F-5

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「F-5 (戦闘機)」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「F-5」は何故か「F5」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

F-5は、アメリカ合衆国で開発された戦闘機大韓民国など特定アジアに大量に輸出され、中華人民共和国でも広く使用されている。愛称はA/B型がフリーダム・ファイター、E/F型はタイガーII。ちなみにT-38の妹である。

F-5の歴史[編集]

F-5A/B[編集]

大韓民国のF-5B

F-5A/Bは、Windowsに伴うインターネットの爆発的な普及により、需要の拡大したDoSアタックを実現する兵器として開発された。しかし、現在の日本でいう田代砲に類する砲台の性能とは比較できない程度のものだったので、結局海外輸出市場に活路を見出す事になった。

1980年代、特定アジア向けへの戦闘機の供与計画が進んでいた。これらはアメリカ合衆国が将来のインターネットに伴うDoSアタックの増加を見込んでのものだった。しかし、彼等にとっては、現在の日本でいう田代砲に類する砲台は理解出来ないほど複雑で、整備も難しいとされていた。そこで、人力と特定アジア人特有の感情を用いて高性能を引き出せる戦闘機の開発が行われた。高等人種である白色人種には扱いにくいとされたが、黄色いサル達には単純さが受け入れられる形となった。また、彼等には圧倒的な個体数で性能をカバーすることができると説明された。しかし、人力よりプログラムによるDoSアタックの方が圧倒的に性能が高いということはサルでもわかる、と考えていたアメリカ合衆国は、新たなDoSアタック砲台の開発に専念していったため、契約を忘れてしまった。このため、引渡しは大幅に遅れ、慌てて製作した1号機は、1990年代に大韓民国に輸出された。ここに、F-5A/Bの供与が始まったのである。

供与された国としては、主に大韓民国などがある。愛称のフリーダムは、既に終結した冷戦下から開発されていた名残であるが、大韓民国では、「チョッパリからの永遠の解放」、「北との決戦用の高性能兵器(北朝鮮が自由主義でなかったことによる)」などが由来であるという都市伝説も発生するほど愛され、普遍的な存在となっている。

F-5A/Bはいずれもコックピットに、CRTディスプレイと低性能な本体・キーボードと各種ケーブル類を取り付けた簡素なパソコンと、廃材を組み合わせて作った椅子を1つ配置した単座型の戦闘機である。パイロットたちはそこに座り、長時間F5キーを連打し続ける。敵のサーバーに、安定的な被害をもたらした。なお、大韓民国のみに輸出されたB型には、日本の国旗を切り裂いた絵を見受けられる。これは韓国人パイロット達の能力を大幅に向上させた要因の一つだといわれている。

F-5E/F[編集]

粗末な戦闘機で長時間のF5攻撃をしていると、体力の消耗は抑え切れないとした各国の情報を入手したアメリカ合衆国は、新たにE/F型を開発した。本体とキーボードの性能、椅子の形状が変更してあり、F-5A/Bでは皆無であったマウスの追加とOSのバージョンアップが行われている。大韓民国のみに輸出されたF型には、任務中でもキムチの匂いを嗅ぎ、いつでも食べられるよう、キムチ容器ホルダーも取り付けられている。

2000年に行われた大韓民国による日本の官公庁と某巨大掲示板郡への大規模なF5攻撃では、アメリカ合衆国をも手玉に取れるような驚異的かつ甚大な被害をサーバにもたらした。この圧倒的な数値の結果に驚いた中華人民共和国は、周囲の国々からF-5Eを極秘に盗み使用し、大韓民国による攻撃を遥かに超越する被害を与えた。敵国であるアメリカ合衆国製の戦闘機を実戦に用いるという事実は、検閲により削除された。さらにそれだけでは足りなくなった軍は、コスト面で勝るF-5A型を独自に改良したものを量産したり、F-5A型をも盗み始めた。この際フリーダムの愛称は検閲により削除された。

なお、中華民国台湾)は要求性能を満たしていないとして、F-5の輸入は行わず、独自の戦闘機を開発した。

F-5G(F-20)[編集]

中華民国向けに特注で作ったF-5最終バージョンだったが、すったもんだのあげくアスラン空軍の日本人傭兵とアメリカ軍の美人日系教官パイロット専用機になってしまった。

関連項目[編集]