MeToo

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「#MeToo」だと思うんだけど、この記事に付けられてしまった題名は記事名の制約から不正確なものとなっている可能性が高い可能性が低いです。
「もうほっといてください。」
MeToo について、被害者
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「#Metoo」の項目を執筆しています。

#Metoo(私も)とは、インターネット上の体験談投稿雑誌である。もともとはセクハラを問題視する意図でハリウッドで創刊された雑誌だが、セクハラという言葉の定義の曖昧さ、この手の投稿雑誌にありがちな話の誇張や、冤罪をも厭わないとの批判もある上、最近では編集者の対立などで編集方針が先鋭化しすぎた為か、一部では鋭いご意見番の批判を浴びるようになった。

概要[編集]

もともとこの雑誌は、ハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ疑惑を受け、女優のアリッサ・ミラノTwitter上で創刊、宣伝をしたとされる。創刊後、雑誌 #Metooの出版社宛に大量のメール、手紙が届き、最初はウィキリークスのような告発サイト、雑誌となり得るか、と株主からも期待されていた。 #Metooは繁盛し、多くの人々がSNS上で当該雑誌のハッシュタグ『#Metoo』を付けて投稿した。だが……。

日本版[編集]

とあるフリーライターがこの雑誌の存在を嗅ぎつけ、遂に日本版 #Metooが創刊されることになった。 日本での方針も、メールや手紙で意見を寄せ、それを雑誌に載せる形であるという。 創刊号はセクハラに苦しんでいる(但し、たまに攻撃魔法の使い手もいる)多くの人々に受け、初版で3万部売れる程の人気であった。

先鋭化[編集]

やがて、一部の編集者の暴走、編集方針の対立により #Metooは先鋭化し、批判を浴びるようになった。 インターネット発祥の雑誌という点もあるからか、編集者による事実確認が為されぬままに告発されるというのが雑誌の実情であった。 しかし、雑誌 #Metooは支持者からも批判が出ている事を鑑み、編集方針を見直す向きもあるという。

関連項目[編集]