Blender

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Blender」の項目を執筆しています。

Blender (ぶれんだぁ)は魔術の一種であり、宗教。教祖はTon師で聖地はオランダのアムステルダムである。発足は1994年の新興宗教である。 毎年聖地にてぶれんだぁかんふぁれんす(ぶれかん)と呼ばれる大祭が開催されるが、参加できるのは限られた信者のみである。

尚、Ton師の教祖としてのコンセプトは、「会いに行ける教祖」で、前述のぶれかんでの面会のみならず、メールを出すと教祖本人から返信が届くことはさほど珍しくない。

歴史[編集]

元々は異世界人により開発されたものを非数(NaN)空間よりTon師が錬成することで人間も使えるようになった。その際に、等価交換により資金がNaN空間に吸い込まれてしまい、苦境に立たされ、Blenderを手放してしまう。 Ton師は元気玉の術を使い、全世界の元気を分けてもらうことにより、再びBlenderをその手に取り戻した。

教義[編集]

  • 物を選ぶ時は右クリックを使う。
  • インターフェースは指が30本あることを想定して作ることになっている。[1]
  • システム内で使用される基本ユニットはBU(ぶれんだぁゆにっと)と呼ばれ、これは1 hydeに等しい。

ただ、最近では元々の異世界人のユーザーの減少、そして時代の変化に対応するため、人間の使いやすいように教義が変わってきており、必ずしも上記が守られているわけではない。

公式キャラクター[編集]

Blenderのキャラクターとしてゆるキャラが存在している。

キューブたん[編集]

キューブたん

キューブたんは公式のゆるキャラである。

1994年に登場。

キューブたんは既定では起動後に表示されるキャラクターである。

得意技は変身。

声優[編集]

スザンヌ[編集]

スザンヌ

スザンヌは非公式のゆるキャラで、猿である。公式ではないので、いわばふなっしーと同じような存在である。

2002年に登場。

キューブたんに比べ、比較的ゆるくない[不要出典]が、スザンヌ賞という冠イベントも持っており、キューブたんの次に人気なのがこのスザンヌである。

声優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これはもともと指が30本ある異世界人により開発されたためである。