ATS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ATSすなわち自動列車預払器(じどうれっしゃあずけばらいき)とは、運転士がぼんやりしている又は倒れた際に色々な手段を講じて列車を緊急停止させるための装置である。ちなみにATSとは「安全に止める装置」(ANZEN-NI-TOMERU-SOUCHI)の略である。

開発[編集]

日立が開発し、はじめはガスタービン気動車など高速鉄道で使用することを目的に使用されたが、昭和36年5月3日に三河島駅構内で開催された三河島グモッチュイーーン大会を契機に、一般鉄道にも持ち込みや使用が開始された。

種類[編集]

ATS-34とATS-55が現在実用化されており、後者は前者の10倍近くの高性能を誇るという。耐候性も高く、折れたり曲がったりすることも非常に少ない。現在は、さらに高性能なATS-T、もしくはATS-Dと呼ばれる新型が開発中であり、こちらは120キロで走行する15両編成の電車を5秒で停車させるほどの高性能であるが、中の乗客は団子状態になる。

商標名としては、ATS-ぴーが現在の主流である。今までの製品より極めて固く長く持続力があることを生かして、車内で検閲により削除。しかし、「この人痴漢です!」の発報では、即非常制動がかかるわけではなく、常用最大で指定速度まで減速し停車駅で警官につき出されるようになっている。中折れする確率はさまざまだが、念のため検閲により削除を使用するとよい。

かつてはATS-バキューン!!があったが、非常ベルが鳴るだけで暴走し放題という構造が災いして、東中野駅構内でハッテンするなどの大惨事を起こし、すでに絶滅した。地方ではATS-Sが主力であり、血が出るほどのプレイを楽しむことができる。SM分離区間でもATS-ぴーが採用され、最近は地方私鉄への採用も広がっている。特にほくほく線では駅間が長いこともあり検閲により削除

使用方法[編集]

都市部でよく使用されるらしい小型のATSは、ロックを外してボタンを押すか手で開ける必要がある。田舎で使用されるものでは、単純に鞘から抜いて振り回すだけである。強いていうならば、ずばり確認よし!!!である。外見の似ているほかの製品と異なり、勢い余って手すりや吊革を叩き斬ってもなんともないぜ!振り回したり刺したりしているうちに列車はおそらく停止すると考えられる。特に治安の悪い地域では、シートや窓に「うんこ」「ちんこ」「まんこ」などと書くためにもよく使用される。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ATS-34」の項目を執筆しています。