能を有し、分類としては汎用機関銃に類するものであるが、「62式言うこと聞かん銃」「無い方がマシンガン」「ボルトアクション機関銃」等の異名から、実際は単発銃として見なされている場合も少なくない。

どうしてこうなった[編集]

本銃がここまでの黒歴史となってしまった理由は単純ではなく、戦前から続く複数の要因が重なって生み出された悲劇であるとも言える。

開発の経緯[編集]

警察予備隊の発足以来、自衛隊米軍から供与された.30カリパー酒場みたいな名前の軽機関銃を使用していた。しかし1950年代末にアメリカはNATO標準弾を7.62mm×51弾に変更したため、日本も主力機関銃の変更を迫られた。当初、米軍の豚と呼ばれた機関銃を装備する予定であったが、自国の機関銃は自国で開発しようと言う声から、本銃が開発された。しかし、この時に旧陸軍系列の豊和工業アサルトライフル(バトルライフル)の64式7.62mm小銃の開発に手一杯だった事もあり、本銃は航空機用二〇粍機銃の改良や五式三十粍固定機銃の開発などで旧海軍に強いパイプを持っていた日本特殊鋼(戦後は日特金属工業に改称、NTK)が開発を担当する事となった。問題は、日特が航空機銃ではそれなりの実績があったものの、戦後はブルドーザー位しか作る物が無かった関係[1]で、携帯火器では事実上素人と言っても過言ではない程の実績しか無かった事である。

開発者の河村正弥工学博士は、東京帝国大学出身の偉い学者さんで、戦前は尺取り虫方式ガス爆発方式を足して2で割ったような構造の試製自動小銃・丙の開発に携わり、戦後にはキヤノン理論健康喫煙法なる健康の為の喫煙を推奨する奇書[2]を上梓し、晩年の1993年にはドクター中松と共に参議院選挙にも出馬した経歴を持つ[3]ファンキーな御方であり、総重量が僅か5.6キロという試製超軽機関銃など、独創的なアイデアを生み出した機関銃に人生の全てを懸けていたオッサンであった訳だが、戦前の試作銃はその悉くが「機関部に耐久性、信頼性が乏しく、軍制式には堪えない」として陸軍よりダメ出しを食らいまくっていた、不遇の人物でもあった[4]

そんな苦労人が満を持して自衛隊制式が半ば内定していた機関銃の開発に携わる訳であるから、何かが起こらない訳が無かった。河村博士は、1954年の開発開始から1962年の採用に至るまで、防衛庁からの度重なるダメ出しに半ば涙目になりながら不眠不休で開発に携わったとも言われている。

戦前の技術[編集]

今日では三八式歩兵銃と竹槍とバンザイ突撃だけで戦っていたと兎角誤解されがちな大日本帝國陸軍であるが、実際には補給が十分な状況では各種の重機関銃軽機関銃の火力支援の下で小隊単位の縦深浸透戦術(肉弾戦術)を行う、割と何処にでもありそうな軍隊であった。旧陸軍はフランスチェコの技術を下敷きにした九二式重機関銃九九式軽機関銃などを有しており、第二次世界大戦直前にはボルトアクションの三八式に変わる、自動小銃の競争試作なども行っていた。しかし、生産資源や弾薬の製造・輸送力が余りにも乏しかった戦前の日本では大量の弾薬を消費する自動小銃の全軍配備は荷が重かった為、歩兵の装備は終戦まで九九式小銃のままであった。機関銃も九二式は保弾板、九九式や前身の九六式軽機関銃は箱形弾倉と、いずれも何度も再利用する事が前提のもったいないオバケの理想を体現した給弾機構であり、欧米のように豪快に金属部品を使い捨てるベルトリンク式はあまり研究が進まず、日特が得意とした航空機関銃でもザクマシンガンのようなドラム弾倉のものが中心であった[5]

九二式は命中率はよいが余りにも重すぎ(約60kg)、九九式は性能は極めて優秀であるが装弾数が30発と欧米の汎用機関銃と比較した場合少なめであったので、両者共に戦中に改良型が製作されている。九二式は贅肉を一気に30kg近く削り落とした一式重機関銃、九九式は保弾板への改良で汎用機関銃的なコンセプトを目指した三式軽機関銃として生まれ変わったが、前述の理由からやはりベルトリンク式は採用されなかった。

不運な事にこうした技術的な積み重ねや戦訓から得られた知見の多くは、その後間もなく訪れる日本の敗戦と共に、猫にリセットボタンを押されたが如く雲散霧消してしまった。

極度の戦前忌避[編集]

戦後発足した陸上自衛隊は、前身の警察予備隊発足当初は極端なまでに旧軍、特にとか服部とかの旧陸軍の大佐クラスを排除した体制が執られていた。初期の陸上幕僚長を始めとする幹部は、多くが東京大学出身の旧内務官僚で占められており、兵器の開発にもその影響が及んでいた。旧陸軍時代の知見や成果は多くは継承されず、米国製の兵器の供与や全くゼロからの新規開発などが兵器調達の基本方針とされていた。ちなみに、保安隊から陸上自衛隊になるころには、旧陸軍将校を排除していては軍隊として機能しないというエリート意識の塊で、常に相手を見下している旧内務官僚なりの反省から、東京大学出身の旧内務官僚のパシリとして、段階的に失業中の旧陸軍将校が大量入隊し、最終的には戦時中に大本営参謀などを務めていた大佐クラスが入隊して陸上幕僚長や方面総監になっている。

それでも、理論だけの頭でっかちが雁首そろえていても肝心の実務が回っていかないので陸上兵器は戦前のチハたんの車体レイアウトがある程度生かされた61式戦車や、砲から下はほぼチハたんとも言われる60式自走無反動砲等の成果があり、ポリさんの使う拳銃南部のおっさんアレな設計を潔く捨てて名跡だけを仮借し、事実上S&Wをパクった新中央工業(現:ミネベア)のニューナンブM60リボルバーを筆頭とするニューナンブシリーズ、怖いお兄さん達が使う狙撃銃有坂の爺さんの名銃を潔く捨ててでもサコーをパクって新開発した豊和工業のゴールデンベアが獲得し、最も肝心な小銃は九九式小銃を開発した陸軍技術本部の元技術者を主体とする豊和が開発に当たるなどの旧陸軍陣営の巻き返しが見られたが、その合間を縫うように開発が始まった62式は、事もあろうに東大系の技術者を有する旧海軍系の日特が開発権を得てしまった。

この時点で、三式軽機や一式重機の再生産、または両者の技術的知見がある程度でも再活用される可能性は全く無くなり、戦前戦中のトライアルで陸軍から散々煮え湯を飲まされていた河村博士の執念の如き経験と知識が、62式には過剰なまでに注ぎ込まれる事になるのである。なお、九九式短小銃の改造型の様に、せめて九九式軽機の在庫品を口径変更のみで再利用できないか? という現場の声もあったようだが、河村博士は上向きに弾倉が付いてる軽機関銃を見ると何故かさぶいぼが出る体質だったらしく、この案も没になった。なお、河村博士が戦前に開発した試製自動小銃・丙は、純粋な尺取り虫方式である小倉工廠試製自動小銃・甲共々日本軍の採用寸前まで逝っていたらしいのだが、同時期に始まった日清のカップラーメン戦争で、ボヘミア~ン製のブルーノ・デリンジャー26型軽機関銃に陸軍がボコボコにやられてしまい、「うちもボアアップしないと話にならんわ」という理由で雇い止めを食らってしまった経緯があり、さぶいぼ問題と何らかの関連性があった事が示唆されるが、既に関係者の全てが鬼籍に入られた現代においては真相は藪の中である。

頑迷な縦割体制[編集]

戦前より軽量な機関銃の開発に拘っていた日特と河村博士[6]は、62式の銃身を外径約28mmと極端なまでに細く薄いものとした。薬室の肉厚は8.6mmで、九九式小銃の薬室(11.4mm)よりも遙かに薄い。64式小銃は度重なる試験の結果、薬室の厚みは九九式小銃よりも厚い12.1mmとし、銃身外径も34mmとしていた。この薄い銃身により、62式は同時期の他国の汎用機関銃と比較して1kgから2kgの銃身の軽量化を達成した。

しかし、この銃身の軽量化は機関銃の死命たる連続発射の面では大きなマイナスとなり、少々連射しただけでも銃身の過熱で薬莢が薬室に張り付く不具合に悩まされた。河村博士は軽量な銃身を維持したままこの問題を克服すべく、遊底を後退させるガス圧力を極端に強くして薬莢を力任せに引き抜こうとした所、今度は張り付いた薬莢が薬室内でブッ千切れる不具合が多発するようになった。見るに見かねた豊和工業は、日特を通じて「悪い事は言わんからもう少し銃身を厚くしなさい」と、制式採用前であり対外的には極秘であった筈の64式の開発データを提供してまで敵に塩を送るが如き助言を行ったが、意地でも陸軍の手助けだけは受けたくなかった海軍系としての日特、そして他の学閥の意見になど一切耳を貸さない伝統の東大出身の河村博士はこの助言を一蹴。「バールのようなもので力任せに釘を引き抜けば曲がってしまうが、段階的に少しずつ力を掛けて引き抜けば曲がらない。この理論を遊底の構造に採り入れて、ガチャガチャポンと薬莢を抜くようにすれば万事が解決するに違いない。」とばかりに、本来は前後運動しか行わないはずの遊底の先端に、機関部底部と摩擦する事で薬莢を前後に揺らしながら引き抜く作用を行う揺底なる摩訶不思議な構造を採り入れてしまった。これが日本の銃器史上、九四式拳銃ローラーロッカーアーム付き撃鉄に並ぶ珍構造である、前端揺動式ティルティングボルト方式(以後ガチャポン方式に略す)の誕生の経緯であった。

ガチャポン方式の採用により、奇跡的にどうにか薬莢の引き抜きは上手くいくようになったが、その代償は大きく、折角銃身を2kg近くも軽量化したのに、肝心の機関部側が複雑な構造と大きな遊底移動量(ボルトストローク)により、やたらに大きく重い物となってしまい、制式採用時点での62式の総重量は九九式軽機関銃やM60と大して変わらない約10.7kgとなってしまった。それなら最初から九九式の改良型を作るか、一から独自開発するにしてもせめて銃身を厚くして、その分機関部をシンプルで軽量なものにすれば良かっただけの話であるが、軽量な銃身というコンセプトに頑迷なまでに拘った結果、このような結末に至った訳である。

なお、このような複雑怪奇な構造である為に、分解整備の際にはイタコの口寄せで河村博士の助言を得た武器係が所属する部隊でなければ、本来の性能を発揮する事は難しい。スムーズに動かなければいけない遊底に、全く正反対の作用である摩擦によってガチャガチャさせる機構を付けるなんて、潤滑や機械工学技術面での無茶振りが機械式LSDのレベルを遙かに超えた、トロイダルCVT並みの代物であり、単なる脳筋集団ではまともに動作させる事すら容易な事ではないのである。よしんば正常に動作したとしても、今度は後退速度の速い遊底に起因する異常なまでに高速度で飛散する空薬莢や、規制子などのガス圧機構周りの汚れの堆積に起因する遊底の後退不良により、引鉄から指を離しても全自動で連射され続ける超必殺技の発動に、後年まで陸自隊員は悩まされ続ける事になる。

こうしたある意味オワコンな開発事情に近似の事例としては、戦中の陸軍による三式潜航輸送艇(まるゆ)の単独開発の事例が挙げられる。要するに偉そうな事を言っていても、海軍も内実は陸軍と大差はない。

後年、62式を評して64式の技術陣はこのように語ったともいわれる。

「住友さんは良くも悪くもこういう事に慣れてないから・・・」T野瀬某
「だから儂はもう少し銃身厚くしとけと言ったんぢゃが・・・」I藤某
「日特はもう航空機銃かテッパチだけつくっててくだしあ。・゜・(ノД`)・゜・。」H和工業

また、62式の技術陣も次のように言い訳語っているとも言われる。

急に依頼が来たので」K村某
何せ初めてなもんで」S友重機械

天皇≒税金という本質[編集]

このような構造で世に送り出された62式は、当然の結果として末端の部隊の運用では阿鼻叫喚の地獄絵図が展開された。部隊レベルでは何度も防衛庁に「頼むから九九式軽機かM60使わせてくれ」と泣き付いて改善を打診したが、防衛庁の背広組は「国民の税金で購入した装備品を粗末に扱ったり、使い勝手に文句を言う事などまかりならん!」とばかりに現場の声を一蹴、その後40年以上に渡って一挺約200万というフルプライスのままで供給が続いた。

M60は軽量銃身型での作動不良の経験から、後に軽量銃身型のコンセプトを頭から否定する形にはなるものの、容赦のない現実と真面目に戦った結果重量銃身(ヘビーバレル)を対策部品として供給しており、64式小銃ですら、第1空挺団などで真崎杏子が思わず「もうやめて!とっくに64式小銃のライフはゼロよ!」と絶叫するほどの容赦のない酷使の結果得られた知見を元に、幾つかの構造上のマイナーチェンジが行われている。しかし、62式はそのような改良が行われた形跡もなく、現場隊員の血の滲むような努力のみで運用が続けられていた。現場隊員の悪夢は、1993年にミニミ軽機関銃が採用されるまで続く事となる。板垣恵介もレンジャー時代に62式には散々煮え湯を飲まされており、この経験が後の漫画家転身とグラップラー刃牙の誕生に繋がったとも言われている。

戦後の自衛隊は装備品がリコール級の欠陥を抱えていても、大々的に改良を行う事は余り多くなかった。正確には、細かな改良は行われてはいるものの、名称を僅かでも変更すると新製品と見なされて大蔵省から予算が付かなくなるという深刻な政治的問題を抱えており、64式は通算3度のマイナーチェンジを経ているが、M16A1のような猿でも違いが分かるような改良名を付けられる事は無く、73式小型トラックに至ってはベース車両がジープからパジェロに変わるという、どんなホームラン級の馬鹿でも明らかに違いが分かる変化をしたにも関わらず、名称が変更される事はなかった。

戦前の日本軍は「天皇陛下から下賜された兵器を粗末に扱ったり、使い勝手に文句を言う事などまかりならん!」という時代錯誤な精神論を振りかざしていたが、戦後の自衛隊も単に前述の精神論の主語を「天皇陛下」から「税金」にすり替えただけで、本質的な問題点は何ら変わっていなかった。その実情を示す一例として62式も記憶される事になり、ひいては「過ちは繰り返しませんから」とは何だったのか、という戦後レジームを問い質す生きた教材としても再活用される事になるのである。多分。

四倍役満[編集]

もうここまでの時点で62式の十分にオ㍗ル実態はご理解頂けたかと思われるが、最後に2013年に時事通信により報じられた、住友がやらかした一件について引用する。

住友重機を指名停止=機関銃の試験データ改ざん-防衛省 - 2013/12/18

麻雀で例えるなら、タダでさえハコテンなのに、字一色+四槓子+四暗刻に加えて大四喜が同時に成立した、理論上最高点の4倍役満にダメ押しでフリ込んでしまったようなものである。防衛省さん、次に7.62mmの汎用機関銃と車載機銃を国産で開発するなら、悪い事言わないから三式軽機関銃と一式重機関銃をベルトリンクにしたものを採用してくだしあ。・゜・(ノД`)・゜・。

一握の光明と陰[編集]

このように、戦後初の純国産銃器の62式が余りにもテキトーであったために、その後に続く国産銃器のコンセプトにも多大な影響を与え、一部は今日に至ってもなお禍根を残し続けている。

64式小銃は、当初の「軽快な突撃銃」としてのコンセプトを潔く捨て、「携帯可能な軽機関銃」に転進転身する事で、実質的にはボルトアクションとしてしか機能していない62式の穴埋めを行う事となった。これが意外なまでに高い性能を示し、一部隊員の熱烈な支持を受けた事から、新中央工業が64式に続く国産制式銃器第4弾である66式機関短銃/短機関銃となるべく開発を行っていたサブマシンガンニューナンブM66短機関銃の存在意義がすっかり薄れてしまい、土壇場で採用を蹴られてしまう災難に遭う。

新中央の後進のミネベアはその後もトライアルではM66の呪いとまで言われる程の苦境が続いたが、1982年に自社開発のニューナンブM57A1拳銃のトライアルから引っ込める代わりに、シグザウエルP220をライセンス生産して9mm自動拳銃と名乗る権利を得るという、名を捨てて実を取る、ある種の司法取引を成立させる事で、漸くM66の呪いから脱している。

その間、日特の後進の住友重機械は62式の改良型である車載機銃、74式車載7.62mm機関銃の開発こそ成功させたものの、64式の後継としてAR-18をパクる形で89式5.56mm小銃の開発に成功した豊和のような、まったくの新銃の開発には教祖様たる百瀬晋六の設計を変更する事がタブーであったスバル同様、預言者たる河村博士の設計に触れる事がタブーであった故に難航していた。そんな中、ミネベアが住友に前述のある種の司法取引のコツをリークした事で、1993年にミニミのライセンス生産をしてあげる代わりに、自社開発の軽機関銃を諦めるという司法取引を成立させ、ミニミ軽機関銃の制式採用に至っている。ミニミ採用の報を聞いた瞬間、現場の自衛官からは皇居に向けて万歳三唱が上がったともいう。

この一連の顛末は、どうしようもない62式の状況に業を煮やした豊和及び旧陸軍関係者が、深謀遠慮を巡らせた末に成功させた謀略であるとも言われている。

特徴[編集]

世界1を誇る部品点数
なんといっても最大の特徴は部品点数の多さであろう。部品点数は完全分解すると、机の上にまるで工場を設立したようになる。これは隊員の暗記力を鍛えるためではなく、単に設計がテキトーだっただけである。ガレージキットにも劣らない部品点数の多さから分解結合が難しく、熟練した者でも間違えてMG42に組み上げてしまう事がある。でも本当は、同じ弾薬を使用する他国の機関銃でもっと部品の多いものもあるらしいが…、んなこと知らん!
重い
重い。すごく重い。銃身だけはやたら軽いのに機関部が重いので、結局他国の機関銃と余り変わらない。これも新入隊員を鍛えるために・・・ではなく、単に設計がテキトーだっt(ry。でも本当は、同じ弾薬を使用する他国の銃と比べれば軽いらしいが…、んなことも知らん!
部品脱落機能
自衛官たるもの何時でも気を抜いてはならない。隊員の注意力と警戒心の向上を狙いとして、本銃の部品は脱落しやすいように設計されている・・・のでもなく、単に設計が(ry。余りにも脱落が多いので、ビニールテープを巻いて固定しておくのだが、全ての脱落防止を終えると包帯を巻いたミイラのように外見が変わってしまう。この状況を指して本銃を大谷吉継と渾名する者もいる。「言うこと聞かん銃」よりも「黒いオータニ」の方がなんか恰好いいじゃん? 例え、銃の実態がオータニよりもオーニタの方がより適切であったとしても。
重量可変機構付き銃身
銃身には銃身交換作業用のハンドルが付いており、この部分を掴んで持ち運ぶ事で、重量が10.7kgから2kgに、有り得ないほど大幅に軽量化される。場合によっては数百グラムまで軽くなる事もあるらしい。移動が大変楽になる為に、この機能に縋り付いてしまうヘタレな新隊員も少なからずいるのだが、いざ撃とうとした時に機関部(或いはグリップ以外の全部)がどこかに無くなっている事に初めて気付く事にもなる諸刃の剣であり、現場隊員からは「これはだ!河村博士が僕を陥れるために仕組んだ罠だ!」として恐れられている。
各種の脚
普段は二脚だが、オプションで三脚も用意されている。どちらにしても単発銃なので余り意味が無いのだが・・・。
減装薬
アメリカに気を使って、減装薬を使っている。実弾訓練中に誤射しても撃たれた本人が激怒して誤射した本人を殴り倒しにいけるほどの威力である。
ベルトリンク
本来は沢山の弾薬を切れ目無く供給する為の機構であるが、本銃では馬鹿になった引金の代わりに、リンクを捻ってベルトを曲げ、結果として連射を止める為のストッパーとして用いられるという意味合いの方が強い。
高い
1cmほどのばね一個が一万円である。ストックとグリップの部分は漆塗り職人により丁寧に塗られているので総額200万円という高値である。
銃身
滑腔砲。腔線(ライフリング)がない。これは設計段階からの仕様で、決して無駄に銃身内を清掃して磨り減ってしまったからではない。

派生型[編集]

1974年、62式の構造を元に戦車などの車両に搭載する車載機銃としての改良を加えた74式車載7.62mm機関銃が登場している。

74式はグリップがブローニングM2重機関銃と同じ両手用銃把(ダイヤモンドグリップ)となっており、62式の特徴であった過剰なまでに軽く、薄かった銃身をこれでもかという位重く、分厚くする事で、約20.4kgという大幅な重量の増加と引き換えに、割と普通に?機関銃として使える信頼性?を獲得している?。

ガチャポン方式は62式に引き続き採用されているが、銃身を極めて分厚くした事で多少力任せに薬莢を引き抜いても薬室に張り付くトラブルが非常に少なくなった為、実質的に存在する意味が余り無い状態になってしまっている。また、74式の隠し機能としては、オプションの三脚を使う事で、地上に置いて旧軍の九二式重機関銃一式重機関銃のような運用を行う事が可能である点が特筆される。尚、バネの代わりにゴム、発射速度を上げるために機関部を大幅に軽量化した為か機関部の部品折損や潰れ損傷による射撃機能停止という何をしてもお粗末で駄目な結果は何時もの国産軽火器として相変わらず、伝統を継承しているもよう。

イエスたる河村博士の設計を変更する事がタブーであった筈の住友重機械で、なぜこのような設計変更に踏み切れたのかは謎に包まれており、62式開発当時の銃身厚データの経緯や、車載機銃なのに何故か旧陸軍的な重機関銃型の運用を想定した設計変更も行われている事から、これもまた豊和及び旧陸軍関係者による工作員を大量に送り込んで設計変更という名の技術供与を無理矢理断行した事による謀略の産物であるとも言われている。

なおこの後の1984年、オートバイハーレー・ダビッドソンがショベルヘッドからエボリューションへの大幅な設計変更を行った際に、余りにも米国人技術者の設計がテキトーで、ライバルのラの字にもなりそうにない有様だった事から、貿易摩擦を回避する為に日本のオートバイメーカーがこっそりと技術支援を行ったのではないかと噂されたが、豊和と同じ防衛産業の一角である川崎重工業がこの時の顛末を参考にしたとも言われている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「62式7.62mm機関銃」の項目を執筆しています。


この項目「62式7.62mm機関銃」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)