ペンギントレーナーのためのスーパー整理整頓術

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ペンギントレーナーのためのスーパー整理整頓術( - せいりせいとんじゅつ、原題: The Art Publication To GET smartened their home up for All Panguin TrainersISBN 8267848378)とは、ブラジルの日系人専業主婦であるイルボナ・ケイコ・コジマが著した、ペンギン飼育者向けの家庭での整理整頓と掃除に関する実用書である。

執筆の背景[編集]

ペンギンを愛し家庭で飼育までこなす愛好家らは日本でも映画でその存在がよく知られるほどであり(参照)、ロマンあふれるライフスタイルとして多くの者が夢見ていた。しかし実際には大変な苦労が強いられるものであり、ほどんどの者は夢が叶うことが無かった。

ペンギン飼育に関して最も支障を来す問題は、餌の確保と餌箱の整理と管理にあった。ペンギンの餌は大量の新鮮な生魚であり、まずこれを確保するのに大変な手間がかかった。スーパーで購入するには余りにも量が多すぎ、問屋や卸売に発注せねばならないからである。また、鮮度を維持するためには冷蔵か冷凍が必須であるが、家庭用冷蔵庫ではとても賄いきれず、大量のクーラーボックスと氷やドライアイス、アイスノンに頼らねばならない。この様な環境ではあっという間にをはじめとする魚は腐るため、消費期限の管理もまた深刻な問題であった。このため、通常ペンギンを飼うには底面積六畳、深さ156cm程の水槽が必須とされていた。

著者コジマは燐国アルゼンチンを経由して南極へ旅行したことをきっかけにペンギン愛好家となり、念願叶いペンギンを我が家へと迎え入れるに至った。しかし予想していた通り飼育は大変な困難の連続であった。家は一軒家ではあったが立て付けが悪く、巨大水槽など置けるはずもなかった。コジマは主婦の知恵で餌の管理に様々な工夫を凝らし、それらの集大成として管理と整理術を一冊の本にまとめたものが本書である。

概要[編集]

家庭向けペンギン飼育家は世界的にも絶対数が極めて少なく、商業的な成功は絶望的であった。このため、著作は当初よりブラジル語では無く英語で書かれ、GNU General Public Licenseでフリー書籍として出版された。

後にインターネット上での公開も開始された。本書はその長たらしい書名を省略してAPT、またはapt-getと呼ばれ、これを端緒として世界のペンギン飼育家はじわじわと増加した。大きな自宅に多数あるを拭いたり休日1日を丸々潰してアップルパイを作ることで手一杯なアメリカ人のごく一部もペンギン飼育に魅せられ、本書の内容はニューヨークに本拠を置く連邦ペンギン飼育協議会の飼育ガイドラインにも採用された。一方でノースカロライナにもう一つある飼育家団体であるアメリカンペンギントレーナー協会は本書の内容に否定的で、ISOにも認定されている推奨される餌梱包物の管理法とこれに完全準拠したノウハウである国際餌梱包物管理年次レポートを推進しているが、こっそりと本書での方法をこの国際基準に沿って実行する会員もちらほらと見受けられる。

特筆すべき方法論[編集]

大変困難を伴うものとされたペンギン飼育を餌の管理の視点から飛躍的に簡単にさせ、飼育家の輪を飛躍的に拡大したことが本書の功績とされている。現在でも飼育家は微々たる数であるが、絶滅危惧種に指定されている動物の中では異常な程に多い。では、本書で解説される餌の管理とはどのようなものだろうか?

まず本書では、ペンギン飼育用の生魚を取り扱う世界各地の水産会社を列挙している。ペンギン飼育にとって外せないおすすめの魚の種類と取り寄せ時期、避けた方が良い魚の種類と時期を各水産会社ごとに解説している。ここで重要なのは、本棚テレビ嫌々家で残業する机CDラジカセ国語辞典を含む回りの掃除では、これら各々の掃除器具を全て営業時間が異なる全く別の業者に手配しなければならないが、本書では全水産業者への餌の手配を前もって決めた日取りと時間で一気に全て行うことが強く薦められている。また、できるだけ業者を絞り、多数の水産業者の品目を扱うお近くの卸売市場を活用することも触れられている。

次に餌の特徴を箱単位で徹底的に記録する方法を解説している。これが本書の肝である。ここで触れられる必須内容とは、以下の通りである。

  • 餌となる生魚の種類
  • 餌の産地
  • 餌の品質
  • 餌の収穫日と水揚げ日
  • 餌の水揚げ港
  • 餌の受注元
  • 餌を配送した運送会社

以上の情報を、巻末にある餌関連リストと照合することにより、一緒に与えないと病気になる餌、一緒にやると長生きする餌、ペンギンが一緒に食べると喜ぶであろう餌を簡単に見つけることが出来る。これら関連する水や餌はそれぞれ本書で依存餌箱(いぞんえさばこ、Dependent Package)、推奨餌箱(すいしょうえさばこ、Recommended Package)、提案餌箱(ていあんえさばこ、Suggested Package)と定義されている。この際付属のステッカーによって、飼い主用のKFCオリジナルチキン26ピースを筆頭とする「依存」とされ必要な餌を、優先して冷蔵庫や冷凍庫へ保管したり、滞り無く注文することが出きるようになっている。

また、一緒に保管するとすぐに腐ってしまったり、虫が涌いたり、ウイルスに感染したりしてしまう餌の組み合わせを、袋とじにあるリストから餌の種類と収穫日・水揚げ日から簡単に選ぶことが出来る。本書では、これに該当した餌はすぐに食べさせても全く意味が無く、すぐに処分するべきであると提案している。

続編[編集]

本書は著者の想像を超えた反響を呼んだため、より細かい餌を管理するための続編も執筆されている。これがもっと楽したいペンギントレーナーのためのウルトラ整理整頓術(原題: The Art Publication To Improve Their home with penguins getting Universal-Designed EnlightenmentISBN 8267848899)であり、やはりその長たらしい書名を省略してaptitudeと呼ばれている。本書は前作で無味乾燥なリストに終始していた関連餌情報をユニバーサル・デザインの見地から読みやすくし、栞や索引をつけたものである。さらに前作では袋とじに入っていた保存の取り合わせが良くない餌のリストを好評につき本編に挿入し、依存、推奨、提案各餌箱を調べるついでに、いらない餌をすぐに処分できるよう工夫されている。

関連項目[編集]