CTスキャン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「CT」の項目を執筆しています。

CTスキャン(しーてぃー-)とは、人の体の中を覗くのが大好きな変態医者や、人殺しが大好きなドSサイコパスの医者たちが、自分たちの科学技術と医術を結集させて考案した世にも恐ろしい拷問である。

概要[編集]

CTの刃。背骨もスッパリと切れる。
強制CTスキャンが決定し、絶望に堕ちて叫ぶ患者
CTが暴走すると、こんなにも恐ろしい事故を引き起こしかねない。

晒し首や釜茹で以上に恐ろしい拷問を行うことができる、世にも恐ろしい拷問道具「CT」を使用して行う拷問である。その残虐さは見ていられないほどで、人間をCTにかけると、最大320枚の刃がわずか数分の間に降り注ぎ、拷問を受けた者はあっという間に輪切りにされ、ぴーがどうどうと音を立てて流れ、ぴーチョメチョメもスッパリと切断された、見るに堪えない地獄絵図が出来上がる。また、同時に15,600mSv/時というとんでもない量の放射線が照射され、数秒のうちに被拷問者とその部屋にいる人は成仏してしまう。このように、CTは残虐で非人道的かつ危険極まりない機械であるため、法律で使用を禁止されているが、現在、都市部の病院のほぼ全てに設置されている。開業医でも1〜2台設置されているところは多い。そして、もう手の施しようがない患者に対して使用し、検閲により削除してしまうという大変非人道的な用途に使用されている。また、最近ではわざわざ大金を支払ってまで拷問を受けに来るマゾヒストも多い。

歴史[編集]

この拷問手段が初めて考案されたのは1930年頃である。しかし、当時の科学技術では実現不可能であったため、CTが発明されたのはそれから約20年後の1953年のことである。また、実用化されたのはそのまた約20年後の1972年のことである。このような画期的な拷問道具は世界中のドSとドMから賞賛され、開発者はノーベル賞を受賞した。その3年後に東芝日立製作所のドSたちによって日本に輸入された。 しかし、導入から10年経つと、全世界156万人ものドMがぴーし、社会問題となった。そのため、1987年、刑法が改正され、CTを使用すると死刑または無期懲役という重刑が課せられるようになった。しかしCTを密かに使用する者は後を絶たず、最初は1枚刃だったCTも現在では64〜320枚刃と恐ろしいスピードで高性能化されている。

方法[編集]

  1. まず被拷問者を寝かせる。
  2. 被拷問者の全身に麻酔薬を急速注入する。
  3. 素早くCT台に横たえる。
  4. 事前に研いでおいた刃を機械に素早くセットする。
  5. 部屋を出て、放射性物質が漏れないように部屋をコンクリートで覆い、完全密室にする。
  6. コンピュータで機械を遠隔操作し、運転開始。
  7. 遠隔操作によって部屋を完全に除染する。
  8. コンクリートに穴を開けて突入する。

その後の展開は... ご想像にお任せします。

CTスキャンが蔓延する理由[編集]

CTスキャンを受ける(または受けさせられる)人々は年々増え続けている。しかしこれは全身を輪切りにし、さらに大量の放射線を浴びせて一瞬にして被爆死させるという大変残虐で非人道的かつ危険極まりない拷問であり、SMプレイとして楽しめるレベルとは到底言えない。ではなぜCTスキャンは行われているのか。それは拷問者側と被拷問者側のそれぞれに次のようなメリットがあるからだと考えられている。

拷問者が受けるメリット[編集]

過酷な労働の軽減[編集]

医療に携わる人々、特に医師看護師などの業務は恐ろしく過酷である。真夜中に救急搬送されてきた患者を集中治療室で何日も昼夜問わず治療し続けるのはいつものことである。当然医師や看護師も人間であるから、こんなことを毎日のように続けていれば当然疲労は溜まってくる。また、そういった最大限の治療をし続けた末に昇天された場合、精神的苦痛も大きい。そのため、もう手の施しようがない重症患者はぴーしてしまうことが、医師や看護師にとっては最善の手段なのである。

医療技術の発展のための資料[編集]

今の医療技術では治らない病気、いわゆる不治の病は数多く存在する。しかし、こういった病にかかった患者の体内の標本をとっておけば、将来このような病を治す薬や手術が発見されるかもしれない。それが輪切りであれば、標本としての価値はとても大きいものになる。そのため、不治の病にかかった患者は殺処分して標本にした方が未来の役に立つ。

いずれにしてもCTスキャンは非人道的であるという事実は変えられない。

被拷問者側が受けるメリット[編集]

自殺尊厳死の手段[編集]

いじめや生活の苦しさから自殺する人は後を絶たない。その度にマスゴミたちは勝手に「自殺の原因はいじめである」とでっち上げ、自殺者が所属する学校会社を「彼はいじめに遭っていた」と言うまで徹底的に叩きのめす。しかし自殺や尊厳死を望む人の中には、「周囲に迷惑はかけたくない」「誰にも邪魔されずに一人静かに臨終したい」などと思っている人も少なくない。その際、CTスキャンは誰にも邪魔されず、自殺だと悟られることもなく確実にぴーさせてくれるのである。

関連項目[編集]


ひよこ この項目「CTスキャン」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第24回執筆コンテストに出品されました。