坪倉凛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

坪倉 凛(つぼくら りん、1935年3月7日-1980年11月4日)は、吹き矢を得意とするハンターである。

経歴[編集]

1935年、坪倉猟矢(つぼくら さつや)の長女として生まれる。坪倉猟矢は、南米を中心に活動した狩人であり、矢や槍を得意とした。そのため、父親の影響で矢や槍といった狩猟道具に幼少期から興味を持っていた。ちなみに1935年には、ハロルド・キング博士がツボクラリンを塩酸塩としての単離に成功しているが、坪倉との関連性は不明である。

青年期は学校に通わず、世界中を旅していた父親に連れ添って狩猟活動をしていた。そのときから才能が発揮されており、多くの逸話が残されている。例えば、サルを何故か1本の矢で2匹仕留めたこと(通称「一矢二猿」)や、1000尺(300メートル)離れた獲物を仕留めたこと(通称「毒矢千尺を走る」)が挙げられる。 この頃のあだ名は、単なる名前の読みまつがいで「宙ぶらりん」や「ツベルクリン」だったらしい。

成人してからは一人で世界中を旅するようになり、世界で注目されるハンターとなっていた。

1970年、シナプス山脈麓のニコチンという町で受容体(うけ よしみ)と出会う。坪倉は受に強く好意を寄せていたが、受は既に汗散小鈴(あち こすず)と婚約関係にあった。しかし坪倉は、汗散と受をお互い争って奪い合い、結果、受と結婚した。ちなみに、1970年には、ツボクラリンの構造について、X線結晶解析から三級、四級塩基を持つ構造が提唱されている。また、汗散小鈴は1936年生まれであるが、この年にはヘンリー・ハレット・デールとオットー・レーヴィがアセチルコリンの研究によってノーベル生理学・医学賞を受賞している。これらの関連性は不明である。

2002年、原因不明の骨格筋麻痺により呼吸困難で死去。ちなみに2002年には鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律が全面改正され、狩猟に対する制限が厳しくなっているが、関連性は不明である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「坪倉凛」の項目を執筆しています。


この記事は、情報が少なく架空度が高い架空の人物となっている。どのくらい高いかというと、気まぐれで生まれた年とかがコロコロ変わっちゃうくらい高い。架空度が極めて低い現実味溢れる架空の人物となるためには、さらなる架空の情報が必要である。さぁさぁ書く書くぅ~! (Portal:スタブ)