HSP

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

HSP(Hot Soup Processor)とは、プログラミング言語の一種である。

手続き型言語の一種とされる、俗に言うインタプリタ言語、かもしれない。初心者向け言語といわれるが、あまり人気が無い。

そんな病気があったとは言ってはいけない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「HSP」の項目を執筆しています。

概要[編集]

「簡単に3Dゲームが作れるようにしよう」と言う2次元撲滅運動の為に作られた言語である。 非常に遅い。

歴史[編集]

1995年当たりに出来たらしいけど本当なのか…

  • 1995年:たぶんこの頃に発表される。
  • 2000年:この頃にHSP2.0が出来たと思う。
  • 2005年:HSP3.0が出来る。
  • 2008年4月1日:掲示板でHSP4.0が1日限り発表された。

文法[編集]

いたってシンプルである。 基本はBASICモドキなので、詳細は自分で調べてもらう。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

サンプルプログラム [編集]

以下はHSP3.1でのプログラムと実行結果だ。

repeat
mes "やる気無い"
loop

↓実行結果

やる気無い
やる気無い
やる気無い
やる気無い
やる気無い
やる気無い
やる気無い
(ry(PC固まる。

HSPには安全装置が組み込まれているが、こういった場合全く役に立たない。

そういや、昔居たな……プログラムにえっちぃ単語を表示させる命令を入れて、実行させて喜んでるヤツ……

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

HSPが人気のない理由[編集]

HSPは前述のとおり、初心者向けの言語だ。しかし意外とユーザは少ない(全体的に)。せいぜい2次元のものを作るときにしか使わないのが大半であろう。簡単に書けるのに何故か人気が無い。

そもそも遅い[編集]

HSPはいわゆる全部入り系の言語であるため、非っ常に遅い。

面倒[編集]

Windowsのオブジェクト(ボタンなど)を使う場合にも、手続き型の書き方で書くため、コードがぐちゃぐちゃになりやすい。 また、awaitを入れないとPCが固まる(waitも可)という欠点もあり、上記のサンプルのようなものを書いて爆発してしまうユーザーも多い。

ウイルスが出来る。[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

初心者向けは敬遠される?[編集]

HSPは簡単に記述することができるかもしれない(初心者談)くせにAPIが使えるという、矛盾さが人気の無さの原因かもしれない。そもそも、プログラミング初心者は有名なC言語からプログラミングの勉強に入る、というのが最近の若年プログラマ候補者のセオリーなのかもしれない。

筆者のうろ覚えの知識では、プログラマを目指すヤツの大半がHSPぃ? そんな初心者みたいなヤツでプログラムなんて組めるかよ! 今時はCがカッコよくね? と言い放ち、無謀にもC言語に立ち向かった人間が大半だったと思う。さっさとポインタと構造体で撃退されて来い。ついでにガベージコレクションで絶望を知れ。

HSPは実行の際、「一行ずつ命令を読み込んで実行されるため」と書いたやつは知ったかぶっている奴の言うせりふである。 HSPは実行の際にスクリプト全体を一旦バイトコードの並びに変換し、start.axというオブジェクトファイルを出力する。HSPインタプリタはオブジェクトファイルを読み込み、バイトコードを解釈しながら実行する。重い上に、awaitという御呪いをしないと呪われる。

関連項目[編集]

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
HSPの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)