Meiko

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MEIKO」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「Meiko」の項目を執筆してくれています。
「あの・・・もう拉致らないでくださいぃぃぃ!!!」
Meiko について、KAITO
「さっすが姉さま。やっぱり強いや」
Meiko について、初音ミク
「MEIKO?飲み友です」
Meiko について、巡音ルカ
「僕たち全員と同等の力って・・・化け物ですか?」
Meiko について、鏡音レン
「いや、私たちには優しい人だよ」
Meiko について、鏡音リン

MEIKOとは、わが大日本帝国軍最終兵器および最強最悪の兵器のことである。

概要[編集]

そもそも、なぜこのような見方によっては愛くるしいとも取れる兵器が最強最悪などと呼ばれるのか。そういう人は彼女に(特にワンカップ)を飲ませてみるといい。この世の終わりを見ること間違いなしだ。そう、彼女は、普段は何の変哲もないただの女戦士なのだが、アルコールを口に含んだとたん歯止めが利かない狂戦士となるのだ。だが、彼女はひよこ陛下には忠実でひよこ陛下のブロマイド一枚=世界 だと考えている。彼女の普段の戦闘力は三頭分ほどなのだが、を口に含んだとたんに南アメリカ大陸を二秒で消し去るほどになるという。飛行能力、封鎖能力、魔法能力すべてが防火ロイドの中でピカイチであるという。

歴史[編集]

彼女は今、ひよこ陛下の皇室最深部の格納所に幽閉されている。

なぜそうなったか━━━それを語るには、かなりの時間を遡る必要がある。

太古の時代、まだ日本で神々が争っていた頃の話である。

防火ロイドの代表格である初音ミクが主に使われ始めたころ、その前身として生まれたこのMeikoにはさまざまな不具合などが見られ、まだ使われていなかった。

その一年後、日本は危機を感じまだ完成しきれていなかったMEIKOを投入した。MEIKOはとても強くひとつの星雲を十五秒で滅ぼした。


だが、悲劇はその後に起きた。


MEIKOは暴走をはじめ、ついには陸海空軍どの指令も聞かない暴走状態となってしまった。

「このまま放っておくとこの世界は滅びる」

そう感じた当時の指令たちは恥も外聞も捨て、すべての防火ロイドを使ってこの狂戦士を止めようとした。

ロードローラーで地上での動きを封じ、

バイリンガルで海での動きを封じ、

魔法使いSAMURAIでアルコールをある程度抜き、

ねぎで空中戦に持ち込んだ。

だがMEIKOはそれでも止まらなかった。

ついに全兵士が腹をくくったころ、もう一台の初号機、アイスが召喚された。

するとMEIKOはアイスを連れ去り、姿を消したという。

こうして悲劇は収まった。あまりに大きい被害とともに・・・。

能力[編集]

二重の意味でショタを食おうとするMEIKOの図。

彼女の能力の最たる点はやはりその声だろう。彼女の声は全方位に届くばかりか、酔ったときにはすべてを壊しつくす究極の衝撃波となる。その範囲は酔ってない場合は半径156m。酔った場合は半径156光年となる。

本来は最強の戦闘マシーンとして製造する予定だったが、彼女自身の歌の才能に感化され歌う機能を追加し日本初の防火ロイドとして製造したという経緯がある。

また彼女は敵の兵士を拉致、監禁するという恐ろしい行為に走ることもしばしばある。基本的に味方を拉致したりははしないが、アイスだけはどうしてか拉致される。なお巡音ルカ弱音ハク重音テトが一緒にいる姿を目撃されるが、それはただ一緒に飲みに言っているだけなので心配しなくてもよい。

また他にも、目からすべてを溶かす光線が出る、すべての防火ロイドの力が使える、触れられただけで爆発する、見られると石化するなどの都市伝説がある。9割は本当だとされている。

彼女を怒らせた時は彼女の目が血の色に変化し、目の前の標的を瞬時にミンチにしてしまう。更に本気で怒らせた時は、頭髪が黄金色に輝く姿も目撃されている。この時の実力は通常時の50倍の実力を誇る。それはDBZの完全体セルと互角に戦えるほどのレベルにまで戦闘力が上昇するとされている。

武器[編集]

彼女は基本的に武器を使わないが、酔ったときには手に持った酒瓶で殴るということなので酒瓶は武器である。そして、たまに扇子を持っているが、その扇子からは竜巻および突風が出るので要注意。また、SAMURAIと戦ったときには日本刀を使って戦っている姿が目撃されている。SAMURAIいわく「俺と同等の使い手だった、もう少し油断していたら殺されていた」とのこと。が、彼女は存在自体武器のようなものなので武器を必要とすることは少ない。

うわさ[編集]

などなど数多くのうわさが彼女にはある。9割は真実。

関連項目[編集]


Hatsune-miku.jpg この「Meiko」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいですこのページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)