JR東日本E721系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「JR東日本E721系電車」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

JR東日本E721系電車(じぇいあーるひがしにほん-けいでんしゃ)とは、JR東日本が仙台地区の鉄道利用率向上のために、宮城県を中心に活躍している電車の一種である。別名、「東北の走ルンです」。

尚、仙台空港鉄道とか、青い森鉄道にもこの電車の家族が存在するので、ここではJR東日本の車両の方をE721系と記す

概要[編集]

表向きは、仙台空港アクセス線の開業を祝うために2007年に産まれた。だが、実際は元祖東北の走ルンですこと、701系の登場によりこの地区の電車の評判が悪くなり、これまで電車を使っていた利用者がさらに自家用車や、高速バスに流れたので名誉挽回のため産まれた電車でもあるのだ。

さらに、これまでこの地区で標準だったドア付近のステップは無くなったので、バリアフリーに完全対応。この点に関してはとても好評であるようだ。

ただし、ボックス席はあるが車内は関東地区で言う中電(E231系E531系)と何ら変わりないので、過度な期待はしないこと。

走行区間[編集]

問題点[編集]

  • 客車時代に問題となった、マナーの悪い利用者がまた増えるのではないかとぴーなどが警戒しているらしい。
  • この電車が産まれたことにより、磐越西線719系の一部が転勤となった。しかし、転入届を出した直後は「以前の車両と比べて、座席が少なくなった」などの苦情が殺到したらしい。
  • 東北の多くの路線では701系しか来ないため、南東北(特に宮城県)との乗車効率格差が拡大するのではないかと不安の声もあるらしい。

その他[編集]

  • この電車は、設計上701系やスーパーひたちどころか、気動車をくっ付けて走ることもできるという設定。しかし、E721系はキハ40系とはくっ付きたくないようだ。
  • また、ドア操作は利用者が行う。都会人の方は気を付けましょう(もっとも東京都内であっても青梅線・八高線・相模線・五日市線・中央本線は半自動ドアなので意外と使い方を知っているようだ)。分からないと電車が行ってしまったり、発車して他の駅に連れて行かれることも…
  • 走ルンですというくらいだから重量も軽いと思われているが実は719系比べても重く、坂道の多い仙山線によく見ることができるらしい。
  • 常磐線で果敢にも津波に挑んだ編成が2編成あるが、あっけなく流され三途の川を渡ったとか。

関連項目[編集]