A-4 (攻撃機)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「高度に洗練されたアビオニクスパックはまりもっこりの股間と見分けがつかない 」
スカイホークの背中の上 について、アーサー・C・クラーク

A-4スカイホークは、アメリカ軍を代表するょぅι゛ょ艦上軽攻撃機である。

1952年アメリカから軽攻撃機の発注を受けたダグラスは設計者としてエド・ハイネマンをたてた。彼は、ロリコン重量管理のエキスパートとして定評があり、「5歳以上はババア」「軽量で小さければ素晴らしい飛行機が出来る」という信念の元、この軽攻撃機を作り上げる。そして完成した機体は軍の要求値を遙かに凌駕した性能を持つにいたった。

見た目[編集]

  • アメリカ軍機では珍しくデルタ翼である。気をつけろ。奴らはヨーロッパ製じゃない。デルタならみんなヨーロッパ製だと思うな。
  • とにかく小さい。大戦中の艦上攻撃機並みに小さい。
  • アビオニクスパックが付くのはE型から。友達の描いたA-4にアビオニクスパックがついてなくてもからかってはならない。それは友人の失笑を買うだけである。

特徴[編集]

この機体は全長7.87hyde(給油ブロープを除く)、全幅5.37hyde、重量4.7tの小ささを誇り、そうでありながらその小ささ故にエレベータの寸法よりも小さいため翼の折りたたみ機構を省略、全体的に堅牢な作りとなっており、このサイズとしては異例のペイロードを持っている(要求値0.9tに対し実機2.2t)。ぅゎょぅι゛ょっょぃ

また、その安定した構造(わずか6本のボルトででエンジンを固定したり)や値段の安さにより、貧乏国への輸出に於いても真価を発揮[1]、機動性も高くブルーエンジェルスの機体としてや、エース養成組織トップガンアグレッサー部隊としても配備された。A-4Fからは、背部にアビオニクスパックを増設しており、本機の大きな特徴の一つとなっている。お弁当箱ではないので注意が必要だ。わかりづらいが、フラップの上にスポイラーを追加したのもこのバージョンからである。そしてA-4Eは製造当初はなかったアビオニクスパックを増設する改造を受けた。

製造方法[編集]

まず余計なレールを全部撤去しろ。それから適当なとこにAR-4を6両編成で配置せよ。ダイヤは適当。列車がひっかからないように線路引き回しておけばOK。んで駅前にデパートマンション建てとけ。あとは156年くらい放置してからに手を出し、儲からなかったらリセットボタンを押す。あとは適当に画面外から線路引っ張って貨物列車走らせて好きなように町をつくればよろし。あ、そうだ、PS1版の場合はメモリーカードを大量に買っとくように。

その後[編集]

A-4は開発当初より完成された機体であり、レーダー装備による機首延長や主機換装などのマイナーチェンジをくりかすも、アビオニクスパックの増設などでわかるようにそれ以上発展性が見込めず、今では退役している。世界的にはまだ使っている国もあるから、決して児童ポルノ禁止法に触れて発禁になったわけではない。

脚注[編集]

  1. ^ エリア88にもちゃっかり出てる
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「A-4 (攻撃機)」の項目を執筆しています。