ヘルプ:新規ページの作成

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
HL:NEWから転送)
移動先: 案内検索

このページではアンサイクロペディアの記事を作成する最低限のやり方を懇切丁寧に解説する。

他の基本的な機能を知りたい人はヘルプ:編集の仕方を見るとよいし、もっと細かいことはウィキペディアの編集についてのページを参照するとよい。このページはとにかく分かりやすく伝えることのみに特化している。また、アンサイクロペディアには管理者がいる。管理者に怒られたくなかったらとりあえず初心者のためのガイドブックを見ておこう。君の作成した記事は間違いなく数人の管理者に見られると思っておいた方がよい。あと、何より大事なのはユーモアであることも忘れずに。優れたユーモアがあれば少しくらい文法を間違えていても許してもらえる。

新規記事の作成は、このフォームを使っても行える。既に作成されている記事名を指定した場合はその記事の編集画面に行くので気を付けよう。


記事名を書く[編集]

まず、君が書きたい記事を検索しよう。君がPCを使っている場合、既に誰かによって書かれていなければ、

このウィキで「記事名」ページを新規作成しましょう。

のように表示されるはずだ。赤い文字をクリックすると記事を書くことができる。後から変更・移動することもできるが、その時の名前がそのまま記事名になるので、正式名称で検索しよう。なお、せっかくこのページを見ているなら上のフォームに入力すれば直接編集画面に飛べる。
また、他の記事を見ていてリンクが赤字になっている場合、それをクリックしても記事を作成できる。
既に誰かによって書かれている記事であれば、ページ上部の「編集」をクリックすると記事の編集ができる。

君がもしスマートフォンを使っている場合は上のフォームから新規作成することを勧める。または、他のページからの赤リンクからでもよい。節単位で編集するならば鉛筆のマークをタップすることで編集ができる。以下PCでの解説をする。スマートフォンの場合は少し違うかもしれないから気を付けよう。

記事の説明文を書く[編集]

最初に、記事名を説明する文を1~2文程度で書こう。

記事名(きじめい)とは~

という形で書き始めるのが慣習だ。記事名に限らず、PCなら文字を選択した状態で編集画面の一番左上にある太字.pngのマークをクリックすると'''三重の引用符'''が付く。これで、ページを作ると自動的に太字に置き換わる。記事中の重要なところは太字にしよう。多ければいいというわけではないが、太字も改行も少ない文章は基本的に読みにくい
改行したいとき、単に改行しても(こんな風に→ ←)ほんの少し空白が入るだけで改行されない。2回改行すれば確かに改行できるが、行間が少し

空くため段落という扱いになる。普通の改行がしたいときは<br>と入力すると
改行できる。あるいは上の上級.pngというところを押して改行.pngを押してもよい。

概要を書く[編集]

次に、==概要==と入力して

概要[編集]

を書こう。二つのイコールで文字を挟むとページを作った時に自動的に見出しができ、記事が長ければ自動的に目次も作成される。概要は記事によってはない場合もあるが、初めはスタンダードな書き方をしておくとよい。普通の書き方ができるようになってから、ひねった記事を作ればよい。文中に他の記事へのリンクを入れたい場合は、その文字を選択してリンク追加.pngをクリックしよう。リンク先の記事名と異なる場合も、ページまたはURLのところを書き換えればよい。リンク挿入をクリックしたら[[二重の大括弧]]が付く。これも、太字同様、自動でリンクに変わる。

詳細項目を書く[編集]

そのあと、詳細な見出しを作成して記事の中身を書こう。見出しは5個くらいがちょうどよい。もちろん少なくても面白いものもあるし、長くても面白いものもあるが、初めは5個くらいを目安とするとよい。なお、一行記事は基本即削除される。===小見出し===のようにイコールの数を3つにすると

小見出し[編集]

を作成できる。これも自動的に目次が作成される。====小見出しの小見出し====のように順にイコールの数を増やすと

小見出しの小見出し[編集]

という感じで順に入れ子になる。

一番下には、関連項目を書こう。* 箇条書きができる。のように行の最初に*を付けると

  • 箇条書きができる。

この場合は改行のあと、<br>を入れる必要はない。関連項目を書くときは

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヘルプ:新規ページの作成」の項目を執筆しています。

にするのを忘れないように。さらに、なんの恨みがあるのか記事の一番上か関連項目の一番上に{{ウィキペディア}}と書いてリンクをつけるのが慣習である。こう書くだけで自動的にこのサイトでよく見るこれ(→)が出る。ウィキペディアに項目がない場合は{{ウィキペディア無し}}、削除されていた場合は{{ウィキペディア削除}}としてもよいし、無理に付けなくてもよい。

カテゴリを決める[編集]

最後にカテゴリを付けよう。デフォルトソートとカテゴリの入力までが記事の必須要素である。理由はともかく、最初に{{DEFAULTSORT:きしめい}}のように記事名をひらがなに直して濁点・半濁点を取ったものを書こう。このページの場合は{{DEFAULTSORT:しんきへえしのさくせい}}と書かれている。なぜこんなことをする必要があるかといえば、カテゴリの中で機械がどこの五十音に入れるかを決めるためである。詳しいことが知りたければここを見よう。次に[[Category:人物]]のようにカテゴリを何個か入れよう。このページなら[[Category:ヘルプ]],[[Category:アンサイクロペディア]],[[Category:アンサイクロペディアの編集]](実際はカンマでなく改行)となっている。同じカテゴリに入るであろう記事を検索してそれが何のカテゴリになっているか直接調べてみるとよい。または特別:カテゴリを参考にしてもよい。カテゴリは記事の一番下に自動的に一覧ができる。

ページを保存する前に…[編集]

いったん記事を書き終えたらプレビューを表示して、入念に推敲しよう。誤字脱字はもちろん、何度か読み直して違和感がなくなるまで内容もチェックしよう。あとで直すことはもちろんできるが、何度も保存するとサーバに負荷がかかってしまう。虚弱体質のアンサイクロペディアのサーバをいたわり、何度も保存しないように。推敲ができたら変更を保存を押して、記事の完成だ。ここまででわからないことがあれば、関連項目を参考にしたり、他の記事の編集がどうなってるか見てみるといいかもしれない。

関連項目[編集]