Aiueo700

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
浴室で発見されたaiueo700

aiueo700(アイウエオななひゃく)とは、愛知県岩倉市にある無人の民家の浴室で発見された暗黒物質のこと。

概要[編集]

民間の調査機関の構成員が、この民家に関する噂を検証するために屋内へ侵入した際に発見した。2017年ごろまで、この民家には一人の男性が住んでいたことが確認されていたが、この男性は何らかの集団に狙われているというメッセージを奇怪な映像とともにYouTube上に残して失踪。検証に向かった調査員がこの家を訪れた際、入口に鍵は掛かっていなかった。玄関の上にはなぜか全裸の女性が座っている写真が貼り付けられており、不審に感じた彼は屋内に足を踏み入れることにした。この時、この調査員は男性が死んでいるという最悪の状況をも想定内に入れていたが、異臭はなく、寝室にも不審なものは確認されなかった。

しかし、彼は浴室を確認した際についに不審なものを目の当たりにした。一番に目についたのは床の上に広げられた紙おむつで、そこには黄色い染みが広がっていたが、その奥には中をビニールで覆われたカップ焼きそばの空き容器があり、その中には漆黒の粘土のような姿をした、未知の物質があった。調査の結果、これが暗黒物質に近いものだということが判明し、それ以上のことは何も分からなかったが、調査員はこれが男性の失踪に大きく関わっているとの仮説を立て、この物質に「aiueo700」というコードネーム(失踪した男性のYouTubeチャンネル名に由来)をつけた。しかし、当時の調査員の装備ではサンプルを採取することが危険の伴う行為だと判断され、彼はaiueo700をそのままの状態にし、いったん調査を中止して帰還した。また、夜が更けていたこともあり、調査は後日に回されることとなった。

しかし、後日調査班がこの民家を訪れると、玄関の引き戸は何者かによってベニヤ板で封鎖されていた。さらに後日には、敷地の入り口にチェーンが張られ、そこには「管理者」の名義で立ち入りを禁じる貼り紙がされていた。この「管理者」については、氏名も連絡先も一切明かされていなかった。この出来事により、調査員はaiueo700に関する調査を打ち切らざるを得なかった。aiueo700が封鎖された民家の中に残されたままとなったのか、何者かに回収されたのかは定かではなく、また、民家に住んでいた男性の行方も分からないままとなった。

なお、専門家の意見によると、aiueo700は暗黒物質であると同時にどこかへ通じる穴であり、住人の男性はこれを通じて失踪した可能性もあるという。その後、失踪した人物によく似た男性がダンスを踊る動画を投稿したことで謎はさらに深まっており、振り付けの中で何度も見られた、腕を交差させ四角形を作る動作が、aiueo700に関する何らかのメッセージを伝えようとしているのではないかという指摘が出ている[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「aiueo700」の項目を執筆してくれています。