ICOCA

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ICOCA(イコカ)は、JR西日本の発行するIC乗車カードであり、電子マネー機能が付いていてSuicaと共に、JRの対面の切符売場での決済を除いて『何でも買える』カードの一つ。基本的に電車に乗る様には造られていないが、多種多様な条件がそろったときに限って、JR路線でも一部の改札口で翳すと、電車に乗車できるという。また関西弁では「行こうか」を「行こか」と言うことがあり、それをそのまま名前にした訳である。

経緯[編集]

JR西日本の発行するカードでソニーの非接触型ICカードであるFeliCaのサイバネ規格に準拠している。現在交通機関の発行するIC乗車カードには大きく2つの陣営がある。JR東日本のSuicaとJR西日本のICOCAである。とは言いながらこのライバル自身は相互利用可能である。また両陣営に属するカードもいる。前作ioカードでJR西日本の(パクッた)Jスルーに機能面で完璧に負けたJR東日本がこれに対抗し造ったSuicaが鳥類の代表的存在であるペンギンから作られているのに対抗して、JR西日本はICOCAを哺乳類の代表的存在であるカモノハシから作った(またパクッた)。

概要[編集]

交通機関の発行するIC乗車カードとはいっても、Suicaにしろ、ICOCAにしろ、電子マネー機能が付いている。ではICOCA対Suicaどちらが使えるのか?電子マネー機能もSuica、ICOCA、TOICAで互換している。今や駅ナカやら駅ソトやら駅チカやら駅ウエやら駅マエやら商業施設が駅に密集している。これらの店舗ではJR西日本などと連携して、電子マネー機能が使え、自販機やキオスク、みやげ物屋は勿論のこと、コインロッカー、家電量販店でパソコンやプラズマテレビだって買える

今や駅周辺でICOCAやSuicaが使えない場所は、対面での切符売場ぐらいしかない。エリア内 相互区間のみタッチによる乗車が可能。

ICグリーン券は、Suicaでの購入が可能だが、ICOCAでは購入できない。このあたり、若干Suicaに軍配が上がるかもしれない。

PiTaPaはその運営主体がアンチJR西日本であるのにも関わらず、実際はICOCAの子分に甘んじている。これはPASMOに裏切られたため。早くよりSuicaにすり寄るも仲間外れ。ただ、当のPiTaPa自身は「クレジットカードも持てない貧乏人向けの低収益サービスを全部ICOCAに押し付けてやっているだけ。」と、昨今の在阪家電メーカーによる世界戦略の方針に似通った主張をしている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ICOCA」の項目を執筆しています。