GUITARFREAKS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GUITARFREAKS」の項目を執筆しています。

GUITARFREAKS(ギターフリークス)とは常に紙袋を被り、6本の腕を持ち、1人でツインギターとベースの演奏が可能な奇形の怪人である。その奇怪な容姿に似つかわない明るい性格ゆえか中高生の間で人気がある。

経歴[編集]

デビュー前[編集]

GUITARFREAKSはある東側の汚染された土地に生まれた。その容姿ゆえに物心つく前から迫害され、傷ついたが、彼は自分らしく明るく生きたいと思うようになった。彼はひょんなことから西側のボランティアと出会い、その人の趣味であるギターに感動しギタリストになることを望み、彼は泳いで隣国の西側諸国に亡命したがそこでも迫害されるがなんとかギターを手に入れた。

デビュー後[編集]

ギターを手に入れた彼はその人間離れしたテクニックからその国の音楽シーンから注目を浴びTV番組にも出演し人気者になる、稼いだ金で2本目のギターとベースを購入してからはそのテクニックに磨きをかけ、大物とのコラボにも積極的に参加するようになる。しかしその人間離れした容姿は他のギタリストの嫉妬を買い、徐々に迫害されていった。その先鋒にいたのが後のギターヒーローである。

盟友との出会い[編集]

失意に明け暮れていた彼は似たような容姿をし、ドラムを得意とする怪人ドラムマニアと運命的な出会いをした。彼はドラムマニアを通じ編曲の仕事を始めた。そのあまりにも斬新な解釈と誤字脱字が目立つがノリのいいコメントでまず好事家から支持され、ほどなく中高生からも支持されることになる。

強力なライバル達[編集]

盟友ドラムマニアを加え敵無しと思われた彼であったが、強大なライバル達が存在した。Beatmaniaポップンミュージックダンスダンスレボリューションなどである。デビュー当初は非常に人気があり、演奏会場においてかなりの演奏スペースを有していたものの、ライバルの増加に伴い2名のスペースは減少の一途を辿っていった。それに加えJubeatSOUND VOLTEXなど有力な新人が登場し、ギターフリークス&ドラムマニアは窮地に立たされる事となった。

評価[編集]

特徴的な容姿と神掛ったテクニック、上記の編曲の仕事ぶりから正当な評価がなされなかったが、ファンを徐々に増やし、現在では盟友のドラムマニアとともに評価されている。しかし正統派といわれるギターヒーローファンからの評価は久しくない。

昔は3弦のギターを使用していたが、近年5弦のギターに挑戦するようになった、演奏の幅は広がったものの、3弦時代の曲よりも技術が要求される曲目が増えコピーするギタリスト達を悩ませている。

外部リンク[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第4回執筆コンテストに出品されました。