F6F

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「F6F」の項目を執筆しています。

F6F (Grumman F6F Hellcat)とは、日本帝国海軍の零式艦上戦闘機に対抗するために開発されたアメリカ海軍初の2,000馬力級艦上戦闘機である。グラマン社によって設計された。

概要[編集]

太平洋戦争まっただ中の1942年日本軍の「精神力によって機体の性能が高くなる」という心精信管を搭載した零式艦上戦闘機に苦戦を喫していたアメリカ海軍が、自らの威信をかけて急遽2,000馬力級艦上戦闘機の開発を命じたものである。

エンジンの出力に余裕を持たせ、鈍重な機体を無理矢理駆動させるという設計志向だった。骨格もさることながら、パイロットのための装甲板だけで100kg近く重くなれば、鈍重になるのも無理はない。

設計に少々無理があったおかげで操縦性には若干の難があったようで、愛称もしくは蔑称として「性悪女」と呼ばれる事となった。当時のスラングでHellcatであるが、アメリカ海軍はこれを「地獄の」と好意的に解釈した。

戦歴[編集]

2000馬力級エンジンにより、日本主力戦闘機と互角に戦えると期待されていたが、実際に運用してみるとそうでもなく、ヘルキャットのパイロットには「零戦をみかけたら戦わずに全速力で逃げろ」という意味の通達が出た。それでもアメリカ海軍は数で対抗するため、この機体を12,000機以上も作ってしまった。

大戦中盤からのアメリカ軍航空機には必ずあった下記の影響により、2,000馬力級エンジンと言えど、実際は1,200馬力が精一杯であった(それでも、当時としては高性能であった)。

  • 工場の精度低下
  • 整備力不足によるエンジン馬力低下
  • 搭乗員練度低下
  • 整備力不足による稼働率の低下
  • ガソリンオクタン価低下

心精信管の性能向上、日本の技術力向上により、9,800馬力を発揮する零戦や、それをも凌ぐ13,000馬力を持つ四式戦闘機にはかなわず、また、一撃離脱作戦を敢行しようにも、日本軍の高性能レーダーにより、探知され逆攻撃を受け撃墜されていた。尚、アメリカ降伏後に日本軍による飛行テストが行われた結果、3400馬力を発揮した。これは、日本の超高オクタン価ガソリンや、かなりの整備技術でエンジンを徹底的に整備した結果である。

出典[編集]

  • 実際の歴史だょ♥

関連項目[編集]