JAM Project

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
空中浮遊.jpg
この項目には、宗教に関係する記述が含まれています。
あなたはこの項目へ自由にリンクを張ることができますが、「宗教関係はお断り」としてあなたのサイトがリンクを外されるかもしれないことは覚悟してください。

JAM Project(ジャムプロジェクト)とは火を崇める者たちの宗教団体である。ゾロアスター教との関連性は不明である。

教義[編集]

恐れない、逃げない、負けないが3大原則である。この3大原則を徹底して、勇者になることが目標とされる。

地球の存続をかけた戦いの神話が聖典には載せられている。戦いを肯定する教義であるため、過激な宗教団体と思われがちである。しかし、信者たちが実際に戦うことはほとんどない。

聖典では鋼、燃える、熱い、気高く、雄々しく、羽ばたけ、立ち上がれ、打ち砕け、光、炎、雷、愛、命、魂、剣、刃、勇者、戦士、限界、伝説、奇跡、解き放てなどといった言葉が多用される。

修行[編集]

修行の基本は聖典を読み上げることである。

しかし、聖典の読み上げは本来、複数人が交代で行うものである。そのため、一人で行うと、体力的にも精神的にも辛い。修行が終わると喉が枯れてしまうこともある。教祖及び幹部たちの祈りに応じて、腕を振り上げ、跳躍しながら奇声をあげるという激しい修行が年に1度行われる。2006年以降は修行地を全国へと拡大。2008年には海外へと規模を拡大。修行が終わった後、筋肉痛や酸欠で倒れる信者も少なくない。

読み上げの際には幹部(大僧正と呼ばれる)が一斉に声を合わせて斉唱する箇所が多々現れる。 会場、雰囲気を問わずにこの部分においては一同静寂を強制される。

近年では修行に技を練りこむのも主流である。聖書「技術」では、きただにひろしダニーソードを 用いるが、未だ効果は未詳である。また、一見ゴリラの咆哮にしか見えないスーパー遠藤タイムも おろそかにすることは出来ない。正直、聖書を読むのにそんなに力まなくてもと突っ込みたいこともあった。 しかし、実際に使うことが出来るのは日本中どこを探しても遠藤正明ただ一人であろうことと、 hydeの身長は156cmであることを忘れてはならない。


また、修行熱心なのも大事なポイントである。2008年、修行のやりすぎで福山芳樹鎖骨ボンバーを 身に付けたのはあまりにも有名。しかし、それでも彼は聖書を読みきったのだから、賞賛すべきである。

さらに、聖典を読む熱により上昇気流を起こし、雨を降らす事ができるというのも有名である。特に、2013年7月7日の事件は伝説となっている。聖典を読み始めた途端に強い上昇気流を起こし、ゲリラ豪雨をもたらした。野外での修行だったために、ずぶ濡れになった信者も多かったが、修行が終わる直前に雨がやみ、虹が出るという奇跡を目撃したため一層信仰を深める結果となった。

一部の音楽中毒者もこの宗教に加入している。

近年は、地球温暖化の原因ではないかと言われている。

また、東海道新幹線での一件も修行であり、この宗教内でこの修業を伝達した者は粛清されました

現在の幹部[編集]

影山ヒロノブ
JAM Projectの2代目教祖にしてJAMの長老。アニキが長老より格上なのはJAMならではである。
教祖として信者の修行を取りまとめる、頼れる人物である。聖典を読み間違えることも多々あるが、それは幹部全員に言えることなので誰も気にしない
遠藤正明
JAM1の戦闘力を誇り、スーパー遠藤タイム、スーパー遠藤スピン、スーパー遠藤サイレン、スーパー遠藤投げ込み、スーパー遠藤ダニーソードなどの豊富な技を持つ。
きただにひろし
JAMの若手担当。他の幹部と大きく年が離れているわけではないがなんとなく若手である。
現在ではすっかりおなじみになったダニーソードの創始者であり、それを3連発できるのは彼一人だけ。
奥井雅美
JAMの紅一点。化け物みたいな男達に囲まれても負けずに声を張り上げている。能力ではトップとの呼び声も高い。
真面目な話、負担がすごいと思う。大丈夫だろうか。
福山芳樹
卒業したさかもとえいぞうに似ているということで加入したが、今ではすっかり欠かせない幹部の一人になった。未熟な信者では2人を区別することはできない。
JAMのお笑い担当で、修行中にアロハシャツ姿で相撲を取ったりして他者の笑いを呼ぶだけではなく、影山が信者に語りかけている間などにゲラゲラ笑っていることがある。
ヒカルド・クルーズ
準幹部。元々は一人の信者だったが、修行のうまさを見こまれて昇格したという過去がある。
語学堪能で、JAMの海外布教に貢献している。

過去の幹部[編集]

水木一郎
JAM Projectの創始者で初代教祖。言わずと知れたアニキである。
「ゼーット!!」と絶叫することで有名だが、JAMの修行ではそれをする場面はない。これと水木が初期幹部の中で一番早く活動を休止したことの関係は不明。
松本梨香
サトシで有名。ポケモンマスターを目指す旅に専念するため現在は活動休止中。
さかもとえいぞう
修行中に絶叫することで有名。あらゆる場面で「アッー!アッー!アッーーーーー!」と割り込む。
彼が卒業した後にそっくりな福山芳樹が入団したが、2人を見間違えると信者の中で村八分にされるので注意が必要である。

有名な文章[編集]

JAM Projectの教典から引用する。

STOP THE WAR
教団が肯定する戦いとはあくまでも愛する人を守るためのもの。戦いのための戦いではないのだ。
星さえ見えないほど深い絶望の果て
JAM Projectの教義において最も忌むべきものであり、教祖の影山が捕らわれたこともある恐るべき存在。教団はこれを打ち払う救世主を待ち望む。
爆裂的にバーニングソウル
一見意味不明だが、JAMの考え方を一言で表している。これを心で理解することが一人前の信者へのステップと言えるだろう。
俺を讃えろ
これを聞いた信者は心酔すると同時に苦笑いする。教団の柔軟な一面が見える。
時代(未来)が俺を導く限り無敵(不死身)さ
信者と幹部の魂が一つになった時に解き放たれる最強の力。教団は新たな伝説をこの手で刻むことになる。
MOTTO! MOTTO!
この教典を聞いた(聞いてしまった)信者は彼らの後に続いて言わなければならない。 
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JAM Project」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]