ABO式血液型分類法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 嘘八百科事典「アンサイクロペディア」「血液型別 自分の説明書」 Jamais Jamais著 文芸社出版
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

ABO式血液型分類法 (ABOしきけつえきがたぶんるいほう) とは、人を、几帳面大雑把非常識意味不明の4種類で分類する方法である。几帳面に分類された人はA型、大雑把に分類された人はO型、非常識に分類された人はB型、訳の分からない人に分類された人はAB型という総称で呼ばれる。

本記事を読むにあたっての注意点[編集]

本記事では、それぞれの分類区分について詳細に述べるが、いくつかの注意点がある。まずA型に分類された人に確認しておきたいが、ここは、いい加減なことが氾濫するアンサイクロペディアであって、何事もきっちりしている頭の固いサイトとは違いますよ?もしアンサイクロペディアだと分かって本記事を読んでいるのなら、ユーモアというものを充分理解した上で、本記事の隅々まで目を通し、誤字脱字の修正など草むしりを御願いしたい。張り切って加筆などすると、頭の固いサイトのような内容になってしまう危険性があるので注意されたい。O型の人は、長ったらしい文章を読むのは面倒だと感じるかもしれないが、目次を活用すれば、必要なところにざっと目を通せるので、目次を活用されたい。また加筆などあれば、自身のユーモアを活かして本記事の完成度を上げて頂ければ幸いである。誤字脱字の修正など細かな事はA型に任せればいい。B型の人は、本記事(特にB型の項に関して)は読まない方が身のためだろう。ほとんどが悪口しか書かれていない。もし、どうしても読みたい(もしくは加筆したい)と言うのなら、自分に関係のあるB型の項だけではなく、その他の項についても御願いしたい。B型の人は、人とは違った視点を持っているのだから、記事をよりよいものにできる可能性があるだろう。誤字脱字の修正など細かな事はA型に任せればいい。AB型の人は、B型の項以外を読む事を推奨する。B型の項を読むと、自身にB型の要素が入っている事にひどい嫌悪感を抱く事になるだろうから読まないほうがいい。万が一、読んでしまったとしても心配しないでほしい。AB型はB型とは似て非なる物なのだから。AB型は他の分類区分とは違う特別な存在である。自身のそのたぐいまれなる才能を活かして本記事に加筆をしてほしい。誤字脱字の修正など細かな事もAB型なら難なくこなせるはずである。

A型[編集]

A型とは人を、几帳面・大雑把・非常識・意味不明な人の4種類に分類した場合に、几帳面に分類された人々の総称である。ここはいい加減がまかり通っているアンサイクロペディアであり、何事もきっちりしている事が好きなA型には、ここのほうが性に合っていると考えられる。

A型の特徴[編集]

分類方法でもわかるように、几帳面なのが一番の特徴である。いちいち細かなところが気になり、何事もきっちりとしていないと気が済まない。いつもルールに縛られており、決まりを少しでも破るとじんましんが出る。そのため極めて柔軟性に乏しく、極めて頭が固い。ユーモアもなく冗談を真に受けるため、A型の相手をするときは注意が必要である。理屈が大好きで、話す内容全てが理屈っぽい。というか、理屈っぽいを通り越して理屈しか喋らない。その特徴からも分かる様に、ウィキペディアンのほとんどはA型である。アンサイクロペディアでは草むしりぐらいしか活躍の場がないが、頭の固いサイトでは、自身の頭の固さをいかんなく発揮し、真面目くさった記事を執筆している。また極めて潔癖性であり、生息地はきれいに片付いた部屋である。1日に朝と夜の2回、掃除をし、毎週日曜日には、フローリングワックスがけをしている。産まれてこのかたゴキブリと言うものを見た事がなく、都市伝説だと思っている。

A型の相性[編集]

O型とは
悪い。A型にはO型の特徴である大雑把というものが信じられない。O型の言動一つ一つが気にかかり、全てに対して注意や修正せずにはいられないため、精神的に疲れる。
B型とは
つきあわない。
AB型とは
いいほうである。A型にとってAB型は、自身と同じ様に物事をきっちりとこなす存在であり、加えてユーモアのセンスなど、A型には欠けているものを持っているため憧れの存在である。ただ憧れの気持ちが強すぎるのと、自身の存在が薄れてしまうので、AB型の傍はあまり居心地がよくない。
A型とは
非常にいい。お互いに頭が固くユーモアがないため、頭の固い話で盛り上がる事ができる。A型同士で外食に行くと1円単位まで、きっちり割り勘にするぐらい相性がいい。

A型の好物[編集]

O型[編集]

O型とは人を、几帳面・大雑把・非常識・意味不明な人の4種類に分類した場合に、大雑把に分類された人々の総称である。 本記事を上から全て読まずに、目次で本項までひとっ飛びしてきた人もO型である。

O型の特徴[編集]

分類方法でもわかるように、大雑把なのが一番の特徴である。そのため、細かい事は気にせず、行き当たりばったりの楽天家である。「だいたい」という言葉を愛用する。物事に関して柔軟に対応し、また人に対しても寛容。とにかく物事をいい加減にするのが好きで、何でもテキトーに片付ける。だからアンサイクロペディアンのほとんどはO型である。しかしアンサイクロペディアンの中にも、O型がいちいち気にも留めない些細な整備作業などをするものがいるが、これらの人物はアンサイクロペディアンの中でも珍しいA型である。細かいルールなどを持ち出して、O型にダメ出ししようとする管理者たちも皆A型である。O型はお調子者で褒められると、すごく高い木にも登れるが、失敗したり怒られると傷つきやすいなどの一面も持っている。生息地としては、所謂、汚い部屋に生息している。の上も散らかり放題で、第三者から見ればどこに何があるのか分からない状況である。しかし、O型本人からすれば、だいたいの物は、だいたいどの当たりにあるかを把握している。そして、だいたいの場合、目的の物を発見できる。

O型の相性[編集]

A型とは
相性は、すこぶる悪い。細かい事をいちいち気にし、ぐちぐちぐちぐち文句を垂れるA型はO型にとってはの様な存在である。O型に言わせれば、些細な事に神経をすり減らしているA型は長生きしない。またウィキペディアンのほとんどがA型であることからも分かる様に、ユーモアの乏しい、頭の固いA型とは一緒にいても面白くないし心休まらない。O型の冗談もA型は真に受けるからユーモアの通じないつまらない相手だと思っている。
B型とは
つきあわない。
AB型とは
相性は良くはない。100歩譲って、AB型に入っているB型の要素は我慢できても、残りのA型の要素がO型にとっては拒絶反応を示す。AB型にはユーモアがあり、一緒にいても退屈する事はないが、変に理屈っぽいA型の要素が備わっているため、そのユーモアさえO型には嫌みに聞こえる。
大雑把なO型とは
相性はいい。お互いに大雑把ではあるが、同時に寛容でもあるから相手の欠点やミスなど気にならない。むしろ互いのいい加減さを理解してくれるので一緒にいて心地よいし、ユーモアも共有できるので楽しい時間を過ごせる相手である。

O型の好物[編集]

B型[編集]

B型とは人を、几帳面・大雑把・非常識・意味不明な人の4種類に分類した場合に、非常識に分類された人々の総称である。B型の人は生半可な気持ちで本項を読まない事。血液型をマクロ的に分類した場合は、「B型」「B型以外」と2つに分類できる。すなわち、極限までまとめたとしても、最終的に分けておくべきはB型である。

B型の特徴[編集]

(悪い意味で)変人である。(悪い意味で)人とは何か違う。(悪い意味で)世の中を斜めから見ており、人とは違った世界を生きている。自己中心的であり、自分さえ良ければそれでいいと思っている。どこまでも我が強く頑固であり、孤独でも耐える事ができる。好き嫌いがものすごく激しく、気の合わない相手とは一生付き合わない。そのため友人は非常に少ない。しかしは極めて多い。全てにおいてB型の基準というものは自分であるため、他人からの評価は全く気にならず、奇抜な行動に出る事が多々ある。しかし、稀にその奇抜な行動が評価され、秀逸とされる事があるが、自分大好きなB型にとっても、この時ばかりは他人からの評価が気になる。生息地は自分の世界。学校でも、誰にも邪魔されない一番後ろの席で自分の世界に浸っている。例え席替えしても、一番後ろの席は絶対に譲らない。万が一、席替えで一番前の席になろうものなら、クラス中の机と椅子の向きを全て逆に向け、教室の後ろが前だと言い張る始末。非常識とされるB型にとっての「常識」とは「従うもの」ではなく「破るもの」であり、その結果、常識破りな発想の下、この世に生まれた成果が、B型の手によってなされる。

B型の相性[編集]

A型とは
つきあってもらえない。(つきあわずに済むなら、つきあいたくも無い)
A型の愛想笑いに始まり、A型の苦笑いで決別する。後日、風の便りでB型のことを激しく嫌っていたことが判明する。
O型とは
つきあってもらえない。(つきあえるものなら、つきあいたい)
極まれに共感できることがある。その場合は、B型が、実はBo型であった可能性がある。
AB型とは
つきあってもらえない。(つきあう議論以前に、そもそも存在している空間すら異なる)
B型とは
つきあわない。

B型の好物[編集]

AB型[編集]

AB型とは人を、几帳面・大雑把・非常識・意味不明な人の4種類に分類した場合に、意味不明な人に分類された人々の総称である。先に断っておくが、本サイトはユーモアと風刺でできているアンサイクロペディアであり、AB型の人の記述に関してもユーモアを交えて書いてあるので、AB型の人にはその辺りを理解して読んでもらいたい。決してAB型を侮辱しているわけではない。

AB型の特徴[編集]

(良い意味で)人とは何か違う。多岐にわたって才能を発揮する。類い稀なるセンスの持ち主。物事を客観的に見る事ができ、常に冷静な判断を下す事ができる。あなたとは違うんです。しかし、自分に対する評価については超主観的。あなたと一緒なんです。自分は他の誰よりも優れており、完全無欠の人間だと言う認識を常に持っている。そのためプライドが極めて高く自信家である。他の人を、156mぐらい上から見下して見ている。B型と同じで自分が一番であり、自分大好き人間だが、B型とは違って実力が伴っている分、たちが悪い。数学が得意で、ものすごく計算高い。そのため上っ面だけの付き合いで、うまく人を利用する。社交的で、友好関係も広いが、友人は皆、自分の引き立て役だと考えている。演技派で表面上はいい人に見えるが、内心では何を考えているかわからない。お腹、真っ黒。また向上心が高く、常に上を目指している。他の誰にも負けないためではなく、自分ならになれると信じているからである。自身にB型の要素が入っている事を疎ましく思っている。そのため「もしかしてB型?」と言われる事を極度に嫌う。生息地は、ドラマに出てきそうなぐらいデザイン家具で溢れた、おしゃれな部屋。「どう?君とはセンスが違うだろ?」って思いながら友人を部屋に招き入れる。

AB型の相性[編集]

A型とは
いい。AB型と同じニオイがするものの、大した才能を持ち合わせていないA型は、いい引き立て役になるので、相性はいい。おまけにA型にとってAB型は憧れの存在であり、チヤホヤもてはやしてくれるので、自分大好きなAB型にとってA型の傍は居心地がいい。
O型とは
つきあってあげてもよい。なかなかのユーモアも持ちながらも、ちらほらと欠点の見え隠れするO型はなかなか面白い素材である。O型の欠点を指摘し直してやることで、O型を一人前に育て上げるという雅な遊びは、選ばれしAB型にとってはいい暇つぶしになる。
B型とは
つきあわない。少ないもの同士なので相性はいい。
AB型とは
すこぶる悪い。お互いに上っ面だけの付き合いは得意なので、一見すると相性はいいように見える。しかし互いに互いを見下しているため、プライドの高いAB型同士は一生馴れ合う事はできない。互いに才能があり、互いにそれを認め合ってはいるが、それでも自分の方が、もう五枚ぐらい上手だと思っている。

AB型の好物[編集]

  • おしゃれなサイト
  • おしゃれな部屋
  • おしゃれな食べ物
  • おしゃれな音楽
  • おしゃれな自分

分類区分による行動の違い[編集]

頭の固いサイトにおいての違い
A型:持論や独自研究を書き連ね、B型に削除される。
B型:いわゆる要出典厨。白紙化も平気でするのでA型にブロックされる。
AB型:そんなA型とB型のやり取りを高みの見物する。
O型:アカウントを取る事すら面倒。
アンサイクロペディアにおいての違い
A型:草むしりは得意だが記事を執筆すると何故か{{NRV}}を張られる。
B型:頭の固いサイトを追い出され、アンサイクロペディアに雇われる。
O型:記事作成は得意だが、草むしりをすると、何故かすぐにA型に草むしりをされ直される。
AB型:管理人を注意して自分の方が上だとアピールする。
仕事においての違い
O型:異様に出来上がりが早いが、細かいミスが異様にある。
B型:自分のペースで、チビチビやってくのでミスはあまりしない。傍から見るとだらけているように見られるので、特にA型に『仕事しろ!』と怒られる。
AB型:上司を指導する。
A型:ホームレス。始業時間の少なくとも30分前に到着し、出世に繋がるならば自分の能力以上の業務を引き受け、昼休みは休もうともせず、午後も仕事に没頭し、深夜残業を終電時刻まで行い、帰宅時は仕事を持ちかえり、休日出勤も当たり前にし、ただし勤怠は毎日定時出勤退勤として提出する。そしてそれを周りにも『仕事人として当然の姿勢』として教育する。細かいミスを見つけまくる。
蟻の行列を見付けた時の違い
AB型:蟻を生かすも殺すも自分の思いのままという状況に、神になった気分で酔いしれる。
B型:行列の先頭を踏みつぶし、自分が行列の先頭に立とうとする。
A型:定規を使って、行列をまっすぐに整える。
O型:A型の整えた行列を乱す。
蛇の描き方の違い ※血液型以外の分岐要素あり
A型:蛇の描画を依頼して来た方による。「依頼して来た方の身分が高い場合は、引き受けて、そつなく描く」、「格下の場合、拒絶する」
O型:蛇を描く雰囲気かどうかによる。「描く雰囲気の場合は、ざっくり描く」、「描く雰囲気でない場合は、『普通描かさないだろが』と説教が始まる」
B型:蛇に興味があるかによる。「興味がある場合は、超絶技巧で描く」、「興味がない場合は、蛇の足から描く」
AB型:蛇を描く技術があるかどうかによる。「技術がある場合は、合理的な手順で描く」、「技術が無い場合は、『しれっ』と忘れる」
血液型に対する考え方の違い
A型:基本的に関係ないと否定的。「血液型占いなんてデタラメだ」
B型:自己紹介などで大体血液型を聞いてくる。「ねえねえ。血液型何型?」
O型:まわりによる。空気を読んで、血液型と性格の相関関係を信じる信じ無いの姿勢が決まる。
AB型:自分の血液型すら興味なし。
いじめに対する判断の違い
O型:興味なし。友達とがいじめられていようと、自分が冷やかしなどにあっても「オレには関係ねぇ」を貫く。
B型:いじめられる側が悪いと言い出す。ただし自分がいじめられるようになると自分が悪くてもA型のせいにしようとする。
AB型:いじめる側、いじめられる側のどちらが悪いかを分析するが基本的にはどちらにも原因があると考えているのでどちらの味方でもない。
A型:いじめる側が悪いと言い出す。いじめられている側の手助けに入り、いじめに走るB型を粛清する。

架空の人物と血液型[編集]

血液型と人物像(性格や行動原理など)とは、科学的には「相関関係はない」とされる。しかし、実在の人物では、その本人に対して血液型を調査すれば判明する一方で、架空の人物に対しての血液型は、どのようにして調査結果が得られるのであろうか? ここでは、架空の人物と血液型の調査結果を考察していく事とする。

A型の登場人物
作品において、最も常識的な振る舞いをする。まれに突拍子もないことをするが、基本的に枠からはみ出ない。
特に、主人公がA型の場合、最も無難な作品の仕上がりが約束される。
しかし、A型の視聴者が「主人公がA型だから」と言う理由で原作本などを購入する確率は半数程度にとどまる一方で、B型の視聴者は「主人公がA型だから」と言う理由で視聴を取りやめる確率が9割弱に上る。
O型の視聴者、AB型の視聴者に於いては、若干の変化はあるものの、A型、B型ほどの顕著な傾向は見られなかった。
O型の登場人物
作品において、ムードメーカー的な振る舞いをする。普段は大雑把に振舞いつつも、あるときには繊細な一面を見せ、それが『ギャップ』を生み出す。
その性格から、特に少女マンガの恋愛モノに於いては、主人公や恋愛対象の血液型がO型の傾向が強い。
「主人公がO型だから」と言う理由で原作本などを購入する確率は、どの血液型に於いても有意な傾向は見られなかったが、好きになった登場人物の血液型が、「実はO型だった」と言う傾向が多いのも、O型の登場人物の特徴である。
AB型の登場人物
作品において、神秘的な振る舞いをする。相反するA型の傾向、B型の傾向の両方を有すると言う理解から、「二重人格」とされる事が多い。
そのため、4種類の血液型のうちで、最も創造しにくい傾向がある。
しかしながら、その傾向を打破できた作品は、作品としての成功に直結する事になる。その一例として、機動戦士ガンダムのアムロ、タッチの上杉 和也/達也、天才バカボンのバカボンのパパなどが上げられる。
「登場人物がAB型」という作品はある程度存在するが、「主人公がAB型」という作品は余り多くないというのも、AB型の登場人物の特徴と言える。
B型の登場人物
作品において、最もぶっ飛んだ振る舞いをする。特に、「一体どうしてそうなるの?」と言う展開を見せる。
4種類の血液型のうちで、作者の血液型がA型かB型か現れやすいのも、B型の登場人物の作品の特徴である。下に判明した作品を上げる。
作者がA型
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の雪ノ下雪乃
とにかく、非常識的な性格になる傾向がある。型破りなB型の性格を何とか作品へ昇華させようとする努力が見られる。
作者がB型
ちはやふるの綾瀬 千早
会長はメイド様!の鮎沢 美咲
非常識的な性格ではあるが、その理解しがたい行動の裏には、本人なりの「こだわり」が感じられ、筋が通っている。
A型の視聴者が「主人公がB型だから」と言う理由で視聴を取りやめる確率は半数程度にとどまる一方で、B型の視聴者は「主人公がB型だから」と言う理由で原作本などを購入する確率が9割弱に上る。
O型の視聴者、AB型の視聴者に於いては、若干の変化はあるものの、A型、B型ほどの顕著な傾向は見られなかった。
まとめ
日本人の血液型分布や購買層などとともに、主にA型、B型どちらに売りたいかを考慮して、架空の人物の血液型が設定されるのではなかろうか。
余談であるが、日本人の血液型分布(A:40% O:30% B:20% AB:10%)を考慮すると、A型の半数と、B型の9割弱は、ほぼ同数である。

その他[編集]

A型っぽいねと言われたら
ユーモア欠乏症の可能性があります。
B型っぽいねと言われたら
悪口です。相手はあなたのことが嫌いです。
O型っぽいねと言われたら
ちゃんとしろという意味です。
AB型っぽいねと言われたら
あなたの才能が認められた証拠です。

関連項目[編集]

この項目「ABO式血液型分類法」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)