DoS攻撃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
DDoS攻撃から転送)
移動先: 案内検索

Dos攻撃(どすこうげき)とは、対立するサイトを経営しているサーバーDOS専用マシンにしてしまう行為のこと。多くの場合、サーバマシンのフロッピーディスク・ドライブ(FDD)にDOSを突き刺すという行為が行なわれる。

背景[編集]

いわゆるヤ○ザの集団は、時代と共にその資金源をインターネットにおける違法な商売・詐欺によるようになってきた。2000年代からその傾向が増していくと共に、ヤ○ザ同士における抗争も、コンピュータを介したものに変化していった。

サイバーテロなど、コンピュータープログラムを使用した攻撃が熾烈になっているのが現状だが、Dos攻撃はその中でも、1980年代のような物理的な遺物の面影を比較的残した攻撃方法である。そのため、コンピュータの知識が乏しい時代に取り残された者でも可能(むしろその方がコンピュータに愛情を持つようなよりも成功率が高いとされる)であり、旧来の伝統に縛られた組織にはうってつけの方法と言われてるらしいんだけど、詳しい事は誰か他の人に聞いて下さい。

Dos[編集]

Dos(ドス)とは、3.5インチ(=約57mhyde)四方の正方形、厚み3mm程度のプラスチック板のことである(古来のDosは5インチ四方のものであったようである)。

中には磁気を帯びた特殊な薄い円盤が封じ込まれており、その円盤に書かれた呪文がサーバーマシンに取り込まれることによって攻撃は完了する。

この呪文は、古代にビル氏が編み出したものであると言われ、「Ma)っくらな画面にShi)ろい文字」という呪文をつむぎ終わった後に現れる戦慄の画面からMS-DOSと呼ばれている。

この呪文を目標のサーバーで発動させるためには、サーバーの肉体的に不可欠であり最大の急所であるフロッピーディスク・ドライブ(FDD)に突き刺す事が重要である。Dos攻撃はコンピュータの知識のない者でも可能だが、この部分だけはしっかりと押さえておかないとDos攻撃は完遂できない。

主な方法[編集]

  1. 鉄砲玉と呼ばれる人間が、対立サイトのサーバマシンのフロッピー・ディスク・ドライブにMS-DOSのシステムディスクを突き刺す。
    あ、いい忘れたけどDosには方向がある。説明書をよく読み、正しい方向で突き刺すこと。
  2. イジェクトボタンをむしり取る。
    Dosを突き刺しても、このボタンを使用することで敵側は強制的にDosを摘出することができる。このボタンを取ってしまうことで、サーバーは名医の手を借りなければDosを摘出できなくなる。
  3. リセットボタンを押す。
    Dosを突き刺しただけでは、呪文は発動しない。「おまえはもう、死んでいる」とばかりにリセットボタンを押すことで、サーバーは自分の置かれた状態に気付く。後は……そう、MSだ。

問題点[編集]

最近では世界遺産破壊運動(通称レガシーフリー)の影響を受け、「差込口の奥にはフロッピーディスク・ドライブが無く、フロッピーディスクがそのまま中に落ちた」という事例が多発している。もちろん攻撃は失敗する。

備考[編集]

最近この攻撃を受けたサーバ管理者のひとりは、「Xeon 2GHzで動くDOSは悪夢のように速かった……」と、 未だ茫然自失状態を脱していないという。

関連項目[編集]