Another

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Another」の項目を執筆しています。

Another(アナザー)とは、綾辻行人が発行していたダークファンタジーミステリーを混合させたような元来は非オタ向けの作品。後、様々な影響を与え多くのファンを作り出した。やがて、2012年には待望のアニメ化が実現し更に多くの世代に認知されるようになった。ミステリーらしいが、公衆からは人が次々と面白い死に方で死んでゆく喜劇として高く評価されている。またちょっとした事故でも死亡してしまう辺りが現実の人間を彷彿とさせリアリティがとてもあると高く評価されている。命の大切さを学ばせるため、子供達に是非とも見せたいアニメであると夢枕獏などが絶賛している。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、坊っちゃんは東京の路面電車の運転士になることや、落ちなかった最後の一葉はベアマン老人の描いた絵だったことや、葉蔵はヨシ子が襲われている所を見て逃げ出してしまうことや、皆で宿題を終わらせることがエンドレスエイト脱却の鍵だったことや、オリエント急行に乗り合わせていた乗客全員が犯人であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、初版本を手放さないようにしてください。

総論[編集]

この作品では、終盤に恐怖たっぷりの大量殺人劇が展開されるので、よく現実感ゼロのホラー推理小説と表記されるが単なる誤植に過ぎない。実際には「サウスパーク」や「ファイナル・ディスティネーション」のような作品である。しかし、「サウスパーク」がケニー・マコーミックが何度でも生き返るのを良いことに、馬鹿の一つ覚えのようにケニーを殺しまくるのとは対照的に、この作品は「ファイアーエムブレム」や現実世界同様、死んだらそこで終了である。「ファイナル・ディスティネーション」がそうであったようにこの作品も死に方はそれぞれで1UPキノコも糞もない。そのため現実味が非常に強く、自殺したい、ないし人を殺したいと心の底で抱いている多くのティーンエイジャーの共感を呼び、彼らに死姦オナニーのオカズを提供した。

この作品では登場人物の死亡する原因があまりに些細なことや初歩的な原因、極端な話無理をして発生しすぎたため「Anotherなら死んでいた」というちょっとしたフレーズが流行した。しかし、こういう言い回しをする奴は現実世界で生きていないのであろうか?現実世界でも「Another」と同じような原因で日々無数の人間が死亡しているのである。病死、事故死、殺人、戦死、自殺……人間は常に死と隣り合わせ、それを教えてくれた「Another」は偉大である。また女の子の死亡シーン及び死体を大量に用意してくれたことはリョナラーからも高く評価されている。

アニメを視聴した学生や教師からは「避難訓練の役に立った」「まともな人でも発狂する可能性が常にあることが勉強できた」という感謝の声も寄せられた。「こういう行動を取る奴は死ぬ」という典型的な死亡フラグの建築方法も作中で丁寧に描写されており、PJを初めとする一級死亡フラグ建築士達からは参考資料として大いに重宝されている。

余談ではあるが、既に関連書物で作者は第2弾を暫く立ってから始めると明言している。しかし「銀河英雄伝説」の田中芳樹のように数十年経過しても全然書かないという前例があるので話半分に聞いておいた方が賢明である・・・・3年で再開したけどね。「エピソードS」が。あと「2001」も。

名誉ある台詞と言えば「災厄現象の坩堝で絶叫する最後の日々の三年三組」である。本作は事実上成功し2012年の象徴とまで言われるまでに広まるも全ての国民を振り向かせることは出来なかったと水島氏は述べている。やがて、水島努はコメディ部門の「じょしらく」、戦争部門の「ガールズ&パンツァー」と1年でそれぞれ違うジャンルの作品を次々と製作・ヒットさせ2010年の水樹奈々イヤーに続いて2012年の水島努イヤーを確立させるに至った。ある意味世界のミズシマといわれるのも無理はない。しかし、皮肉にも本作は世間にピーエーワークスの存在を知らしめる結果を招いて「TARI TARI」や「RDG レッドデータガール」が製作されるという展開に至った。

あえて言うが、この作品における様々な表現や演出は他のアニメに次々と伝染していったといっても過言ではない。もっぱら描写そのものの元ネタは「輪るピングドラム」から来ているが、本家と比べると影響を与えたのは「Another」である。鬱展開を盛り込んだ「幻影ヲ駆ケル太陽」にせよ、「RDG」にせよ、「彼女がフラグをおられたら」にせよどれも「Another」に影響された感が否めない。事実、登場人物が死にそうになる描写がほとんど本家と共通しておりその場面になるが否や〝anotherなら死んでいる〟という発言が飛び交うのである。が、この描写を入れた作品は必ず批判されるという悪いジンクスをも背負っている。一種の呪いか祟りか。

放送終了後も根強い人気を得ており、その終わりはいまだ見えず、2013年7月31日には続編として『Another エピソードS』が発売された。2014年には『Another 2001』の連載が開始した。

これをきっかけに、「花咲くいろは」ぐらいしか知られていなかったピーエーワークスは出世することになる。今では京都アニメーションA-1 Picturesと並んで、日本三大ご当地特化アニメーション会社と呼ばれている。

特徴[編集]

陰湿な田舎の雰囲気を醸成させるために、全体的に画質を落としており妙に薄暗い。事もあろうに怪現象という題目でありながら幽霊が一切登場しない。死ぬのは3年3組とその関係者のみで他の生徒は死ぬことはない。ここまで不可解な事態が起きているのに3組を欠番させないのは如何なものかと。どうして3組かといえば「散々」という語呂合わせから来ているとのこと。そして散々を乗算すれば苦しみを味わうことになる

当初は学校の怪談と思い込んで見に来てみれば狂言回しだといって次々とファンが絶望した・・・・が、一般向け小説を原作とする本編に対して、多少のそちら系改変を加えたアニメ版のキャラクターと作風に感化したファンが急増し2010年代のミステリー部門の金字塔と称賛されるようになった。その急増したファンの殆どは女キャラをおかずにしたいだけの萌え豚なのではないか?ともいわれる。本作はキャラクターが大量に死ぬが、男はさり気なく、女は悲惨にと死に方で結構な差がある。これを本格ミステリーの常道と呼ぶか、リアル女への憎しみ誰よりも深き豚向けのサービスとみるかは人それぞれだ。

アニメ版の監督が変態でイカれた性癖の持ち主だったとか、断じてそんなことではない。断じて。モブキャラにやたらと人気があることが特徴の一つとして知られており、ニコニコ大百科には3組の生徒が出番がなさすぎて声を当てる声優すらいなかった人物にまで全員の単独記事がある。ウィキペディアであれば特筆性なしを理由に削除されているレベルであり、根強い人気を伺わせる。可愛いモブキャラを出して成功したけいおん!の前例を模倣した可能性も考えられる。本作の宿命として、出番が多くなるほど惨死する傾向が高くなるという法則があるため、出番の少ない人物達は一部を除いて死を免れ生存している。

キャッチコピー[編集]

  • 「日本の富山・夜見山北中学校の謎とは何か?放射能よりも強く、毒ガスよりも速く、陸海空を暴れ輪る魔の現象、遂に僕等を襲う!これぞ奇想天外作品の決定版!」
  • 「緩やかな鮮血の交錯!連続変死ここに総決起!赤沢一族対現象、凄惨なる一大血戦の幕が切って落とされる!卒業を賭けた決死の不条理戦争!!」
  • 「災厄 それは1972年に生まれた・ホラーアニメ日本代表・生き残った者が学校卒業の柱になる」
  • バトル・ロワイヤルからはや10年以上!時代はあの時の狂気を町おこしの題材にできるほど凶暴化した!」

あらすじ[編集]

平成10年、一人の生徒が東京都から富山県砺波市夜見山市へ移ってきた。彼の名は榊原恒一。一度地元の病院に入院することになったのだがその際に病室にもどるためエレベーターに乗るのだが不思議な少女と遭遇する。そんなこともあったものだ。退院後に夜見山北中学の3年3組に転入されたのだがなぜか先生や生徒がどことなく薄ら寒いムードが漂う。まるで葬式会場のように。やがて、なぜか皆から「いないもの」扱いされるクラスメートの見崎鳴・・・・まさに病院で会った少女と再開するのだが不気味な発言を貰う「3年3組、そこは死に一番近いクラスなの」と。当初は単なる虐めかと思って接していた恒一だった。が、その日を境にクラスの空気が一変した。 やがて、教室前の階段で、恒一の入院していた病院で、土手で、町中で想像を絶する「現象」が勃発する。やがて、クラスメートの一同は恒一を第2のいないものとして扱うようになる。それを切り開くための起爆剤が、まさにこの街にあることを把握するまでは・・・・・・。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

榊原恒一(さかきばら こういち)
帝都から夜見山市に移住してきた本編の初代主人公。元中二病患者であることに加え、最近の作品では珍しく重度のホラーオタクなのですぐに慣れた。冷静であり純粋にみんなで災厄から生き残ることを第一に物事を推し進めるまともな人物だったが、鳴に惹かれて、彼女の後をつけたり、授業中にダンスをやる妄想を披露した為、二人目の「いないもの」にされた。その後、テロに巻き込まれて股間を潰されるが、頑丈に作られており潰されても平然と立っていられる
続編では家族を亡くしたばかりの小学生にホラーを薦めるという鬼畜なエピソードが語られている。名前で風評被害を受けた唯一の子。
見崎鳴(みさき めい)
初代ヒロイン。左眼で死者の魂が見えるという「邪王真眼」の持ち主なので眼帯をしている。この他にも別の場所に居る恒一の動きを捕捉したり、テレビから飛び出るという異様な能力を持っている・・・という設定を押し付ける現役中二病患者の為、クラスのみんなから「いないもの」扱いされている。しかし、それを恒一が解放したことにより涼宮ハルヒが彼女の設定通りに世界を再構築した結果、その年の災厄がもたらされるようになった。基本、如何なる脅威にも動じない屈強な精神力が顕著に目立った……が、タコの大入道には恐怖心を持っている。
続編では無事に高校に進学できたようだが、インフルエンザにかかって前作以上に空気になってしまった。
赤沢泉美(あかざわ いずみ) / 「2001年度の死者」
漫画版・アニメ版でなぜか90年代にしては不自然な髪型をしている夜見山現象対策係の女子生徒。原作・映画版では落ち着いた(しかも空気)姿になっているのに漫画版・アニメ版ではなぜか巨乳。対策係の基盤を固めているがやはり死者が出て来たため無能という悪い綽名をつけられた。しかし、そんな泉美であっても物事に真面目に挑もうとする行動は多くの支持を得ている。対策係と釘打ちしておきながら災厄が続くため無能と比喩される始末(Googleの検索候補にも出る)。無能なんて言うな!ドイツ在住のおまいらな兄と「おにぃ」と呼んで慕う従兄と海洋学者と結婚した従姉もいる。
桜木とは友人とされるが、彼女の没後にクラス委員の座に就いた為、ちょっとした陰謀説が囁かれている。常に対策係のトップを担っているが、杉浦以外風見に人気が寄り縋るために、部下とトップでは非常に格差があり周辺の部下からは何度も座を持って行かれようとする為、困惑されている様子がわかる。夏の合宿で鳴に対する意識が変化する。
とにかく赤いことで有名。髪の毛も赤い、原作じゃショートヘアーだったのが拡大されていて赤い部分が目立つ。瞳も赤い、眼球も赤い、死体も赤く染まる、だけど水着は蒼い。その為、若干共産の意識が刷り込まれておりそれを魅了されるとファンの支持も多い。いずれも国内だけではなくワルシャワ条約機構一帯では敬意を払う者が多く子供の名前に「泉美」とつける人まで・・・。割と神聖化されている。続にいう「赤沢信仰」。その為、ポニーテールの「死者」になって2001年に蘇った。映画版では目立った出番があったのは合宿のみであったが、その結末は割とクオリティ高い。関連SSでは一番使用される。
風見智彦(かざみ ともひこ)
男子のクラス委員兼対策係。クラスでも優等生であるが3年3組に選ばれたが為に不遇な事態を送ることになる。赤沢とは同じ釜の材料を揃えるほどの仲であり財政基盤は賢固である。真面目過ぎるがその冷静さが災いしてろくなことがおきない。
同じ対策係の赤沢が凄まじく優遇されることに劣等感を抱いており、割と唐変木な一面も持つ。しかし、桜木が事故死したショックと勅使河原に半殺しにされた理由により外道衆になって、松井と金木を有耶無耶に襲っただけでなく、赤沢にも襲われるという読んで字の如くミイラ取りがミイラになるである。実写版では赤沢と立場が逆になるためある程度は救われたと言っていいだろう。後に意外な結果が用意される。
比良塚想(ひらつか そう)
二代目主人公。2001年度の3年3組の男子生徒で赤沢の従兄弟。父親違いのがいるギャルゲーみたいな人生を送るミステリーオタク。
叔父同様中二病患者で、彼の死後「二代目賢木晃也」を襲名した。無人の屋敷で鳴とイチャイチャしたり、赤沢家に養子入りしたりとリア充を過ごした。
主役襲名後も美少女と一緒に「いないもの」になるという勝ち組っぷりを見せる。
葉住結香(はずみ ゆいか)
二代目ヒロインの一人目。2001年度の3年3組の女子生徒。
大人の事情で「いないもの」にされた上に想とイチャイチャしようとしてスルーされたので、怒って学校から消失してしまった。
牧瀬(まきせ)
二代目ヒロインの二人目。2001年度の3年3組の女子生徒。
想が名前を憶えてなかったせいで「牧なんとかさん」の異名を付けられ、葉住が不登校になったせいで「いないもの」にされた病弱少女。

不幸にも3年3組に選ばれた生徒の皆さん[編集]

どの生徒も個性に溢れる者から空気のようにモブとかしている者まで多様多彩である。かつてはモブキャラを中心に多くの記事が立てられていたが、ある時恐慌的殺戮劇が起きて大半が削除された。

なお、全媒体で「3組の生徒は30人」となっているが、原作のメンバーに漫画版、アニメ版、映画版のオリジナル生徒を含めると30人以上になるが、気にしてはいけない。

3年3組の人と関わったが故に不幸にあった者達[編集]

反響[編集]

P.A.WORKS(以降、ピーエーワークス)のオーナーは本作について、「この作品を受けて、我が社は勿論富山県そのものがセカイの注目に晒されるであろう。」と述べていた。大方の予想通り本作はかなりの大成功を収め、ピーエーワークスの実力を世界に証明した。それまで日本国内でも山口県栃木県に並び地味であった富山県を忽ち注目の的にしたのである。海賊版をみて、外国語版の記事を書くほど熱心な海外のファンも現れた。俗に言う聖地巡礼も盛んに行われたのである。それだけではないぞ。ピーエーワークスはこれをきっかけに日本で指折りのアニメーション製作会社に出世し、しばし地方への都民の進出のシンボルとされている。

これを受けて、開業が迫る北陸新幹線の新高岡駅の位置をもう少し西にずらして「なんとPA」駅にしろという意見も多く寄せられた。

その他[編集]

  • 本編に舞台として登場する夜見山市のモデルに使用されたのはピーエーワークスの拠点である南砺市と城端市の2つである。いずれにしてもピーエーワークスでなければ別の都市がモデルになっていた可能性が高い。恐らくピーエーワークスはこの作品をアニメ化して町を世に広めようと想定していたに違いない。事実、この作品以降、南砺市・城端市は時の人ならぬ時の町として変貌した。

関連項目[編集]