JR西日本321系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR西日本321系電車」の項目を執筆しています。

JR西日本321系電車(じぇいあーるにしにほん-けいでんしゃ)は、JR西日本の直流通勤形電車である。2005年度に新製された。エクストリームスポーツ開催車両であり、207系同様レールガンとしても知られている。東海道本線山陽本線を走っていた201系205系の追い出しと207系の喪服色変更の運用離脱で、予定より1年早く新造された。製造費は、JR東日本走ルンですシリーズよりも安く仕上げている。

概要[編集]

2005年に207系エクストリームスポーツの開催によって、編成数の減少、また国鉄時代の古い車両を当該路線から引退させるために、2006年から新造予定のD207系こと321系の製造が決定した。当初の計画では、すべての車両にモーターを載せて、重心を下げようとしていたが、どうせ作るなら安く作りたいという意向で、中間の1両においてはモーターを載せていない。207系とは異なり、編成の7両は固定であり、中間の運転台からの速度計を眺められないという声が寄せられている。また、運転士からはクセがとても強い車両だとして嫌われている。

開催しているエクストリームスポーツ[編集]

207系と同様に多くのエクストリームスポーツを開催している。共通するものは、207系を参考にすると良いだろう。ここでは、321系独自に開催されているものを列記する。

床剥がし[編集]

321系の導入当初、走ルンですを意識して、徹底的なコストカットにより、貧弱な床が使われた。そのため、ただ乗降を繰り返すうちに床がはげて浮いてくるという現象が起こった。これをいかに早く行うかという競技である。もちろん足のみの使用でいち早く床が劣化したものが勝ちである。この競技を行う時に、周囲の人間に迷惑をかけるとすぐさま反則負けとなるので、注意が必要である。現在は改修工事によって、床材が変更となっているため、難度が急上昇中である。

エクストリーム席詰め[編集]

321系の座席は、以前走っていた国鉄車両や207系の座席と異なり、1人少ない6人掛けとなっている。この6人掛けの座席を限界まで詰めることによって何人が座れるかを競うものである。国鉄車両に馴染みの深い人間は、なぜかいつも狭いと感じながらも7人掛けにして座ることが多い。攻略として、阪急の3ドア11人掛けを目指すことがまず目標である。誰かの膝に座ったり、尻が浮いているなどは減点対象となる。

エクストリームモーター音[編集]

321系のうち6両は、モーターが片方にしかついていないため、モーター音が半分しか聞こえてこないのである。この競技では、いかに自らの口でモーターのない片方の台車のモーター音を奏でるかを競うものである。321系で導入された4社のVVVFは、どれも独特で走りだすまでどこの会社製かわからない上に再現が難しいため、多くの人間が脱落している。奇異の目で見られていると思ったら、モーターが付いてない車両だったということも多いので、乗車前に車両の形式を確認することが必須である。

エクストリーム塩採取[編集]

321系の座席は速乾性に優れ、人間の汗をとてもよく吸収する素材でできている。ベタつかずとてもお肌に優しい仕組みとなっている。乾いた座席からは大量の塩が採取することができ、特に女子高生が座った後にできた塩は一部のマニアにとても高く売れるとのこと。しかしオバちゃんの塩分が混入してしまうことも多々あり、純粋な成分を抽出するにはとても高度な技術が必要とされる。なお、競合する路線の社員も買いに来ることがあるため、度々「敵に塩を送る」と揶揄されることもある。

レールガンとしての321系[編集]

この車両はステンレス鋼でできているが、レールガンとしての威力も高い。加速等の性能は、207系より大幅に引き上げられたが、その分重量が増している。重心も低いため、同じように321系がマンションに特攻するには、207系よりも速度が必要と思われる。歯車比は、後継の225系と同じ高速向けとなっており、ブレーキさえ改良すれば、新快速としての使用も可能である。

岡山・広島・奈良・日根野からのラブコールも強いが、321系は生産終了の上、7両固定ということで改造されない限り、田舎に出向くことはないと思われる。

207系レールガンとの見分け方[編集]

もっぱら目の悪い人には見分けがつかないと言われている。目を凝らすと、321系はシルバーにつや消しがしてあり、207系は単に薄汚いシルバーの地がむき出しになっている。若干、321系の行き先表示が大きくなっているのがわかる。先頭を見ればわかると言われるかもしれないが、321系のブラックファイスはあまりの黒さに、駅進入時には暗黒が迫ってくるように見える。

種別幕のラインカラー[編集]

221系以降から装備した、ラインカラー入り方向幕は本形式にも採用した。 なお、ラインカラーはピンク・ブルー・イエロー・グリーンなどが存在する。しかし、路線記号導入により学研都市線がピンク色になってしまい、グリーン幕は消滅した。 直通快速幕を装備している。

関連項目[編集]