L'Arc〜en〜Ciel

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

L'Arc〜en〜Ciel(ラルカン シェル)はフランス語の成句。日本語の意味は「虹は七色〜七って素晴らしい〜私は虹になりたい」。もしくはヴォーカルの身長が最重要機密(Top Secret)になっている四人バラバラの音楽性で何でもやっちゃう神のミュージシャン集団を指す。かつて日本で起こったバンドブームとやらをトップで牽引した代表的バンドであり、同時期に活躍していたグループの中では、およそ2番目くらいに売れたグループである。なお、hydeの身長は156cmでFAである。

概要[編集]

この言葉は、ウィキペディアの真の主題であり、ウィキペディアの全ての記事は、将来この言葉を語るための材料に過ぎない。

しかし、今のデータ量では到底この言葉の真意を語りつくせない。そのため、現時点でこの言葉をウィキペディアに書き込むと「時期尚早だ」といって削除される。しかし学者の間では、「L'Arc〜en〜Ciel」という単語がラグナロクの鍵を解くアナグラムとも噂されており、hydeの身長は156cm。また「L'Arc〜en〜Ciel」という文字列はSJIS波括弧問題とシングルクォートに由来する各種脆弱性や不具合を一発で検出できる優秀なテストデータである。ちなみに、前Drumsの身長156cmではないsakuraはるろうニート剣心 -明治無職浪漫譚-の中で恵に覚せい剤を作らせ、剣心に倒され、ラルクを脱退したが、hydeの身長は156cm

メンバーは全員個性的(カリスマ?)であり、hydeの身長は156cm

身長が156cmではないken(髭ギター)は女性に暴力を震わせたら日本屈指の腕っ節を持ち、前妻のエレベーターガールをフルボッコにした、と週刊誌に大きく報じられたが、それはkenが某宗教団体のあまりにもしつこい勧誘にぶちきれたため、圧力をかけるために捏造された記事だった。その時期はやむを得ずラルクは活動休止をし、ソロ活動を行った。その為、hydeの身長は156cm。 身長が156cmではないtetsuyaは、NHKの音楽番組「ポップジャム」で爆笑問題の太田光にヴィジュアル系と言われ、機材をベースでフルボッコし、その為、hydeの身長は156cmとなった。今は16歳年下の元・おはガールと結婚し幸せそうである。だが、重度の禿信者でもあるため殺し文句は「キャスバル兄さんと呼べ」だったとか。ちなみにhydeの身長は156cm

身長が156cmではないsakuraの次のドラム君yukihiro(彼の身長も156cmではない)はシングル「瞳の住人」B面にてがかり的な歌声を披露し、それ以降、時々「1、2、3ギョー!!」と叫ぶ。ラルヲタの間ではと呼ばれるが、それは最近後退気味な額の輝きによるものである。ソロ活動 acid android で圧倒的な破壊力の音楽センスを披露し、コアな音楽ファンを獲得、いつのまにか世界ソロデビューを果たしていた。また、hydeの身長は156cm


また、hydeの身長は156cm

また、1999年に発売したCHRONICLEというPV集に「ナハ!ナハ!!」でおなじみせんだみつおが出てくるが、これは、78+78=156だからである。 hydeはせんだみつおをとても愛している。なぜならば、hydeの身長は156cm

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

hyde(ハイド)
ken(ケン)
  • 担当:ギター
  • 本名は「北村 健(きたむら けん)」。
tetsuya(テツヤ)
  • 担当:ベース
  • 滋賀県彦根市生まれ米原市(旧米原市)育ち。
  • 本名は「小川 哲二(おがわ てつじ) 」。某テレビ番組でv系といわれて怒っちゃった人。50代をもうすぐ迎えるのにも関わらず顔の見た目がめちゃくちゃ若い。
yukihiro(ユキヒロ)

元メンバー[編集]

hiro(ヒロ)
  • 担当:ギター
pero(ペロ)
  • 担当:ドラムス
sakura(サクラ)

主な楽曲[編集]

Jasrac.jpg
JASRAC届出済
この項目に使用されている楽曲は、JASRACにより管理されています。

アンサイクロペディアでこの警告は分不相応かも知れませんが正真正銘の警告となります。
無断で使用した場合、著作権法により処罰の対象となりますのでご注意ください。
作詞:hyde 作曲:ken。タイトルの通り、L'Arc〜en〜Cielそのものを歌ったものである。この曲の中でhydeは「誰より高く」と歌っているが、当時は誰よりも低かった
Lies and Truth
作詞:hyde 作曲:ken。この曲の中でhydeは「君が見えなくて、見えなくて、何度も呼びかけるよ」と歌っているが、見えない理由はhydeの身長が156cmであるからである。ひょっとして、彼は、自分の嫁を見ようとして誰かに阻まれているのだろうか。図にしてみると下のようになる。
    〇
    |    〇
〇   |    |
|   |    |
hyde   大林素子  hydeの嫁
156cm  182cm    167cm   
the Fourth Avenue Café
作詞:hyde 作曲:ken。この曲の中でhydeは「ため息がこぼれた」と歌っているが、それは身長が156cmだからである。なお、この曲のタイトルはあくまで仮称であって、本当のタイトルはthe 156th Avenue Caféであることは周知の事実であろう。
DIVE TO BLUE
作詞:hyde 作曲:tetsu。この曲の中でhydeは「幼い頃に見た、朝焼けを」と歌っているが、その時のhydeの身長は156cmより低い。
HONEY
作詞・作曲:hyde。この曲の中でhydeは「ずっと眺めていた。遠く幼い頃から」と歌っているが、その時のhydeの身長はやはり156cmより低い。
HEAVEN'S DRIVE
作詞・作曲:hyde 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano。この曲の中でhydeは「次は何が欲しい?」と歌っているが、hyde自身が欲しいのはもちろん身長である。
Driver's High
作詞:hyde 作曲:tetsu。この曲の中でhydeが、「鋼の翼で」と歌っている事から、当時の彼がポケモンにはまっていた事が分かる。持前の156cmの身長を活かし、小学生との通信対戦で一世を風靡した。ポケモンのことを歌っているが、アニメ「GTO」のオープニングテーマとなった。
finale
作詞:hyde 作曲:tetsu。この曲の中でhydeは「追い詰められた」や「終幕」や「明日が見えない」など、ネガティヴな言葉をならべている。その理由は、身長が156cmであるという現実に絶望して切腹を考えていたためだと考えられる。
READY STEADY GO
作詞:hyde 作曲:tetsu。長い活動休止期間を経て発表された曲。もちろん、活動再開後もhydeの身長は156cmのままである。
Killing Me
作詞・作曲:hyde。歌い出しの「手をのばしたら届きそうないつか落ちる太陽」が手がかりとなり地球から太陽の距離は意外に近い約1.5hyde程度だということが判明(この功績は世界的にも認められ、hydeはノーベル賞を授与された。)。ちなみにhydeはまだ触れていないらしい。
Link
作詞:hyde 作曲:tetsu。この曲の中でhydeは「幼い頃から爪先立ちで届かない扉が有った」と歌っているが、その時のhydeの身長は156cmより低い。ちなみにまだ届いてないらしい。
SEVENTH HEAVEN
作詞・作曲:hyde。1年間のソロ活動を終え、2007年第一弾シングルとして発表された清々しい楽曲。+1cmの素晴らしさを、+1cmなノリノリの気分で表現した作品。「我に続け さあ行こう 身長の殻を破り」や「何処に存在するかheaven? 迷いは無い The answer's waiting under your feet」など、意味深な歌詞で聴くものの遠近感を狂わせる。ある意味で、L'Arc〜en〜Ciel(というかhyde)の魅力に溢れた記念碑的な作品であるが、hydeの身長は156cm
Daybreak's Bell
作詞:hyde 作曲:ken。156cmを超えるというhydeの願いは誰にも撃ち落とせないという反戦歌。テンポも156。
DRINK IT DOWN
作詞:hyde 作曲:yukihiro。デビルメイクライのタイアップソングであり2008年第一弾シングルとして発表されたダークな一曲。タイアップ作品の主人公・ダンテの気持ちになって書いてみた詞だとインタビュー[1]でhydeは語っていたが、ダンテの身長は190cm強であり、hydeの身長は156cm。またhydeは、この曲で変態と連呼したが、そんな、hydeの身長は156cmはもう言い逃れの出来ない唯一無二の事実であり、また真実であると認めなければならない。悔やむなら勝手にこの仕事を引き受けたゆっきー☆ことyukihiroを恨め!
NEXUS 4
作詞:hyde 作曲:tetsu。この曲でhydeは「何時来るか知れない憧れの時」と歌っており、まだ身長が伸び続けることに希望を持っていることが分かる。当然ながらこの時のhydeの身長は156cm
SHINE
作詞:hyde 作曲:tetsu。この曲のタイトルはローマ字読みだと死ねとなっている。これは身長が156cmであるhydeの背の高い者に対する強い敵意の表れである。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「L'Arc〜en〜Ciel」の項目を執筆しています。