JR東日本719系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR東日本719系電車」の項目を執筆しています。

JR東日本719系電車(じぇいあーるひがしにほん-けいでんしゃ)とは、JR東日本が民営化初期の最後に投入した、微妙な国鉄臭が残された電車のことである。東北が、走ルンですで埋め尽くされようとするちょっと手前に出ており、外見上の兄弟が多数いる。実は後述するとおり、目には見えないところで廃品を多数利用しており、その意味での兄弟としては107系電車がそれに近いといえる。以下、このJR東日本719系電車のことを単に719系と表記してゆく。

特徴[編集]

719系は、2両編成が基本で、営業運転で8両までつないで走ることが出来る。また「クモハ」と「クハ」の2形式しか存在しないため、模型マニアに優しい形式と言える。東北本線では「中吉」と評価されており、これは「現状でもいい感じですが、今後さらに良くなりますよ。」ということを暗示されており、ある意味大吉よりも縁起の良い電車であることがわかる。前述とおり、すべての電車に「ク」が入っていることから、全ての車両に運転台を備える。そのデザインはまさに211系のパク・・・いや、それに倣ったものだとわかる。外観も、側面幕はすべてLEDに換装されているが、なぜか先頭の行き先については未だに全車両が幕式という珍車である。このため、雪深い時には、その行き先が雪に部分的に隠れてしまい、「会津若松行き」が右一行きになっていたり、「米沢行き」が木小行きという謎の行き先に見えたりすることもしばしばある。車内座席は、クロスシートが主体であり、景色を楽しむのには適している。ついでに各車両には必ずゴミ箱装備と、(ワンマン改造を受けたものは除くが)ロングながら先頭車後ろに座席が付いているので前方展望を座りながら楽しめるなど、利用客へのサービスは上々である。

しかし、車内の座席の配置が明らかに変である。同時期に211系をベースにして誕生したJR北海道721系・JR東海311系・JR西日本221系・JR四国6000系・JR九州811系が全て転換クロスシートを採用しているにもかかわらず……。3ドアの車体に配置された固定クロスシートは、「集団見合い型」という配列で呼ばれている。だが、よほど座高が高くない限り、互いに向き合った2列目の人の顔など見えないという設計で、なぜこの名称が用いられているかは定かではない。窓も、その座席の配置に合うように配置されており、中央のドアを片方の基準に見て、2つのドアの間に3枚の窓があるが、上下に開くのは中央の1枚だけであるため、実は窓が開くものがあるということを知らない利用客は多い。

走行区間[編集]

ただしほとんど原ノ町以南と考えて良い。
2017年に2本が秋田地区に転出し、運用されている。

営業最高速度[編集]

110(km/h)(奥羽本線標準軌対応版の場合、まれに検閲により削除)

種別[編集]

  • 0番台
42編成作られたが、最近急速に数を減らし、2019年7月現在では5本にまで減ってしまった。現在の運用は常磐線のみとなっているが、以前は東北本線仙山線磐越西線でも走っていた。当番台では基本的に下枠交差式のパンタグラフを装備。しかし、一部は雪避けを口実にシングルアームに改造された裏切り者がいるが、残る多くは、新旧問わずこの改造を受ける気配すら感じられないため、原色の場合はたまにしか見られない。そもそも、この未換装パンタグラフは廃品利用品だったりするのは秘密である。
2017年に2本が秋田へ転属し、奥羽本線でひっそりと走ってるらしいが誰も気にしない
  • 5000番台
14編成作られた。こちらはオールシングルアーム式パンタグラフで、顔の派手さから、クモハを遠くから見ているとバカ殿を連想させる。ドアの開閉時、何も言わずに瞬間的に開閉する0番台と同じタイプが半分、実は当形式で唯一ワンマン改造された、開ボタンを押した後、チャイムとその開くまでの空く時間のブランクがなんだかイライラする701系5500番台に倣ったタイプが半分いる。音響宗によると、400系のモーターの音とこの形式のそれは酷似しているため、400系亡き後も残るこの番台は、その手の人の間では密かに人気があるらしい。こっちは全車健在で代替の計画もない。
  • 700番台
2014年に1編成を改造して誕生。観光列車「フルーティアふくしま」専用車。車内で食事が楽しめるよう改造されたので、形式がクシ(先頭車の食堂車)という前代未聞のものとなった。磐越西線で普通の719系をぶら下げて楽しく走っていたが、仲間が次々と粛清されましたために2019年からは1人寂しく走ることとなってしまった。ちなみにし尺が719系を全廃に追いやれないのは、こいつの存在が原因とされている。

このように、車内と車体がワンマン改造を視野に入れた構造をしながらも、多くが未施行であることから、これはセルフ車掌をしないようにJR東日本が意図的に配慮したものと思われる。さらにこの変な配置の座席をよく見ると、座席部品をバラバラにすることを想定してみると良く似たパーツのみで出来ていることがわかる。このように実は、この電車を観察することによって、その後出てくることになった走ルンですのルーツを推察でき、JR東日本が徹底的に経費を検閲により削除なのかもしれない。

車両の評価[編集]

719系は、座席の配置が変なことを除けば、くずもの入れと便所も2両1編成に必ず1つは付いており、地元民にとっても、長距離利用者にとってもソツなく及第点を取っているため、良くも悪くも言われない。むしろ、あくまで比較級で良い車だと長距離旅行客を中心に評価されている。

また、奥羽本線の普通列車に充当されるものに関しては、峠駅で窓やドア越しに「峠の力餅」を直接ホームで売り子さんから買える唯一の形式ということは、特筆しておくべきだろう。つばさの車内販売とはまた違うバージョンのパッケージなので、一度は現場で買われることをお勧めする。停車前にあらかじめ千円札を忘れずに持っておこう。余談だが、この区間は確実に719系(それもワンマン非改造のものが多い)であるので、旅行記録に役立てられたい。ただし、フェイントで休む日と時間帯もあるので注意しよう。

しかし、2007年7月1日、JR東日本は、磐越西線で、455系のすべてを撤退させ、719系に全車をゲリラ的にこの電車に置き換えようとした。ところが、今までは3両か6両が基本だった磐越西線にとって事実上の大幅な減車であり、中には、3両から2両に減らされたものも多くいる。座席も455系のそれと比べると、ドアの数も多くなっており、座席も減っている。しかもそれが455系のそれと比べて明らかに見劣りするものであったため、積み残しも発生させた日には、毎度のように郡山駅会津若松駅に苦情が来るようになったという経緯も併せ持っている。結果的に、485系6両を平日臨時扱いであった「会い辛イナー」3・4号を定期化させるということで地元とJRの間での示談が成立したとか。

719系の今後[編集]

1992年つばさ開業と同時に新造された5000番台は別として、実は0番台は、廃車部品を惜しげもなく使っており、見かけにおいてのみ新車なので、現在は全滅まで秒読み段階にある。東北版走ルンです2の台頭で淘汰が続いているが、この719系は新車(E721系)と比較して、地元民にとっても鉄分過剰な人にとっても、座席が従来通り柔らかいことを除けばあまり特筆すべき点があるとは言いづらいため、案外注目されずに個体を減らしている。そのため42本が5本にまで減っている事にさえ誰も気がつかなかった。さすがに懲りたのか、オールC寝台からなる701系ではなく、ハイスペックなクロス主体のE721系で置き換えているが、この場合120キロも出せる区間はそれほど多くはなく、特に線形があまり良くない仙山線磐越西線では、オーバースペックであるとも言えなくもないので、どうなるかはその動向が注目されるところであった。結局やる気がないのか110キロしか出していない。

これによって0番台は郡山で処刑され、三途の川を渡っているが、一部は飽きた秋田へ飛ばされた。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「JR東日本719系電車」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)