JR北海道731系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR北海道731系電車」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「731系」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「731系」の記事を執筆しています。

JR北海道731系電車(じぇいあーるほっかいどうななひゃくさんじゅういちけいでんしゃ)は、JR北海道初のオールロングシート車両である。北海道走ルンですVer.1。

概要[編集]

経緯[編集]

JR誕生から時が経ち、さらに人口が増えた札幌圏は711系だけでは力不足ということで721系も投入したが、それでも力不足に陥ってしまった。東京鉄道みたいにオールロングシート車を投入してほしいという利用者のわがままは日に日に増していった。それもそのはず。北海道の鉄道車両は一般車でもデッキが付いているのが普通だったのでデッキなしオールロングシート車の投入には躊躇していた。しかし1996年のクリスマスイブ、ついにそんな車両の投入に踏み切った。それが731系である。こいつのおかげで北海道の鉄道車両の歴史に大きく刻まれることとなった。

構造[編集]

外観は、731系の前面はグモ対策をとっているせいか、ボコッとした顔になっている。車体の帯は。内装はを基調にドアが黄色、シートは

731系は、姿形がほぼ同じのキハ201系と連結することができ、日本で唯一の電車・気動車が連結して走行するアーン♥♥運転を行っている。しかし、キハ201系は製造費の高さから、3両×4本の12両で製造が終わった反面、731系は3両×21本の63両も製造された。キハ201系とすぐにアーン♥♥できるように自動幌装置を備えている(キハ201系も同様)。

ドア上部にはLEDによる電光掲示板が設置されている。以前は「次は 札 幌」(走行中)とか「札 幌」(停車中)という表示が静止状態での表示だったが、2007年あたりから英語表記が追加され、表示方法も静止状態から右から左へ流れっぱなしになった。どれだけ字数が少なくてもずっと右から左へ流れている。非常に見にくい。

731系の一番の特徴と言えば、やはりあの跳ね上げ式のイスである。硬すぎると乗客からも批判の声が上がっているほどだ。仕事帰りのおっさんにはとてもキツイ。このイスは人が立ち上がると跳ね上がる造りになっているはずだが、経年のせいか跳ね上がらなくなった。トイレも最後に造られた2本を除いて和式だ。いつも便器にあの茶色の物体がこびりついている。半自動ドア横のボタンもめちゃくちゃ硬い。こどもが押したら指の骨が折れそうだ。

通勤対策のためにデッキを無くした。すると、冬場に扉を開けていると、冷気がもろに車内へ入ってきてしまう。その対策として、扉付近に鉄のカーテンエアーカーテン、遠赤外線暖房装置、ボタン開閉式の半自動ドアを装備し、冷気が入り込むのを防いでいる…はずでした!

「その程度のエアーで俺を防げると思っていたのか?」
エアーカーテン について、冷気

それゆえ、一部の愛用者から「スーパーサムイ」の愛称を拝命している(他のそっくりさんも同様)。

731系は、北海道版走ルンですVer.1 ということになっているが、最後に作られた2本(2006年製)はVer.3に設定されている。これは721系8次車(2003年製)がVer.2に設定されているため。

通勤型なのか近郊型なのか[編集]

731系は車両型式をみると近郊型と分類されるが、車内はオールロングシートなので通勤型と思われることがある。そのことで鉄道にうるさい人達の中で、通勤型と言い張る者と近郊型と言い張る者同士が対立している。ただし一般人は誰も気にしない

のちに東日本に登場したE231系は、通勤タイプと近郊タイプの2タイプあるが、一緒くたにして「一般型」と言い張っている。と言うことは、731系は一般型と言うのが妥当かもしれない。一般人にとっては心底どうでもいいことだけど。

また他社では、323系と言う731系と似たような感じ電車が、大きな輪っかに投下され、同じような論争が巻き起こった。でもやっぱり誰も気にしない

運用[編集]

731系の投入により、朝・帰宅ラッシュは時間短縮に成功した。しかし、その時間帯はともかく昼間とかになると車内は、すっかすかになることが多くなる。特に朝ラッシュのピークが過ぎると731系の場合、その列車の1両に誰も乗っていない寂しさが721系の時よりも増すという札幌圏にとっては異様な光景を目にする。これは、転換クロスシート車の721系より空きスペースが多くなったことが原因である。ただ、一般の人は誰も気にしない

そっくりさん[編集]

731系の登場以降、そっくりな車両が続々登場した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR北海道キハ201系気動車」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR北海道735系電車」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR北海道733系電車」の項目を執筆しています。
キハ201系
見た目がほぼ一緒の気動車。違いはパンタグラフがあるかないかと帯の色(黄緑+青)。実はFURICO式であるため、車体断面が変。731系の車体は元々こいつを流用したものである。最高速度は130km/hという、電車並の性能を出せるバケモノ。そのためか、この気動車は走ルンですの称号を得ることが出来なかった。しかし、色々と意欲的過ぎてお値段が高くなっちゃった(1両4億円!)。なので、あんまり増やせなかった。まぁ、この気動車の技術がキハ261系に生かされたんだから、いいんじゃない?
は冷気が入ってスーパーサムイだが、はエンジンの廃熱でスーパーアツイ
某動画サイトでは東急東横線で大暴れしていたそうな。実際こんなもん走らせたら大騒ぎになるだろうに。
735系
北海道版走ルンですVer.4。JR北海道初のアルミ合金車。731系より若干スリムなのは素材の関係。ただし、アルミ合金車はもう少しテストしたいからという理由で、3両編成2本の製造にとどまった。試作車的ポジションなため、キハ201系とのアーン♥♥運転機能は未装備。めんどくさいので側面に帯テープを貼っていない。
って言うか、なんで733系(下記)より先に造られたのに、こいつの形式名を733系にしなかったんだろう?だ。
733系
北海道版走ルンですVer.5。735系の穴埋め的存在で、再びステンレス車体になった。731系・735系よりデブっているように見えるのは、顔以外の車体設計をやり直したから。それよりもその不細工な顔をどうにかしたほうがいいのでは?と間違っても言ってはいけない。キハ201系とのアーン♥♥運転機能を削除され、帯テープは黄緑オンリーになった。キハ201系とアーン♥♥する必要が無くなったので、自動幌装置も装備しておらず、乗務員は冬季の大雪に悶えながらアーン♥♥作業を行わないといけなくなった。
733系の投入により711系は駆逐された。また、新たに1000番台として函館駅~新函館北斗駅間にも投入された(なお、帯の色は紫と黄緑の2色になっている)。
721系が大好きすぎてヤバい人は、真っ先に733系を消そうとしている。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「JR北海道731系電車」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)