I Want To Love You Tender

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

I Want To Love You Tender(アイ ウォント トゥー ラブ ユー テンダー)は、世界でいちばんダサい楽曲である。意味はエキサイト先生によると「私はあなたが表す愛に欲しいです」である。

概要[編集]

この曲は1978年にフィンランドで作られた曲である。妙にに馴染んでしまうメロディーが印象的な曲であるが、そのPVを見てみると、すさまじくダサい驚愕のダンスが目に飛び込んでくる。何を勘違いしたのか、もう微妙としか言いようがなくて困る。そのあまりの酷さにニコニコ動画YouTubeなどで世界中に広まり、今やいわゆる「怖いもの見たさ」で人気動画の一つとなっている。

歌手[編集]

Armi and Dannyとなっているが、出演者全員を指すのか、はたまた目立ってる男女二人のことなのかはよくわからないが、ユニット名から考えればおそらく男女のことを指しており、男がDanny、女はArmiだという可能性が高い。だがガンズ・アンド・ローゼズの場合はメンバーが6人もおり、しかもガンズもローゼスもメンバー内にいないため信憑性は低い。

ちなみに、目立ってる男女の男のほうはルーク・スカイウォーカーである。

原因及び考察[編集]

開始5秒以内に視聴者を笑わせるというコンセプトで作られたPVである。ニコニコ動画ではこのPVの恐ろしいまでのダサさの原因は何だろうか、という疑問を持つ者が増え始めた。ダンスがなってないのか、出演者が駄目なのか、それとも曲自体に問題があるのかと激しい論争が繰りひろげられている。ついには「自分で踊ってみたほうがいい出来になる」と言って実際に踊ってみたという勇者も現れた。しかしどんな切れのいい動きをするダンサーでも、どんなイケメンが踊ってもダサくなってしまうが原因は不明。このPVのダンスは、ドリフの大爆笑のPVからそっくりそのまま盗用したものだとする説もあり、確かにそれらしい動きは随所に見られるが、踊っている男女が仲本工事高木ブーだったら様になるのか、あるいはそもそもドリフの大爆笑にPVがあるのかなど、いまだ解けていない謎は多い。

楽曲自体は悪くないとする声も聞くことが出来るが、やはり人間が視覚から得る情報とは恐ろしいものである。じゃあどうすれば良かったのだろうか?それは仲本工事にも高木ブーにも分からない。

また、最初からダサイことを公言しておいて、注目を引いておいて見てみると「あれ?意外とイケてるな」というのを狙っている可能性もある。これは日本一まずいラーメン屋といわれている彦龍木久蔵ラーメンと同じ手法である。

また、音楽昭和歌謡曲を思わせるメロディになっていると指摘し、それをダサいと呼んで古き良き日本馬鹿にしているのではないかと考える人もいる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「fi:Tahdon olla sulle hellä」の項目を執筆しています。

  • ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)こちらのほうがよっぽどシンプルな振り付けである。にも関わらずI Wanna Love you Tenderのほうがダサくてしょうがない。なぜだろう)


Nodasori.jpg この項目「I Want To Love You Tender」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)