MUFGカード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

MUFGカードとは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカードである。別名「鹿せんべいカード」。

概要[編集]

かつて、日本のカード会社といえば、三井住友VISAカードアメリカン・エキスプレス等が有名であったが、2008年7月に突如として参戦した。

ちなみに三菱UFJ銀行が発行しているちょっとだけどえらいカードとは、名前がクリソツであるが、実際は別カードなので、ステイタスは全くないと言っていいが、勘違い狙いユーザーには好評である。

ゴールドカード(実際には偽ゴールドカード)が年会費2000円から持てるというのがウリとなっており、他社ゴールドカードユーザーから敵視されている。またセゾンカードよりも後から現れたにも関わらず、セゾンカード同様、アメリカン・エキスプレス提携カードを用意しており、また一般的なセゾンのアメリカン・エキスプレスよりも安い年会費で偽ゴールドカードのアメリカン・エキスプレス提携カードを持てることから、セゾンカードユーザーをも敵にまわしている。

クレジットカード[編集]

国際ブランドとしてVISA、JCB、MasterCard、American Expressを用意している。

イニシャル[編集]

18歳から29歳限定のカードである。年会費税込1312円(学生は在学中無料)。30歳以上はゴールドへと自動的に更新される。30歳にもなって一般カードはないよねぇというほんのささいな親切心と、30歳にもなれば安定した収入ぐらいあるだろうという思い込みから、このようなサービスが行われている。

ゴールド[編集]

通称「偽ゴールド」。年会費2000円で持てるというのがウリであるが、当然ラウンジサービス等々は使えず、ヤングゴールドと似た扱いである。提携アメリカン・エキスプレスすら2000円で持てることから、アメリカン・エキスプレスにステイタスを感じているセゾンユーザーに恨まれている。しかし、そういったユーザーの多くは貧困層であり、永久不滅ポイントでなければ、ポイントを失効してしまい損なので、なかなか切り替えられないでいる。

2014年度から海外旅行のみ、関西空港、羽田空港、千歳空港のラウンジが使えるようになりました。日本国内の旅行においてはラウンジ使用はできない。

ゴールドプレステージ[編集]

通常のゴールドカード。年会費は10500円。インターネットでアダルトサイトの課金サービスも利用できるし、悪用されたときには保障を受けることもできる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MUFGカード」の項目を執筆しています。