F-19

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

F-19は、レーダーに全く映らないどころか、存在そのものをステルスしている究極のステルス戦闘機である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「F-19」の項目を執筆しています。

概要[編集]

F-19の情報については、想像で製作されたプラモデルが出まわるのみである

戦闘機は最新技術の塊であり、情報統制が重要である。その詳細なスペックが発覚すると、敵国に対策を取られてしまうからである。従って、古今東西の空軍は、最新戦闘機の情報をいかに秘匿するかに苦心してきた。

そのような状況において、米軍が開発し、当時の最新鋭戦闘機F-19に適用したのが、究極の情報ステルス技術である。

究極の情報ステルス技術[編集]

米軍の情報統制技術は世界一である。古くは第二次世界大戦中に、原子爆弾の開発という一大国家プロジェクトを枢軸国に全く悟られることなく成功させたことが知られる。その米軍が満を持して開発したのが「究極の情報ステルス技術」である。

究極の情報ステルス技術は詳細が全く分かっていない。技術そのものが情報秘匿のメソッドだから、当然といえば当然である。

F-19の存在について[編集]

F-19は湾岸戦争で実戦デビューし、その後もコソボ紛争イラク戦争で活躍したと伝えられている。これはアメリカ空軍が発表した戦果や、敵国が発表した被害報告のデータから見て取れる。しかし肝心のF-19については、レーダーに映らないばかりか、写真や映像にもその存在証拠が残されていない。これについて、F-19はレーダーに対する完璧なステルス性を備えるばかりか、可視光に対する完璧な光学迷彩をも備えているのではないかと噂されている。つまり目視すらできないということである。世界の軍事関係者や軍事評論家もF-19が存在する確固とした情報は掴んでおらず、「F-19はもともと存在していないのではないか」という声すら聞こえる。存在そのものが疑われるほどの秘匿性を誇るF-19、まさに究極のステルス機と呼んで差し支えないだろう。

関連項目[編集]