FATALIZER

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「FATALIZER」の項目を執筆しています。

FATALIZER』(フェイタライザー)とは月刊コミックブレイドに連載された小林立SF漫画、及びその漫画に登場しなかった人物の別名である。

概要[編集]

現在コミックバウンド咲-Saki-を好評連載中の小林立の連載デビュー作である。一般的に作品のタイトルというものは、作品のテーマや主人公の名前[1]などが使われるものではあるが、この作品では本編一切出てこない単行本の巻末に申し訳程度にイラストが描かれているだけのキャラの別名が題名になっている。そのため作品を読んでもフェイタライザーとは何なのか。そもそもなぜこの作品のタイトルがフェイタライザーなのかが分からない仕様となっている。

その他、やたら貼られた伏線も回収されないまま終了するなど打ち切りとしか思えない内容だが短期集中連載だったらしい。こうなると作者の構成力が足りなかっただけのようにも思えるが、そこは検閲により削除なことで有名なコミックブレイドである。何とも言いがたい。ただ一つだけ言えるのはマッグガーデンが逃した魚は大きかったのではないかということだけである。同じ雑誌にARIAエレメンタルジェレイドという強力な手駒があったとはいえ。

なお、作品からそこはかとなく百合の花の香りがするのは作者の仕様である。ぱんつはいてないに関しても同じ。

あらすじ[編集]

とある公園で知り合った士栗と宥利は二人でアーン♥♥アーン♥♥をして遊んでいた。ある日入管らしき集団に不法入国した宥利が拉致されそうになったため逃走を図るが捕まってしまう。そこで士栗は友人のウィルマと協力して宥利を取り戻すためオーバーワールドを追いかけるのであった。

はたして士栗は宥利を取り戻せるのだろうか。

登場人物[編集]

青山 士栗(あおやま しぐり)
12歳。巨乳。短距離時空間跳躍能力を持つ。嫁である宥利が連れ去られたので彼女を取り返すために追いかけた。友達ができない理由を「種族の違いが分かるんじゃないかな」と言っているが普通の人間なのに彼女の友人のウィルマの立場がない。やっぱり性格が変だからだろう。
最終話でオーバーワールドの幹部であるエンジェレットやカタリナから「やらないか仲間にならないか」と勧誘され拒否したが、宥利どころか、ウィルマまでオーバーワールドの構成員になっているため一人友人のいない湾岸地区に取り残されている。
閔 宥利(みん ゆり)
韓国からの不法入国者。士栗の嫁。貧乳。実は異星人であり、そのためかいろんな人間にアーン♥♥を狙われている。色々と逃げ回っていたが最終的に故郷に帰るためオーバーワールドに協力する事を決める。
何のために争ってたんだこの人たち。
ウィルマ(Wilma Horniman)
士栗の同級生でオーストラリアからの留学生。コンピューターやら色々と詳しい。士栗の数少ない友人の1人。一切触れられなかったため受けた理由は分からないがオーバーワールドの構成員になっている。
ハイナー(Heiner)
オーバーワールドの構成員。ドイツ出身。本名:ハンツ・ハインリッヒ・ニーマン(Hans Heinrich Niemann)。 別名:ドライブリレン。3つの眼鏡という別名がドイツ語で書くとかっこよく感じるから不思議だ。
男なので基本的に扱いは悪い。エイミーにボコボコにされたりはするがほとんど見せ場はない。
エイミー・ペトレスク(Aimee Petrescu)
オーバーワールドの構成員。異星人でその正体は。士栗に負けたため、オーバーワールドから士栗にプレゼントされてしまい、現在は彼女に飼われている。
オーバーワールドは宥利を手に入れるために、本人の意思を無視してあれだけ追い回してたのにそれでいいんだろうか。
青山 和(あおやま のどか)
士栗の姉。巨乳。別名:のどっち。かつて士栗に能力を制御するためのミサンガを渡した人。本編に出てこれなかったので、時空を漂った末に現在は名前を変えて清澄高校で麻雀を打っている。向こうではハーレムの中心となっておりこの転身は成功だったと思われる。
ネリー(Nerry)
フェイタライザー(運命奏者)。作品のタイトルになっているにもかかわらず一切本編に出てこない謎の人物。オーバ-ワールドの構成員でAクラスの能力者のようなので凄い人物なのだと思われるがでてこないのでどうしようもない。
その後、咲にネリーという人物が登場した。スペルが変わっているが同一人物であると思われる。運命奏者ならそれぐらい簡単だろう。和に続く勝ち組である。

用語[編集]

オーバーワールド
太平洋上につくられた島とそこに集められた超能力者を中心とした謎の組織。世界中から超能力者を集めたり、宥利を連れ去ったりしたが、作中では一切目的が明らかにされないまま終わってしまったため、本当に謎の組織のままである。
フェイタライザー
ネリーのこと。作品のタイトルにもなっているので作品における重要なキーワードであると思われるが、上でも書いたとおりネリーが作中には一切出てこないうえ、何一つ本編のストーリーにもかかわってこないため、なぜこのようなタイトルなのか分からないままである。

注釈[編集]

  1. ^ この例としては、作者が現在連載している咲-Saki-があげられる。

関連項目[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg FATALIZER は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、FATALIZER加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)