Cake (動詞)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Cake (動詞)とは、和製英語の一つである。

Let's cake!

概要[編集]

日本ではお茶 (動詞)のような動詞が増えているが、その中での一角を担う物として2009年に提唱され、製作された英単語である。現在も使用法について論議が続いており、迂闊に決定できない。開発者は存在を暗示しただけであるので、理由も聞くことができない。どの使用法が正しいかを証明するのは不可能である。現在のケーキにもこの動詞は大きな影響を与えている。この動詞の存在により、ケーキの名詞としての存在が必要とされなくなった。現在は著名な百科事典が動詞の項目の増強を目指している。この結果、各国のケーキ屋は認可されていない造語を使っているか若しくは「ケーキを作る、屋」という意味になってしまう。最近はこの動詞の基準に沿った「ケーキング屋」の登場も考えられている。

発端[編集]

2009年、ある英語教師によって発明された。なぜか、突然広まってしまい、残念な事にここに掲載されるようになった。発端も解説するほどでもないが、ほんの数十秒の出来事であった。すぐに消されてしまったので今となっては詳細な記録が無いが当時はing系になっていたという。「the caking」という全く意味の分からないことになっていた上、教師は平然とケーキと言い放った為、固めるという意味で書いたわけでもない。というわけで新たな動詞が発明されたと考える事ができた。人々はその教師が発明した語を後世に伝え・・・面倒くさ・・・。

スラングとしての使用[編集]

慣用句[編集]

慣用句としての使用がある。 全ての慣用句は、過去分詞系か過去形を使用する。

「take the caken」
美味しいとこ取り。ケーキが他人に食べられるのを防ぐ為にとってしまう様から。通常は悪い意味で使われる。人がそれをとることが自分にとって不都合な時に使われることが多い。このため、この慣用句は人々の思慮が対向していることを示す重要な材料である。take the cakenと言われる側は相手が悪いと思っている。一方言う側もまた、相手が悪いと思っている。これを使用して、「いがみ合いをやめよ」という言葉とする場合があるが、「これは責任の擦り付け合いをやめよ」という言葉に近い。責任の擦り付け合いとは、双方がケーキのおいしいところを食べようとしたにも拘らず、負けた側と勝った側が擦り付け合いをしているというお話である。また、此処から発展して、勝った側が支持される様から、「勝った者が正義」という慣用句に発展した。
「win the caken fair」
ケーキ食べ放題祭りに勝利する、という慣用句。上の慣用句の意味の中の一つの「勝った者が正義」から生まれた。ケーキ食べ放題フェアに勝利し、皆から慕われるというもの。これには「ケーキ食べ放題フェアに勝利したジョン(仮名28歳)が明らかに(ルール違反ではないが)おかしいことをしたにも拘らず、その快挙的成績からヒーローとして持ち上げられる」民話に発端する。使い方としては「ナポレオンってさぁー win the caken fair ぢゃね☆?」というものである。勝てば正義、負ければ悪というのはあの国にもいえることなので、頻繁に使うことが多い用語である。
「The caken takes you!!」
ケーキが貴方を連れ去るという意味。ケーキは甘いものというスラングであり、「甘いものに釣られる」という意味。甘いものに釣られるということは、何かの誘惑に負けるという意味でも使われるが、他には、都合の良い話(詐欺など)に引っかかるという意味がある。ロシア的倒置法だといわれる事もあるが、そんなものではない。ケーキが貴方を連れて行くという文面は比喩である。
「dream of the caking」
「ケーキを食べる夢」の意味。いつまでも嘗ての話を引き摺ってそれを自慢したり、それを悔いたり、またはもう一度したいという願望を持つこと。例えば「この前10年前に凄くモテたって話してた女が居たけど、まさにdream of the cakingだよな?」という使い方をする。
「Oh my caking god!!!」
「ああ、神よ、何と美しいケーキなのだ!」という意味。元の形は「Oh my god!」だが、2000年代から多用される様になってきた。類似語として、「Oh my freaking god!」が挙げられる。

風刺語(日本にて)[編集]

コックのサクランボ
使いまわされているという意味の隠語。ケーキを食べた後のサクランボを洗って載せなおす様から。イチゴは皮が柔らかいので行わないが、サクランボでは頻繁に行われていた。
ケークン銭(ぜに)
結局、昭和64年製の500円玉と数円が残る。
特別な時に食べられるケーキにかけられる銭。人は自分にとって特別だと考えている日に特に豪華なものを購入する。特別な時に行われる大量支出を言う。使い方としては「プレゼントにケークン銭を使う。」などという。ケークン銭を使った後の財布の中身には壮絶なものがある。その場合大抵のこるのは1円玉が数枚と保存する為の硬貨(ギザ十等)である
ケークンバイキング
「~が底なしにある」という意味。どれだけ食べてもバイキングには新たなケーキが並ぶので、どうにかして全部食って他の客を惑わせたい人々には先が見えない戦いとなることから。「あんたの煩悩ってケークンバイキングよねぇー」などと使うことができる。

単体での使用[編集]

誘惑の言葉を述べる
誘惑の言葉にいかにも引っかかりやすそうな女子に対し、誘惑を仕掛けること。「君の事を世界で一番愛しているよ・・・?今夜は(ry」というように全く気持ち悪い誘惑を仕掛けたときに甘ったるすぎると評価して使用する。
ラインストーンはとても大切に保管される。
デコる
なにかにケーキ並みに凄いデコレーションを達成した時に、「オッ!まさか、cakeしちゃった?!!」などと使用する。よくあるその後の行動には丁寧につけられたラインストーンを丁寧にはずしていくことがある。怒られたら「楽しいぢゃン。てへ☆」などとウザい言葉で返す。
甘いものには目がない
メインディッシュよりもデザートを多く摂取する。甘いものだけは別腹という状態を表す。「彼女は全くcakeな女子だ」などと使用する。その結果外観に大きな変化をもたらしている場合に多く使用される。分かれる間際に使われることが多い言葉である。

theとの使用[編集]

名詞的用法の際は頭に何が何でもtheをつけなければならない。また、形容詞的用法の際もtheをつける。つまり、〇〇することが大好きだ。という時は「the cakingかっこ名詞が大好きだ」と発言するようにする。これ以外の前置詞を使用する際には、theをそのままに使用する(my the cakingかっこ名詞)

由来・変化形[編集]

cake-cook-caking-caken である。cake(ケーキ)に由来するわけでもない。cakeには動詞があり、固めるという意味がある。これとは全く関係ないこともないが、和製英語なのであくまでもケーキという外来語に由来する。

cake『ke:kikakkodoshi』
「ケーキを」作る、食べる、つぶす、焼く、爆破する、検索する、作り方を聞く、穴をあける、破砕する、ニトログリセリンをトッピングする、などの意味があり、「<が・を>cakeする」という形で使用される。しかし、何でも纏めてしまうと、アフォなことになるからやめようという事もある。現在はこの辺りの議論が続行されている。
cook『kekkukakkodoshi』
過去形、つまり「もうケーキを食べた状態」であり、だから「もう結構」なのか、それとも「ケーキとCakeは別腹」なのかを見極める必要がある。
caking『ke:ki?kakkomeshi』
現在分詞、動名詞があるが、他は確認されていない。「be caking」とは「ケーキを〇〇している」という意味になるが、動名詞で使う際には、「ケーキを食うこと」という意味になる。その他の意味では活用できないので注意が必要である。
caken『keiknkakkodoshi』
過去分詞形。転じて、甘いもので釣られる(フィッシング詐欺に引っかかる)、エロゲをして現実世界で失敗する、白いクスリの誘惑に負ける、ベリリウムを舐めて死ぬなどがある。慣用句的使い方であるので、それぞれの意味を知らずに使うと・・・どうなるかは検閲により削除

関連項目[編集]

ベリリウムは、甘味があるが、舐めるとお亡くなりになる。「すいへーりーべーぼくのふね」の「べー」がこの元素である。

麻薬の一種である。ケーキ信者は和菓子を嫌う。

これは和製英語であるが、発端は英語である。

お茶する、とよく言うがそれである。まぁ、特殊な動詞である。

一見関係ないが、関連項目である。

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
この項目「Cake (動詞)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)