MicrosoftCowManager

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

MicrosoftCowManager(マイクロソフト・カウ・マネージャ)とは、MicrosoftWindows Vista以降に標準で搭載されている、君は牛を二頭持っているのシステムを利用した牛を管理するソフトである。略称MCM。

牛をダウンロードすることで快適な動作が得られる

価格[編集]

  • 100頭:2000円
  • 1000頭超:2000000円

ただし、Vistaには100頭まで対応分がバンドルされている。

CowCountシステム[編集]

このソフトには「CowCount」という新しい牛を通知する機能がある。 「CowCount」はアンサイクロペディアにも搭載されている。 搭載されているものは以下のようなものである。(CowCount1.3 for Web)

新しい牛二頭が届いています。

しかし、このシステムでは新しい牛を1251頭までしかカウントできない(1251頭問題)ため、次世代のサーバーに不適とされていた。そこを改良したものが「CowCount2.2」である。2.2にすることで最大732498108021頭の新しい牛をカウントすることが出来る。 ちなみに、このページのようなCowCount for WebはAjax/JavaScript上で動作しているため、デスクトップ版よりもかなり動作が鈍い。 PHPでCowCountを実装したオープンソースのプロジェクト「CowCountPHP」も存在するが、1251頭問題に対応していないという問題点が未だ残っている。

MCM牛管理システム[編集]

このソフトはMCM牛管理システムを搭載している。基本的には前述の通り、君は牛を二頭持っているシステムを利用する。 旧来のコマンドプロンプトを利用したものと比べ、インターフェースが一新され、利用しやすくなった。 しかし、牛が突如消えてしまうトラブルが起きている。指摘に対してMicrosoftは仕様ですとの一点張りである。

動作必須条件[編集]

2000では牛管理システムが支障を来すため、利用が出来ない状況となっている。
  • メモリ:牛1.8頭以上を管理できるメモリ(約527MB)以上
  • 最低必要牛数:1.4頭
  • モニタ:牛2頭を描写できるモニタ

コントロール[編集]

主に、「情報画面」と「ダウンロード画面」に分けられる。

MCMの管理画面

情報画面では牛の情報を表示・設定することが出来る。設定画面では売却することも可能である。

MCMの牛ダウンロード画面

また、ダウンロード画面で牛をダウンロードするにはインターネット環境が必要になる。

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
MicrosoftCowManagerの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)