KSC

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

KSC(けーえすしー)とは、山梨県甲斐市にある非合法銃器メーカーである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「KSC」の項目を執筆しています。

概要[編集]

日本の銃器メーカーの中でも大きな部類に入るのだが、現在特例から除外され一般人への製品販売が禁止されている。元はMGCという名の一般向け銃器メーカーだったが、色々あって現在の名前になった。その当時は東京マルイと同じく特例により一般人への銃器の販売が認められていた。

同社の銃器の特徴として、非常に精巧にできており、海外で出回っている銃器に良く似ている点が挙げられる。その精巧さは、裸眼視力1500のヒトですら海外版と同社の製品を区別することができないほどである。が、この特徴のため、しょっちゅう警察官が一般人の所持が禁止されている海外版と間違えてしまい、誤認の銃刀法違反による逮捕件数が急上昇してしまった。さらに、この精巧さのため、海外版と偽って販売する詐欺行為に及ぶ者が続出した。また、現役の陸上自衛官、SITSATの隊員など、銃器を本格的に扱う職種の人間が制式配備されている銃器と間違えて携帯してしまうというミスが多発(一見何の問題も無いように思えるが、同社の銃器は他メーカーの銃器に比べ壊れやすいという特徴があり、訓練や実戦には不向きであるため大問題である)。このように同社の製造した銃器は数多くの問題を起こしており、国も改善勧告を行ったが、同社はこれを無視。そのため、日本における一般人への銃器販売特例メーカーの指定から外されるという制裁措置を受けてしまった。これを受け、同社は精巧すぎる製品の方向性を変えることを表明、一部の銃器の品質を改善勧告に沿ったものへと変えつつある。

壊れやすいという特徴の原因は、自慢のCNC工作機械をとにかく使用したい一心であらゆる部品を削ってしまい、切削加工に素材が耐え切れないという事にある。何はともあれ削らずにはいられないという姿勢に拍手を送る者は多く、特に切削部分の増える在庫調整用限定品は常に評価が高い。また、その姿勢に中国を中心としたコピーパーツ製造者が追従できず、カスタムパーツが極端に少ない事も特筆すべき点である。

方向性を転換した銃器[編集]

  • グロック17、18C、23、26など
海外版のグロックにはフレームに「Glock」のロゴが入っているが、同社はそれと区別するためフレームにはロゴを入れていない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

同社の今後[編集]

同社は特例メーカーに復帰すべく、あえて精巧さを落とした銃器を製造する方向へ向かっており、国も同社のこの姿勢を受け、再度特例メーカー指定与えるべく調整が進められている。が、その精巧さを落とすことに多くのヤクザ軍事オタクから強い反発を受けており、同社には9mmパラベラム弾が入った脅迫状が送られてきたという。現在、このような問題に直面した同社の経営陣は頭を悩ませている。

この項目「KSC」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)